Archive for エッセイ

私が嫌いな男になった、小泉純一郎

小泉純一郎氏は、皆様ご存知のように、元総理大臣、選挙の地元は、神奈川県横須賀市。私は神奈川県生まれの神奈川育ちで、戦後は横須賀の市立小学校、中学校卒業まで9年間過ごした所です。だから小泉純一郎と言う名前には愛着がある。彼は総理になる前から「郵政民営化」を主張していた。私も郵政民営化に賛成だったから、小泉純一郎氏は、自民党議員の中でも好きな方だった。それが突然彼に嫌気がさしたのだ。その理由は彼の離婚後の元妻にたいする態度だ。結婚生活4年間で彼の元妻、宮本佳代子氏と離婚しています。離婚後小泉元夫妻は、両方とも離婚の理由などについては一切語っていませんが、宮本佳代子さんは、女性誌「いきいき」、平成28年3月号で6頁にわたって、今回はじめて彼女の離婚後の生活ぶりを語っています。女性誌「いきいき」は書店では買えない直販制の雑誌です。たまたま偶然私は、ネットでそのインタビュー記事の解説を読んだ。
宮本佳代子さんは、エスエス製薬の元会長泰道照山の孫として鎌倉で生まれ、高校生の時、関東女子ゴルフ選手権に優勝、青山学院大学に入学。小泉36歳、宮本は大学4年生の21歳のとき見合い、すぐに小泉は彼女にプロポーズして結婚した。二人の年の差15歳。彼女は長男、孝太郎、次男、進次郎を次々出産、三男を妊娠中に離婚決定。彼女は小泉家を去った。離婚後、小泉の姉が二人息子の面倒を見、二人の子供には絶対に母親に会わせなかった。妊娠中だった三男(宮本佳長)が子供の頃小泉に会いたがったが小泉は絶対に会いたがらなかった。家族五人が再会したのは離婚後30年経っていた。
これを知った私は、小泉はいくら政治家といえ、非常に冷たい非情な男として突然きらいだしていた。なぜなら私も離婚したし子供の気持ちがわかるからだ。

私が離婚したのは結婚15年後だった。長女が中一か中二、次女が小5か小6、長男が小2か小3の頃.結婚5年間は順調そのものだった。二人には目的があったがあったからだ。長女が5歳なるまでできるだけではなく、徹底してたくさんの現金をつくることだった。私の給料のはるか下で生活し、社会から徹底して孤立した生活をし、五年間という条件つきで、身内との付き合いもたった。住居も6畳一間で、風呂もテレビもなし、親子4人まで過ごした。独身の時から株をやっていたから、もっとお金をためて株でもうけてマンションを買ってやろうと思っていた。5年経つと三人目ができて6畳一間では狭すぎると借家に引っ越した。その後すぐに横浜の磯子にマンションを買った。その頃からだった夫婦仲がうまくいかなくなったのは。理由は生活にかなりゆとりがではじめたからだ。
私はアメリカの会社に務め週休五日制という制度をおう歌していた。毎週土曜他の会社でアルバイトをしていた。当時加山雄三の父親が関係している茅ヶ崎パシフイックホテルは、プールで水泳教室をやっていた。ある時知人が水泳をある程度できる生徒たちを教えることが出来る先生は、くさるほどいるが、まだ泳げるどころか水を恐がる子供を教える、しかも女性の先生がなかなかいないと言うのだ。
その話を元妻に話すと、「私が教えるわよ」。私も彼女の水泳のうまさを知っていたから、知人に紹介した。これで彼女は成功した。もともと彼女の社交術に右に出るものはいない。それに美人だ。まだ40代初めだ、昔の面影はある。プールの中でびしびし教えるが、プールの外に出ればにこやかな笑みを浮かべてお母さまがたと話をする。すぐに人気者の先生になって生徒がぐっと増えた。彼女は、パシフイックホテルの他にアルバイトをし始め、公営プールを使って教え始めたのだ。その公営プールでの営業も上手くいって、当時は「私の仕事着は水着だから」といって、押入れをあければ水着20着ぐらいが横にならんでいた。経済的にゆとりが出過ぎっちゃったのだ。経済的にゆとりのでたお金を、元妻は全部子供の教育のために使った。子供達全員にアイススケート、ピアノを習わせ、水泳は他の生徒たちと一緒に自分の子供にも教え、学業はまだ小さいから自分で教えられると言って教えだした。その教え方もスパルタ教育で、凄まじい。手を挙げることもあるなんて生易しいものでない。私は結婚前には見ることもなかった、彼女の非情,意地悪さを見たし、私との教育観の違いの大きさを悟った。私は中学校卒業までは公立学校でいい、高校から各自の実力でどこかに入れるだろうと考えていた。しかし元妻は違った。できるなら幼稚園から名門校にいれて育てたかったのだ。二人の教育観の差はあまりにも大きかった。二人の喧嘩も多くなった。ある時の喧嘩で、私が許すことができない言葉を聞いた。「たかが高卒のサラリーマンのくせに、偉そうな事言わないでよ」と大声で怒鳴った。瞬間、私はこの女房はダメだ。離婚を決意した。元妻は夫婦喧嘩しても絶対に謝らなかった。今回の発言でも取消もしなければ、謝りもしなかった。横浜の家庭裁判所で協議離婚した。私が買ったマンションを彼女にあげ、三人の子供の親権も彼女に渡し、私はいつでも子供達に会える権利を得、私の毎月の仕送りを決め、私は6畳一間のアパートを借りた。丁度離婚した頃、元妻の公営プールの水泳ビジネスの陰りが出ていた。多くの水泳上手な人が公営プールを利用し、ビジネスや練習用に使い出した。多くの一般利用者から文句がでたのだ。もうプールで生徒数を増やすどころかプールで教えることがむずかしくなった。離婚後1,2年経つか経たない内に、元妻は男の子つれの男と再婚し、私が彼女に与えたマンションに三人のこどもたちと一緒に暮らし始めていた。私はその話を子供達から聞いた。私は元妻が他人の生んだ子を自分の子のように育てられるわけがないことを知っていたが、子供には黙っていた。だからといって新しいお父さんとは仲良く暮らせなどとても言えるものではなかった。ただ連れ子にはお前たちと同じ環境だから仲良くしてやれと言うのが精一杯だった。三人の子供達が高校生になるまでは私と一緒によく会ったものだ。一番よく利用したのは横浜球場だった。私は阪神タイガースファン。そのため三人ともタイガースファンになっていた。横浜阪神戦をよく見にいったものだ。いつだったか何十年ぶりで阪神が優勝した。私は約束したどおり、優勝後三人を連れて横浜超一流のニューグランドホテルのダイニングルームに連れてゆき、食べたいもの好きなだけたべさせた。ところが息子は、メニュウ―を見た後、「俺はスパゲティーでいい」と言いだした。理由を聞いてみるとメニューだけでは何が出てくるかわからいと言うのだ。まだ幼かったのだ。

ところで、小泉純一郎氏の元妻、宮本佳代子さんは、三男佳長を生んだ後、彼女は何をしていたのでしょうか?彼女は宅地建物取引主任の資格を持って三井不動産で30年間働いていたのだ。三男の佳長の結婚まじかに小泉元夫妻と男三人兄弟が30年間で初めて小泉行き付けのレストランで食事をし、2013年の結婚式には父親の小泉氏と二人の兄も参加したと宮本佳代子さんはインタビューで語っていた。父親の小泉は、自分の三男が同じ神奈川県のどこに住んでいるかも知っているのに、30年間ほど一度も三男に会おうともしなかった。いくら政治家でも小泉は非情すぎます。その三男が三兄弟の中で小泉氏の顔に一番良く似ているというのだから皮肉なものです。

実は私の元妻も子供の手がかからなくなったら働き出そうと新婚時代から宅地建物取引主任の勉強し。その資格を持っていたのだ。水泳教室が落ち目になるとこの資格を生かして中小企業の不動産会社で働きだした。いつの間にか私の元妻たちと一緒に暮らしていた子連れの旦那とは離婚していた。不動産ビジネスの時代と彼女の社交性が性に合ったのでしょう、彼女の生活の羽振りが良くなるには時間がかからなかった。不動産会社の社長と元妻との関係も仲良くなっていた。いつのまにか三人の子供もおおきくなり息子は高校生になっていた。ある時息子は言った。「俺、高卒になったら自衛隊に入って2、3年たったらフランスの外人部隊に入る」。息子は高卒後、母親と一緒に暮らしたくないのだろうと思って返事もせずに黙って聞いていた。本人が言っていたように高卒後、陸上自衛隊にはいり、自ら好んで北海道の自衛隊名寄基地に任務した。当時はソ連が健在で若しソ連軍が北海道に侵攻してきたら、名寄の基地が迎え撃つというので名寄の基地には最新鋭の兵器、設備を備えていた。自衛隊勤務しながら趣味としてトライアスロンを初めていた。トライアスロンの練習しすぎで腰をいためてしまい、走れなくなってしまった。その腰を治してくれたのが「整体」であった。そこで息子は「整体」に初めて興味を示し勉強もし、習いもした。自衛隊を辞めた時、名寄の基地から地元の藤沢まで全部ヒッチハイクで帰ってきた。ついに1992年地元藤沢で整体院、「健療施術院」を開業、その後川崎に支店、その後代々木上原、去年の一月から上野にも支店を設け、四施術院の従業員合計20人を雇っている。今では藤沢の昔からの高級住宅地として有名な鵠沼で瀟洒な三階建ての借家に住んでいるのだ。
私が離婚した時、子供もたちと離れてくらし、その時息子は、小学2,3年、父親としての役目を充分に果たすこともできず、ここまで育ってくれたことに感謝感激です。息子が結婚した嫁さんは素晴らしい内助の功を発揮してくれて、彼女にも感謝感激です。息子の結婚式の時、肉親の挨拶で、私は、「息子には自慢するものは何もないが、息子にはこれからは何が起ころうとも、音を上げることなど絶対にありません。世間でよくあるように仕事に挫折して自殺するとか、家庭を放棄するとか、などは絶対にありません。私は息子には何があっても生き抜くことを教え込んでありますから。」とスピーチしたことを覚えています。
息子よ、これからもその意気で過ごしてください。

コメント

人生とは、戦いである。



80歳を迎える私に、人生と何かと問われれば、文句なしに「人生とは戦いである」、それも強調して、「人生とは一にも二にも戦いである。」と力説します。私が生まれた年は、昭和13年、大東亜戦争で日本が敗戦で終結した時は、小学一年生だった。川崎にあった我が家は、空爆で焼失。親父は重病で働けず、我が家は極貧状態だった。大学にも行けず、高卒で社会に出た。以来人生は戦いそのものだった。現在は戦後70年も過ぎて日本も経済的に豊かになって何年も経つ。そのせいか、「人生は戦いである。」等という言葉をめったに聞くことがない。まるで日常語になっていないみたいです。私は三人の子供にも、しょっちゅう事あるごとに、「人生とは戦いだぞ」と言ってきた。現在三人の孫娘がいるが、一番上は今年二十歳だ。だから会う度に何かと「人生とは戦い」だと言っていることが多いい。
子供から大人になって社会人として過ごす間、すなわち長い人生の間にいくつかの試練がある。いじめ、自殺、過労死、お金、仕事など色々です。これらに関する事柄が世間の話題になったり、大事件になったりすると、テレビ、新聞、雑誌などで解決策などが語られることが多いい。
しかしその語られる解決策の中に、私が述べる、子供の時から、「人生とは戦いである。」、「人生とは、一にも二にも戦いである。」等と言って言い聞かせろ、などと言った人は誰もいません。本を読んでもそんなこと言ったり、書いたり人は誰もいませんでした。
皆さんにお聞きしたい。「人生とは戦いである。」とはそんなに野蛮な言葉ですか。この言葉を子供の時から、徹底して叩きこんでおけば、無意識のうちに自立心が生まれ、何かと言えば、他人に頼ろうとする心が生まれにくい。「戦い」と言えば、何も戦争やスポーツを意味するだけではありません。心にも戦う気持ちを持つことが大事なのです。
これから先、どんな悲劇的な事があろうとも、心には、「人生とは戦いである」としっかり根付かせておくことが一番大事なのです。

私は子供たちに自慢します、『親父は定年になっても、働き口を探しもせず、執筆生活をおくれるのも、「人生とは戦いである」を実践して懸命に働いてきたからだ。』
もっとも再就職を希望しても高給で雇ってくれるとこはどこもなかったが。私は離婚して三人の子供を女房に残して、15年間独身生活をおくった。しかしその間子供の生活費を毎月必ず送金していた。愛した女性と別れた時は、男の価値の見せ時だ。毎日子供たちと一緒に生活し、その子供が自殺してうろたえているような父親に聞く、「あなたは、男として迫力のある生活を送ってきましたか?」子供は父親の言動をよく見ているのだ。こどもだからと言ってあなどってはいけません。一生懸命になって働いて、必死になって努力している男の姿をみせつけるのだ。
私の意見では、娘がぐれるのは母親の責任、息子がぐれるのは父親の責任、両方ぐれるのは、両親の責任。だから子供は両親が育てるべきなのだ。一人親の責任は、それだけ大変大きいのだ。現在の日本人は、精神的に物凄くひ弱になっています。いわゆる日本人の精神面での民度の劣化は凄まじいものがあります。若夫婦の皆さん、子供達には、ぜひ「人生とは戦いである。」と常日頃伝えおいてください。現在は収入格差の時代、例え「AI」の時代になっても人生との戦いに挑む気持ちは一番重要なのだ。

コメント

高倉健のなぞ(2)



前にもこのブログで伝えていますが、このえんだんじのブログは、昨年10月には10年目を迎え、今年の10月には10年目の終りを迎えます。えんだんじのブログを開始した最初の一年間は毎週土曜日に書いていたが、翌年から現在まで二週間おきの土曜日、即ち一月に2回書いてきています。今現在全部で292通のブログ記事が公開されています。来年には10年間のブログを厳選して本を書く計画でいます。そこで10年間の全ブログを見てみようと現在時間を見ては古いブログをもう一度読み直しています。ブログ書き始めた時、自分の読者を増やそうと思い、当時日本で最大のSNSミクシー(Mixi)入会した。当時ミクシーの全盛期でその会員数は、10代後半から20代の若者、30代、40代の若者が非常に多かった。いつも書くものが時事評論や歴史ものではつまらないし、また読者も増えないと思い、女性もの、映画評論、人生相談的な物等が結構色々な題材を書いていたことを再読しながら改めて思いだしています。そんなブログ記事の中に2014年(平成26)12月6日に「高倉健のなぞ」という記事を書いています。まず読者にはこの4年前の2014年(平成26)12月6日づけの「高倉健のなぞ」を読んで見てください。

このブログでは江利チエミと高倉健の結婚生活は12年間続いたこと。チエミは妊娠したが流産した。二人の離婚の理由は、チエミの異父姉の虚言と横領でチエミが億という借金を抱え、高倉に迷惑をかけたからです。チエミからの離婚要求であった。離婚した高倉は、その時40歳。彼が死んだ時は83歳。俺はその時、女房に「高倉健のような男が40歳で離婚して女性との浮名も流さずに83歳で死ぬなんてとても理解できない」というと、女房は、「それだけ健さんは、江利チエミに惚れこんでいたのよ」といった。
一方俺のブログに最近まで毎回のようにコメントをくれていた私より三歳先輩の男性は、「彼は本当に純情一途だったと思います」。またこうも書いていた。「彼の女性遍歴は業界内では、自然にタブーなるほどの位置づけが出来上がっていたのでしょう。」
俺はこのブログの最後の文章を以下のように終わらせています。
「定年後の男性の皆さん、彼が40歳から40年間再婚しなかった理由づけ、なにか推測できますか?あったら教えてください。」

去年、平成29年11月5日づけの産経新聞の書評の見出しで、(隠された私生活浮き彫りに)の下に森功著、「高倉健(七つの顔を隠し続けた男)」講談社、についての書評記事が書かれていた。やっぱり俺が想像したとおり、高倉健には、何も特筆すべきものがなにもなかったわけではなかったのだとすぐにその本を買った。その本の出版日を見ると、平成29年8月29日、俺の二冊目の小説、「戦後昭和の女性たち」の出版日が平成29年9月15日。なんとほぼ同時期に出版されたのです。それだけに親近感が湧いた。以下の文章は、「高倉健(七つの顔を隠し続けた男)」の高倉死後の話の要約です。

平成25年10月26日、高倉健への文化勲章授与が決定した。文化の日の11月3日、皇居で親授式が執り行われた。これまで授与された俳優は3人いたが、現役の映画俳優としては、初めての快挙であった。それから一年後の平成26年11月10日、何の前触れもなく、映画界の誰にも知られずに高倉健は悪性リンパ種で亡くなった(83歳)。生きた伝説と呼ばれた映画スターの死を看取った近親者は一人しかいない。養女の小田貴(オダタカ)である。死後、突然あらわれた「最後の女性」だ。彼女は、高倉がその死から一年半ほど前、一人娘として養子縁組をしたとされる。以来、高倉の戸籍上の姓である小田を名乗るようになる。
おかげで小田貴は莫大な遺産を相続した。生涯収入が100億円と伝えられる高倉健の遺産は、江利チエミとの結婚時に購入した土地を含め8億円相当の不動産をはじめ、30億円の金融資産などと合わせると、しめて40億円を超えるとも言われる。それをすべて相続したのが彼女である。高倉の死の二日後、平成26年11月12日に渋谷区の代々幡斎場で密葬が行われた。招待したのはたった五人。東宝社長の島谷能成、東映会長の岡田祐介、元警察庁長官の田中節夫、読売新聞最高顧問の老川祥一、映画監督の降籏康夫、それ以外だれも呼ぼうともしなかった。この五人を小田貴、高倉の秘書、高倉プロモーションの日高康専務の三人が迎えた。高倉健は福岡県中間市の出身で両親兄弟の肉親と一族の親戚とは日頃密接に連絡しあう懇意な間柄でもあったのに誰一人として高倉の死を連絡しなかった。ところが日頃高倉からの近況報告のない高倉の親戚が心配して高倉の秘書に電話してきた。そこで初めて高倉健が二日前に死んだと知らされ、あわてて九州の本家に伝えられた。密葬に参加しようにも時間的余裕がなかった。最初から小田貴は、実家に連絡する予定がなかったのだ。無事密葬は、かれらだけで執り行われた。高倉の死が実家にばれたのは、高倉プロの日高専務のせいと、小田貴は、日高専務との縁を切ってしまった。一体、この小田貴という女性はどういう女性なのか、高倉健はもう亡くなっていて、生前公に彼女を語ったことを聞いたものはいません。あくまでも高倉の死の直前あるいは死後、彼女から公に知らされた情報に限られています。それでもそのいくつかを箇条書きにしてみましょう。

1.彼女はサラリーマンだった父親と美容師の母との間に生まれた。両親は離婚し、彼女は母親についていっしょに暮して来た。本人も一度日仏ハーフの男性と結婚した経験がある。高倉と知り合ったのが1990年代の後半だった。
2.彼女は旧姓を河野といったが貴倉(タカクラ)良子という芸名で、女優やテレビ・レポーターとして活躍していた時期もある、いわゆる大部屋女優だった。
3.高倉サイドの関係者で、唯一古くから彼女の存在を知っていたのが、高倉プロの日高専務だ。平成25年5月、日高と小田貴の実母が保証人となり、小田貴は養女として正式に小田家(高倉健)に入籍した。そこから高倉が亡くなる平成26年11月までわずか一年半しかない。高倉健の養女としての入籍は、高倉家の実家や親族には一切知らされてはいない。
4.小田貴の話によれば、高倉と共に暮らしたのは18年ということだ。二人の年の差は
30歳。

高倉の死後、彼女は東京の瀬田にある高倉の豪邸を完全に解体し、自分自身用の豪邸、美術館を思わせるようなドーム型の瀟洒な屋根が印象的な豪邸を建築した。彼女はすぐに高倉プロの代表取締役に就任し、赤坂の事務所を閉鎖し、古参の日高専務や事務員をクビ、オフイスを顧問弁護士事務所に移した。高倉健が生前購入していた鎌倉霊園の墓、そばにあった江利チエミとの水子の眠る墓まで、ことごとく解体してしまった。高倉は車好きで、特に外車の高級車好きでポルシェやベンツなど多いい時は10台以上所有していた。彼女はその車を全部売ってしまった。高倉自慢のクルーザーも転売するどころか完全に解体してしまった。まるで国民的スター高倉の名前をすべて消し去ろうとするかのような行為であった。名声と富を極めた高倉健は、その骨すら家族の手元に残らなかった。
ウイキペディアを見てみると、私が読んだ参考文献には書かれていない文章があった。
「平成29年3月18日鎌倉光明寺の境内に墓碑が県立された。その墓碑の高さ180cmと高倉の身長と同じで、墓碑にある段状の意匠には高倉の映画人生の節目となる年、映画作品数などを表している。」
私の参考文献の著者の出版日は、平成29年8月29日、高倉健の新しい墓の件は知らなかったのでしょう。私はこれまで書いてきたことは高倉の死後の話です。高倉自身何も知らないのです。私の想像では、遺産相続した小田貴は、高倉の豪邸やお墓などを解体してしまったことに多少でも後悔の念が残っていたのでしょう。そこで同じ鎌倉市にあるお寺の墓に大金をかけて新しい高倉健のお墓を建てたのでしょう。この事は九州の高倉家の実家や一族に知らされていないと私は判断しています。知らされていれば、必ず高倉健の妹や一族から著者の森功氏に連絡がいくと思うからです。彼らは森功氏が本を書くためのインタビューを受けていたからです。

生前の高倉健は、国民的な人気だけでなく、業界全体の誰からも好かれ、また彼は自分が気に入った人間には誰彼かまわずと言っていいくらい高価なプレゼントをしているのだ。大物女優たちにもよくもてていた。死んだ大原麗子も高倉にメロメロだった。「緋牡丹博徒」シリーズなどで何作も共演した藤純子(現在、富司純子)は、彼への思い入れがあったのでしょう。彼の死後一周忌にあたる平成27年 11月に唐突に高倉の実家、九州の中間市の実家の菩提寺に供養に訪れ、住職や近所の住人が大騒ぎになっているくらいだ。彼が生きていたら、彼の死後の養女、小田貴の行為は、全く考えられない行為だった。資産家で男やもめの暮らしているご老人よ、「後妻業の女」には注意しましょう。

参考文献:森功著「高倉健(七つの顔を隠し続けた男)」 講談社

コメント

両手両足を失った中村久子



ピョンチャンのパラリンピックも終わりました。日本代表選手の皆さんご苦労様でした。このブログは身体障碍者の話ですが再度紹介します。以前「えんだんじのブログ」で紹介した日は、三年前の平成27(2015)年5月9日です。読んで思い出す人もいるかもしれませんが非常に胸うつ話で、創作ではなく真実の話です。
三歳で突発性脱疽(だっそ)
明治30年、中村久子は岐阜県高山市の貧しい畳屋の第一子として誕生した。結婚して11年目にしてようやく恵まれた娘は、両親にとって目に入れても痛くないかわいい子。ところが、もうじき三歳になる年の秋、足の痛みを訴えて泣く久子を背負って病院に駆けつけた両親は、医師から衝撃的な病名を告げられた。体の一部が壊死(えし)して脱落するという突発性脱疽(だっそ)。「両足とも切断しなければならず、命の保証は出来ない。」
突然襲い掛かった災難に両親はうろたえた。そうこうしているうちに病状は悪化し、きらずに治せないかとう両親に哀願もむなしく、病は手にまで感染した。父栄太郎は看病のため仕事もできず、わずかな貯えは医者代に消え、一家は借金を抱え込んだ。
父の切実な願いが天に通じることなく、ある日、久子の激しい泣き声に台所から駆け付けた母親のあやは、そばに転がる白い物をみつけた。それは包帯に覆われたままもげ落ちた、わが子の左手だった。結局同じ月のうちに右手と両足を切断、久子は三歳にして両腕のひじから先と、両足の膝から下を失ったのだ。

父が亡くなり一家の運命は暗転する
昼夜かまわず泣く子をおぶり、雨の日も雪の日も街中を歩いてあやす両親と祖母。特に栄太郎は不幸な娘を不憫(ふびん)がり、弟の栄三が誕生してからも、久子を側においてかわいがった。久子の噂を聞きつけた見世物小屋の興行師が「その子を売ってくれないか」と話を持ち込むと、父は怒り、たとえ乞食になっても娘を守り抜くと誓うのだった。
こうして家族の愛情に包まれて、短いと思われた久子の命は奇跡的にとりとめられた。ところが、一家の大黒柱であり久子の守り神でもあった栄太郎の突然死が、家族の運命を大きく変えることになった。
手足のない七歳の娘と、二歳になったばかりの幼児、そして山のような借金を残された母。栄三は伯父の家に引き取られ、久子の面倒を伯母に託し、あやは働きにでるようになった。
久子は祖母から百人一首の歌や片仮名をならい、大好きな人形の着物をぬってもらった。戸外で遊べない彼女にとって唯一の友達は人形。頬(ほほ)よせて「あんたはお手てもあんよもあっていいのね。そのお手て、あたしに貸してちょうだい」と語りかける切ない日々。それでも春が来れば学校に行けるという希望が少女の胸を躍らせた。しかし、障害者への差別が強い時代のこと、それははかない夢にすぎなかった。

母の再婚とつらい日々
あやが子連れの男と再婚したのは久子が八つの時、義父との生活は、生きるために仕方ないとはいえ、母娘(おやこ)にとってつらいものとなった。それまで娘に甘かったあやは、夫への気兼ねから厳しくなり、不具な子を恥じる義父は久子を二階の部屋に隠すように置いた。来客で忙しい日など、丸一日忘れ去られることもあり、空腹や便を我慢して待たなければならなかった。

口を使って縫い物をする
あやは、娘の将来を思って何でも自分でやるようにさせた。癇癪を起こし泣きわめいても手を貸さない。酷とも言える母の厳しさを恨むこともあった。しかし、繰り返し、繰り返し練習するうちに、口でハサミを使い、マッチを擦ることを覚えました。大好きな人形の着物作りにも挑み、「手無し、足なしに何ができるもんか」と罵(ののし)られても、最後まであきらめなかった。「きっと作ってあげるで、待っておいでよ」人形にやさしく語り掛け、幾日もかけて一枚の着物を縫い上げた。それは口で縫ったためつばでベトベトにぬれていたが、久子は至福の一時を味わった。自分の力で物を作れるのだ!
ところが、そんな浮き立つ思いはすぐに打ち消されました。友達に人形の着物を贈ったところ、その母親が「こんな汚いもの」と言って小川に捨ててしまったことを知るのだ。
この時、久子は初めて自分は普通の子と違う、手足のない子であることをはっきり自覚した。「ぬれない着物を縫う」悔しさ、悲しさをばねに悲壮なまでの努力を重ねたのだ。それが実現したのが十三年後のこと。後年、久子はこの時のことを振り返り、「この侮辱こそが宝だった」と感謝さえするのです。
また食事も自分で取る決意をした。箸(はし)を持つ指がないので器に口を直接つけて食べていると、「犬だ、猫だ」と店の小僧たちに笑われた。「自分は犬や猫ではない、人間だ。きっと箸(はし)を持ってご飯を食べて見せる。」久子の反抗心に火がついて、あれこれ工夫を凝らすうちに、包帯に箸を挟むことを思いつき、一人で食事ができるようになった。自分の力で食べるご飯のおいしさ・・・それは久子にとって大きな発見であった。

誇りを捨て興行の道へ
近所の男の子たち「手なしぃ、足なしぃ」と馬鹿にされて泣いていると、祖母は孫に諭(さと)した。「仏様がご覧になっているから、いじめられても他人様を口汚くののしってはいけませんよ」と。
久子はこの祖母から読書や習字の手ほどきを受け、学校に行かないながら知識を身に着けたのだ。また、祖母は来客への礼儀から日常生活のこまごまとした振舞いまで厳しく教えたのだ。一方義父は久子を「穀(ごく)つぶし」と呼び、彼女を巡る夫婦間の言い争いはたえなかった。間もなく久子は麻糸つなぎの内職を始めた。
固い麻糸が口でむすべるようになるまでには並々ならぬ苦労があり、初めて成功した時は畳にひれ伏して泣いた。人生で初めて稼いだ十六銭。働く喜びが手足のない久子の体を駆け抜けた。
そんな久子も十八歳になり、自活の道を選ぶ時が来た。国が身体障碍者に下付する扶助料をもらう道もあったが、役に立っていない自分がお国のお金をもらう資格などない。国に甘えて生きれば自分の力で立てなくなると、これを拒否した。
迷い苦しんだ挙句、やるまいと誓っていた興行の道を選んだのは、それから一年後のこと。大正五年、久子は見知らぬ土地へと旅立った。家族と別れ、誇りを捨て、ただ生き抜くために・・・。

泥中の蓮になろう
『だるま娘』― これが見世物小屋の芸人となった久子につけられた名前でした。芸は裁縫、揮毫(きごう、文字や書画を書く事)、切り紙など、生活の中で覚えたこと、派手な衣装や卑しい曲芸を売りにしない、品性と教養がにじむ芸が好評を博し一躍人気者になりました。一座を率いる伊勢兼(いせかねる)は亡き父を知る人で、久子を実の娘のように労り、「暇さえあれば、一字でも多く学べ」と励ました。
しかし、順風満帆な日々は長く続きません。興行師として素人の伊勢兼(いせかねる)は興行に失敗、小屋が人手に渡ってしまったのだ。後を継いだ主人は腹黒い男で、久子に過酷な労働を強いた。しかし、どんな惨めな環境にあっても、彼女の向上心がくじかれることはなかった。「泥中の蓮になれ」という書道の師匠、沖六鵬(おきろくほう)の言葉の力を得て、短歌に親しみ、本を読んで精神を高めたのだ。その結果、彼女の芸は次第に高尚さを増していくのだった。

半生記が懸賞の一等になり、義足で歩ける
久子の運命は大きく転換します。自分の半生を綴った手記が婦人雑誌『婦女界』の懸賞で一等当選。賞金を手にしただけでなく、社の援助で義足が贈られたのだ。久子は真っ先に義足をつけるために入院した。立って歩く訓練はまずもって恐怖を克服する戦い。しかし四歳で脚を失って以来、自分の力であるくことをどれほど切望してきたことか!久子は嬉々として練習に励み、四か月後には颯爽と歩いて病院を後にしたのだった。

結婚、そして未亡人
また、絶対に無理であろうと諦めていた結婚の夢も叶ったのだ。二十四歳になった久子は同僚の女性たちが羨む中、同じ小屋で働く中谷雄三と結婚したのだった。結婚二年目にして妊娠。障害を持って生まれてくるのではないかという心配をよそに四千グラムの健康な女の子を出産し、厳しい生活を送る夫婦に希望を与えたのだ。
しかし、暗雲は情け容赦なくせまります。体調を崩した夫は死を宣告されたと同じような結核の末期状態だった。絶望と悔しさを抱え、久子は医者代と生活費のために毎晩遅くまで働いた。ところが大正十二年九月一日に突如襲った関東大震災が、命以外のあらゆるものを奪っていった。
栄養失調と心労で乳は出なくなり、わずかな配給と残されたものを利用して病人と幼子を懸命に世話しました。しかし、その甲斐なく、震災から三週間後に夫は逝き、二十七歳で久子は未亡人となってしまったのだった。

障害を持つ女性に会い、恨みを感謝に転換する。
夫の百か日が済まないうちに、久子は再婚した。女一人の興行は不可能で、生きていくために仕方のない選択。幸い再婚相手の進士由太(しんしゆうた)はよき夫であり、頼れる太夫元(たゆうもと)でした。次女も誕生、生活苦からようやく脱し、訪れたささやかな幸せに喜びを感じていた。ところが寄り添って二年に満たない大正十四年の秋、床についた進士(しんし)は急な発作であっけなく世をさり、久子は二番目の夫をも失ったのでした。
それでも彼女はくじけず、三度目の結婚に踏み切った。この結婚は久子に幸福をもたらさなかった。夫の定兼(さだかね)は浪費癖があり身持ちも悪く、久子の連れ子に対して無責任な態度を取るばかり。やがて二人の間に生まれた三女が病で死ぬと、彼女の夫への愛情は急激に冷えていった。
心労を抱える中、久子の人生観を変える座古愛子(ざこあいこ)と出会った。首から下が付随の女性が女学校の購買部を受け持っている、という記事を偶然目にした久子は、直接彼女を訪ねたのだ。
結婚もせず、肉親もすべて失い、たった一人で寝たきりの生活を送る座古愛子の明るい顔に衝撃を受け、久子は一つのことを悟るのだった。苦難のあまり運命を呪い世を恨んできた不幸な者は山ほどいる。考え方を改めて、恨みを感謝に転換しなければならないと。

芸に磨きをかけながら、子供を学校に通わせる
芸人のほとんどが子どもを小学校に行かせない中、久子は教育が必要だと確信し、信頼のおける家庭に二人の娘を預けて学校に通わせた。久子は子供たちに送金するため必死に働き、芸に磨きをかけた。久子の色紙(しきし)や短冊は人気が高く、よく売れた。投げ銭をとらないのも彼女の信条であった。芸人は乞食ではない、人々に驚嘆と感動を与えるのが真の芸人と考え、ただ縫ったり編んだりするのではなく、より完成度の高い作品を舞台で披露するようになった。そうして七年間の忍耐の末、久子は昭和八年に定兼と別れ、知人の勧めで九歳年下の中村敏雄と四度目の結婚をした彼女は、ほどなく興行界をさった。

ヘレン・ケラーと対面、一躍全国的な有名人に
昭和十二年久子にとって忘れがたい年となった。周囲の計らいで、来日したヘレン・ケラーと直接対面したのだ。その日のために彼女は生活費を切り詰めて布を買い、口で縫い上げた日本人形を贈り物として用意していた。
政界の要人も参会する歓迎会の席で、その人形を受け取ったヘレン・ケラーは、手探りで久子の短い腕と義足を確認すると、突然その体を抱き寄せました。そして見えない瞳から熱い涙を流しながら、「私より不幸な人、そして私より偉大な人」と彼女を称賛した。
三重苦のヘレン・ケラーと無手無足の久子。二人を見る聴衆は深い感動に包まれ、各紙は「和製ケラーと相抱く」と大きく報道。これより中村久子の名は全国的しられた。
晩年の久子は各地で講演し、執筆活動に力を注いだ。昭和40年、六十九歳の彼女は自分を支えてくれた亡き母を顕彰し、国分寺境内に悲母観音像を建立(こんりゅう)した。一時は厳しさゆえに恨んだ母。しかし自らも母となることで、すべての愛情の裏返しであることを知ったのだ。
久子は言いました。「確かなことは自分で生きているのではない、生かされているのだということです。いかなる人生にも決して絶望はない」。七十二歳で波乱の人生を閉じると、遺言通り久子の体は解剖された。持っているすべてをささげつくした最期であった。

この物語の由来:
私のブログの愛読者に関西地方にある私立高等学校の校長先生がいる。彼がその高校の校長になった時、学校の経営者が我が校は、道徳教育に力を入れたいと強調した。彼は道徳教育の教科書を作るため、古今東西の心を打つ話や、インターネットや、日本の古典などから情報を仕入れ、日本の古典は自ら現代語訳に翻訳したりして、一年用、二年用、三年用の三冊の道徳教育の教科書を作成した。一冊平均5-60頁あった。
教科書名として「徳育科」と称した。その「徳育科」三冊を私に送ってくれた。私のブログに掲載しても良いとの了解を取りながら、私は自分の書棚のどこかにしまいこみ忘れてしまっていた。それからおよそ二年後の現在この道徳教科書「徳育科」をふとしたことで見つけだした。
あわてて彼に連絡して見ると、彼はすでに定年になっていた。学校の名前も変わり、経営者も変わっていた。しかし「徳育科」の授業は続いており彼が作成した教科書がまだ使用されているのがわかった。しかし中身が多少変わったかどうかわかりません。この「中村久子」の話は、一年用の教科書「徳育科」に載せられた十三話の一つです。前校長の了解を得てブログに載せました。全文ほとんど原文と同じですが、文章の終わり目は、「~です」、「~であります」というように教科書的だったものをもっと口語的なものに私の判断で変えさせていただきました。あとは全文、原文と全く同じです。
ここからは私が新たに追加した文章です。このブログ公開後、私はお年寄りに中村久子の話を知っているかを聴きまわりました。私はこの夏80歳を迎えますが、私はこれまで中村久子の話は知りませんでした。従って現在80歳以下では知っている人が極端に少ないでしょう。現在83歳の方がある程度知っておりました。すでに85歳以上の方がこの中村久子の話は、戦後封印されたのでしょうと語っておりました。これは私の推測ですが、日教組など共産主義に魅せられたり、親近感を持っていたから中村久子が、政府の身障者への扶助はっきりと断ったから、彼女の話を封印してしまったのかもしれません。皆さん、中村久子のウイキペディアを読んで見てください。ヘレン・ケラー女子と面会したとき自分の口で作った日本人形を差し上げていますが、その日本人形と一緒に取ったときの彼女の写真を見ることができます。DVD制作を中心業務とする映画監督、斎藤満雄氏が平成10(2008)年に「生きる!!中村久子物語」を公開しています。今では若い人たちにも中村久子の名前は良く知られています。



Comments (1)

『尋ね人』、時田早苗(ときたさなえ)さん



ピョンチャンオリンピックでは、随分テレビ番組を見た。冬のスポーツでも色々なスポーツがあるものだと感心してしまいます。現在の10代、20代の人たちは冬のスポーツだけでなく、色々種々雑多なスポーツを楽しむことが出来て実に幸せだ。健康体の人たちだけでなく、何十年と患う人たちから車イスの人まで楽しむことができるのだ。今年の夏、80歳を迎える年代の俺たちにくらべると、同じ10代、20代でも天国と地獄の差がる。特に俺など極貧育ちだから、現代の子供たちと俺の子供時代との差は、天国と地獄の差以上、めちゃくちゃな開きじゃないかなと思う。
俺など両親と一緒にどこかに食べに行ったことは一回もありません、どこかに一緒に遊びに行ったこともありません。お正月にお年玉をもらったことなど一回もないままにおとなになってしまった。俺は長男で妹二人、男ひとりだからいつもお袋の手伝い。親父は重病の結核で入院、俺が手伝わなければ一家全滅というのを子供心に無意識に持っていた。自宅から7,80メーター先に井戸があり、井戸からつるべ落としで水をくみ上げ、二つのバケツに水を入れる、いわゆる水汲み仕事、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、ガスなし、自宅のトイレの汲み取り、自宅の小さな庭に穴を掘り便を埋める。親父は少しでも生活の足しにモルモットを育て、ジュウシマツを飼っていた。面倒なのはモルモットが大きいのでえさを食べる。その餌をかまでとるために山へ入るのだ。その山のごく近くにわざわざ住んでいたのは敗戦(大東亜戦争)のためであった。

俺は神奈川県の川崎市に昭和13年の時に生まれ、昭和16年の時大東亜戦争が起こった。俺が5,6歳のころ日本本土への空爆が度々あった。川崎は重工業地帯でいずれ大空爆にあうのは時間の問題と考え、俺一人を親父の実家、富山に疎開させ、両親と妹の3人は親父の勤務する日本鋼管系列の会社が草津にあったので、そこえ疎開した。予想どおり川崎は大変な空爆を受け、我が家は焼き尽くされてしまった。戦後親父の勤め先は川崎の日本鋼管だったので通勤範囲内の横須賀市の追浜の山の上に引っ越した。横須賀は山の多いい町だ。山の上、またその山の上にいけば家賃が安い、親父は肺結核にかかっていて入院しそうだったから、家賃の安い山の上、我が家を含めて5.6件でその上はまわりがすべて山だった。モルモット用の餌の野草なら山ほどある山上だった。俺は追浜の浦郷小学校に小学一年の三学期に転向した。浦郷小学校は古い学校で明治16年に創立され今年で創立135年という古さです。引っ越して、親父は重病の肺結核ですぐに入院、当時どこでも貧乏だったが俺の家の家族は、大貧乏所帯だった。日曜日は、朝遅く起きねばならなかった。朝食を抜いて一日二食の時もあったからだ。俺が小学校3年か4年の時だった、担任の先生が飯田先生といって女性の先生の時だった。その頃学校では秋になると学芸会があった。各組が演芸をやったり、歌を歌ったりなどして芸を競い合う学芸会があった。その時飯田先生は、俺の組で「白雪姫」を演じることを決めたのだ。その時飯田先生は、俺を白雪姫の王子役をやらせたのだ。どうして王子役に選ばれたのかさっぱりわからなかった。何しろ勉強はできない方だったからだ。俺の女房は、「あなたは子供のころからイケメンだったのよ」と言ってくれるが、俺には子供のころの写真など空爆で焼失一枚もないのだ。
いずれにしても俺は「白雪姫」の王子様役をやった。王子様の被る帽子は、硬いボール紙を緑色に塗り、着るマントは大きい風呂敷を着たことだけは覚えています。他のことは全然覚えていません。主役やる白雪姫は、時田早苗(ときたさなえ)と言った女の子で、お転婆な女の子だったということは覚えています。これ以外何も思い出さないのです。俺はその後浦郷小学校で彼女に会ったこともないし、俺は中卒後間際に藤沢に引っ越すのですがそれまでに一度も会った覚えはありません。
学芸会出演の時には、俺の両親は着ていません。父は結核の重症患者で入院中、母は病院に看護に行っていたからです。時田早苗さんの両親が見にきていたかどうかわかりあません。
俺が今もって不思議に思うのはたったこれだけの思い出だけでよく時田早苗さんというフ
ルネイムを70年間も忘れる事もなく覚えていたものだと感心しています。

ピョンチャンオリンピックのテレビ番組を見ていたとき、俺には若い時夢中になってしたことは何もなかったことを改めて思いだし、思い出に残ることはなんだったかと考えたとき、学芸会で白雪姫の王子役をやったのを思いだし、白雪姫役の時田早苗さんの名前がすぐ出たのだ。これには自分でビックリした。飯田先生という女性と時田早苗さんしか思いだせなかったのだ。飯田先生はともかく、時田早苗さんというフルネームがなぜか覚えていてすぐに口に出たのだろうか。他の学友たちの名前は一切出てこなかったのだ。なぜか彼女の容姿や顔つきを全く思い出せないのに、なぜフルネームだけ覚えていたんだろう、こうして「訪ね人」を利用して探してみようと思ったのだ。

『尋ね人』
「時田早苗さん、あなたは、横須賀市追浜の浦郷小学校3,4年の時、女性の担任の飯田先生のもとで学芸会の時、「白雪姫」の主人公白雪姫を演じませんでしたか?私は白雪姫の王子役を演じた鈴木敏明と申します。私は飯田先生以外の生徒の名前は誰一人思いだせないのですが、時田早苗さんの名前は何故かほぼ70年間覚えていたのです。時田さんが健康であったら、ぜひ私と会ってもらいませんか。白雪姫と王子が70年ぶりに再会というニュースが盛り上がるかもしれませんよ。お互い70年間の人生の営みを話し合いませんか?
もし興味がありましたら、ぜひこの「えんだんじのブログ」に応答してください。あるいは、メイルで私あてに返事をお送りください。私のメイルアドレスは、tosi-suzuki@d03.itscom.net, あるいは私は横浜に住んでいますので自宅の電話番号は、045-903-6348にご連絡ください。もし読者で時田早苗さんの居所をご承知の方がおりましたら、私あてに連絡してください。よろしくお願いします。」

テレビでオリンピックを見ている最中に、ふと思い出したので、このようなブログを公表してみました。もしこれで時田早苗さんと会えるようでしたら、俺はオリンピックで金メダルを取ったのと同じようなことですね。


コメント

80歳を迎える年の大気炎年始



皆様、おめでとう御座います。今年もよろしくお願い致します。
私は今年の8月1日で満80歳を迎えます。年寄の言葉に「80-20」という言葉があります。80歳になったらせめて自分の歯は、20本ぐらい持っていたいと言う意味です。ところが私は80歳になっても20本どころか全部健康な自分の歯を持つことはまちがいない。昨年12月には町田で講演をしましたが、一時間半の講演時間、椅子を使わず立ち続けで講演をしました。これなら90歳までは生きられる、それどころか現在は、人生100年時代。場合によっては100歳までもが決して夢でない。私の人生は不運な時代と幸運な時代とに極端に別れます。

一。不運な時代
私は極貧育ち、頭は並よりほんの少し良いくらい、特別な才能は全く何も無し、体力は並の体力、普通高校卒だけで社会に放り出された。結婚し子供三人育てている最中に離婚。家庭では両親が二人とも重病、病弱で老後の母の面倒みてもらうため叔母が同居。母死後、叔母も即入院。私が50代半ばまで家族の誰かがいつも病気だった。自分の健康の大切さを意識させられ、仕事でも遊びでも三日続けて12時過ぎの帰宅はないようにした。こうした私の人生は、絶えず戦うことを強いられた。人が5年かけてできるものは、俺は10年、あるいは15年かけてでもやってやる、そのためには健康で長生きしてやると心に誓っていたのだ。外資系五社を渡り歩き、愛社精神などひとかけらも無し、仕事への愛情も一切なし、ただあるのは強い金銭欲だった。夢もなかった。いや、夢はあった。株価高騰時代だった頃の夢だ。私が55歳頃には、三人の子供は完全に一人前だ。そこで自分で定年を55歳と決め、私費でアメリアカへ一、二年の語学留学し、そこで白人女性の恋人を持とうと決めた。一転株は暴落し、損はしなかったが大儲けしそこなった。消えた夢のかわりに再婚した。そして今年の夏とうとう元気で80歳を迎えることができるのだ。若いころ「長生きしてやる」が現実的なものになってきたのだ。ついに自分の出番がやっていきたのだ。
二。幸運な時代
サラリーマン生活、実働40年。長い、長い戦いであった。定年後一転して幸せな生活になった。再婚していたが、我が家から初めて病人がいなくなった。しかし定年後一、二年の間は時々悪夢にうなされた。辛い仕事の場面が夢の中にあらわれ、どうしたものかと自分自身がうなされ、ハット目がさめ、「夢だったのか、もう定年なので良かった」と安堵することが幾たびかあった。
自分の正義感で書いた長編歴史評論「大東亜戦争は、アメリカが悪い」が評判を呼び、縁もゆかりもない鎌倉在住の読者、渡辺昌明氏の資金と翻訳援助により英文化し、英文化出版に手を差し出してくれた茂木弘道氏により勉誠出版が紹介され、出版社倒産で市販されていなかった「大東亜戦争は、アメリカが悪い」が2015年に再出版されたことです。
読者から私の文章力をほめていただいたことはうれしいのですが、何といっても西尾幹二先生に直接褒められたことが天にも昇るような気持ちでうれしかった。私は子供の頃から学生時代も文章など書いたことは一度もないし、投稿したこともない、自分で文章を書くのは苦手と思っていた。それを西尾先生に言うと、先生は「文章というものはそういうものだ。文章を沢山書いてきたからといって、文章が上手になるとはいえない。いくら書いてもへたなものはたくさんいる。いきなり長文を書いても上手な人はいる」と言うのです。
人生とは不思議なものだ。定年なるまで自分には才能など何もなく、ただがむしゃらに努力を続けてできるのが才能みたいなものだった。私はこれまでに本を八冊出版しています。そのうち最近の二冊は小説です。小説を書いた実感は、他人の書いた本を沢山読んで書く歴史評論よりも小説書くほうが楽しい実感だった。自分にも書く才能があると実感できたのだ。人生とはわからないものだ。私に文才があることがわかって本当にうれしかった。
それでは100歳まで20年間になにをやるか。私が「えんだんじのブログ」を書き出して10年目に入っています。今年の10月で10年目が終わります。最初の一年間は毎週書いていて、その後は2週間おきに書き続け、現在投稿数286件。これを一冊の本にまとめて書きたい。そのあと次はやはり小説を書きたい。女性の一生を小説に書きたいと思っています。人生100年の時代。主人公の女性には老いらくの恋をさせるつもりです。執筆活動を100歳までつづければ、サラリーマン生活実働40年が最近書きあげた「えんだんじ・戦後昭和の一匹狼」だし、100歳でまた新しい自伝的小説を書き上げれば、執筆生活40年間の自伝的小説になり、私はサラリーマン生活40年、執筆生活40年、もじどおり私は二つの人生を歩んだことになる。これを目指して100歳まで邁進あるのみ。
三度目のベストセラーを狙う小説が、二度出版した小説のよう「二度あることは三度ある」と同じように失敗作になるか、「三度目の正直」のように三作目の小説がベストセラーになるか、私の人生最後の賭けになるのだ。幸運にめぐまれた定年後の生活、最後はハッピーエンドで終わらせるつもりです。

Comments (4)

小説「戦後昭和の女性たち」(5)



前回のえんだんじのブログ(12月2日)で小説「戦後昭和の女性たち」4)を公表。その時は村田春樹さんの読後の感想文、全文を公開しました。その後村田さんは、私の初めての小説「えんだんじ・戦後昭和の一匹狼」をすぐに読んでくれ、この度その感想文を送ってくれました。村田さんの了解を得て全文を公開します。
引用開始
拝啓。ますますご清祥のことと、お慶び申しあげます。
過日は「えんだんじ」を上梓され、すぐにご恵贈賜り洵にありがとうございました。
先日「戦後昭和の女性たち」を読了してすぐに、「えんだんじ・戦後昭和の一匹狼」を読み始め、これも一気呵成に読了いたしました。すぐに感想文を書き送りたかったのですが、今月も多忙を極めており遅くなりました。実は御献本いただいた事を忘れてしまい(失礼はおゆるしください)アマゾンで購入。読了したら御献本を本棚で発見した次第です。
いやはや、しかし、「えんだんじ」面白い!実に面白く痛快!痛快!主人公の健さんは羨ましい人生だとつくづく感心します。
私は昭和二十六年東京高円寺の生まれ育ち、健さんと十三歳違うのですが、当時はまだ本当に貧乏というのがあったのですね、
しかし貧乏の中にあっても、逞しく淸く正しく(?)生きてきた健さんの人生に感動します。そしてさぞかし楽しい人生だったのではないかと推察します。修学旅行に行けなくて、代わりに研究しろ、と言われ蠅の糞を見つめるところでは爆笑してしまいました。
「戦後昭和の女たち」のペニスのおならと同じく、つらさに負けないユーモアが底流しているのですね。
私は昭和五十二年から五年間、新婚時代に鎌倉市梶原に住んでおりました。勤務先は藤沢で、辻堂はよく仕事で回りましたのであの辺りは懐かしいです。県立鎌倉高校は名門進学校です。そこに合格された健さんは素晴らしい学力。後に英語で世間を渡ることができたのは、さもありなん、と思います。
さて本書の魅力はやはり、健さんの人生を彩る美女たちです。本当に美女ばかりで感心します。我が人生も四十年、女性に囲まれてきましたが、美女は五指にたりません。なぜだろうか考えたのですが、やはり美女は美男にくっついて来るのですね。
閑話休題
本題に入ります。
千葉県勝浦の恵さんとの最後の一夜はとても素晴らしいはなしです。正に映画のシーン、三島由紀夫氏の「潮騒」もかくや、ですね。しかも嫁入り前。
いやはや羨ましい。恵さんはきっと今でも健在で、元気な漁師の婆さんになっているでしょう。実は私も勝浦近くの某市の女性と、若い頃少し関係がありました。「房州女にマ〇見せるな」という古諺(?)があるそうですが、当時私は十九歳、彼女は十八歳、それでもその古諺を想起する女性でした。ちなみに今でも会おうと思えば会えますが、すっかり婆さんになってしまったので、会いたくありません。どうでもよい話しに脱線してしまいました。
佳代子さんとの結婚離婚のお話しも、じつに興味深かったです。
もし今一人だけ健さんの女性に会えるとしたら、私は躊躇無く佳代子さんを選びます。なぜか。わたしは生命保険の営業所長を長く勤めたので、佳代子さんがもし保険屋になっていたら年収数千万円になったと思うからです。
他の女性と会ったら、羨まし過ぎて我が内臓が破裂してしまうかもしれません。佳代子さんならそういうこともないでしょうし。
国鉄のストで赤坂東急ホテルに泊まったとき、塩原から花江さんがタクシーで飛んできたおはなしは、これも映画のワンシーンなります。すごいです。
でも、私はちょっと引っかかりました。もし私だったら、絶対に一人でホテルで寝ません。必ず誰か準備します、第一希望が都合悪ければ、第二、第三と用意します。ですから、もしわたしがあの場面にいたら、塩原の花江さんがノックしたら、中の二人で大恐慌に陥ったことでしょう。などと空想して、くすくす笑ってしまいました。本当に面白い場面です。
塩原でお客として芸者の彼女を指名したお話しは素晴らしいですね。これも絶対映画のシーンになります。そして混浴も。本当に健さんの人生は羨ましいです。
佳代子さんの母親が朝鮮人、花江さんも朝鮮人だそうですね。ご縁がありますね。私も学生時代にソウルで韓国人女学生に惚れたことを思い出しました。
さおりさんとのチャチャチャ、これは正にこの映画のハイライトです。
格好いいです!本当に格好いいです。白いスーツで踊るというより、日劇一流のダンサーを踊らせる健さん。正に人生の華ですね。健さんの人生は映画化してほしいです。そして主役のジョン・トラボルタに白いスーツでチャチャチャを踊らせてみたいですね。私もキューバン・ルンバだけ踊れますが、こういう格好良い場面は無かったですね。嗚呼ため息が尽きません。
女性関係以外でも、御仕事の面で、英語で啖呵を切って会社を去るとか、カッコ良すぎます。しかしこれも英語の実力あってのこと、さすが県鎌だと思います。この健さんの人生に夢中にならない男性はいないと思います。なぜなら会社人生、女性遍歴・・世の男性の夢を、健さんは次々と現実のものにしていったからです。
私の人生も、そこそこ出世し、語れば驚くようなことも沢山ありました。しかし、この私の武勇伝(?)も、社内でしか通用しません。世の中全般には通用しません。大企業の中を上手く泳いで偉くなっただけなのです。それに比べたら健さんの人生は、誰が見ても、波瀾万丈、血湧き肉躍るのです。
そして、さらにすごいのはこの忙しさの傍ら、大東亜戦争を研究し、厖大な書籍を渉猟し、大著「大東亜戦争はアメリカが悪い」を上梓された事です。
常人の三人分の人生を歩んで来られた健さんに、心底憧れ、敬意を表します。
「大東亜戦争はアメリカが悪い」は、読後感動し、感想文を書き送ったような記憶があります。もし記憶通りであれば感想文は三通目ですね。同書は私に取って歴史観の背骨になっており、今でも我が書斎の一等地に厳然と聳えております。
同書を上梓された直後でしたか、靖国会館で講演をされたのではなかったでしょうか。私はそれを直接拝聴したような記憶もあります。
いずれにせよ、今後も大東亜戦争を世界に広めて行こうとされるそのご姿勢・情熱には感動し感激します。でも女性に対しても今でも情熱を燃やし、モテている健さん、我が人生の理想です。
ますますの御活躍を祈るばかりです。
ところで私は現在二書を執筆中です。一書は、青林堂から「日本乗っ取りはまず地方から 自治基本条例の恐怖」四年前に上梓したこの本が売り切れました。出版社から増補版を出したいとの申し出で、この際全面的に書き換えることになりました。今ねじり鉢巻きで執筆中です。
今一書は展転社から、題名未定ですが、皇室関係の気楽なエッセイです。あちこちの講演会で話したことをまとめて一書にするつもりです。できあがりましたら贈呈いたします。
お健やかに御越年されますよう。お祈り申し上げます。
平成二十九年十二月十一日                    敬具
追伸 「えんだんじ」は炎男児とは思いませんでした。艶男児だと思っておりました。両方OKですね。                    
引用終了

来年の建国記念日、2月11日(祝・日)に第三十四回「紀元節奉祝式典」が開催されます。詳細は以下の通りです。
「日 時」平成30年2月11日(祝・日)
     午後3時3十分開場 16時~18時
「会 場」星稜会館
     〒100-0014
     千代田区永田町2-16-2、電話:03-3581-5650
     (会場への交通機関)
     東京メトロ有楽町線・半蔵門線「永田町駅」徒歩3分 
     東京メトロ千代田線「国会議事堂前駅」徒歩5分
     東京メトロ南北線「溜池山王駅」徒歩5分
     東京メトロ丸の内線「赤坂見附駅」徒歩7分
「紀元節祭」
  神武天皇即位建都の大詔奉読・舞奉納紀元節の歌奉唄他
「記念講演」
  村田春樹先生(今さら聞けない皇室研究会顧問)
  (四大節復活の狼煙を上げろ)
「参加費」
千円(学生無料)
「主 催」
紀元節奉祝式典実行委員会
〒101-0051 千代田区神田神保町2-46-402 展転社内
電話 03-5314-9470
以上。
私も出席しますので、皆さんも時間のある方はぜひ参加してください。よろしくお願いします。

コメント

小説「戦後昭和の女性たち」(4)



保守言論界で活躍されている村田春樹さんより読後コメントをいただきましたので、全文を公開させていただきます。
引用開始
錦秋の候、ますますご清祥の事とお慶び申し上げます。
過日はご著書「戦後昭和の女性たち」をご恵贈くださり、洵にありがとうございました。
落手同時に一気呵成に読了しました。すぐに感想を書き送りたかったのですが超多忙を極めており、遅くなってしまい失礼いたしました。
本書はエンタメ本としてとにかく面白いです。鈴木さまの文章力には感心いたします。週刊新潮の黒い履歴書などより遥かに素晴らしい文章です。しかし何よりも驚いたのは、自らのご経験を小説という形で世に問う、というアイデアです。
男は(女も)自分の恋愛体験を語りたくてしかたがないのですが、何かと支障があり、語れぬままに終わってしまうのが常だと思います。しかし小説というかたちで残す!この手があったか!小膝を叩きました。しかし考えてみれば、古今の小説家は皆そうやって自らの経験を小説にして来たわけであり、珍しくもないわけです。しかし、今回は、謦咳に接し、私淑する鈴木様がこの手を使われたことに驚きました。とても羨ましいです。
鈴木様は、女性を幸せにする本当の遊び人であり、だれにも後ろ指さされず、別れ際がきれいで、まさに尊敬すべき粋なプレイボーイです。いずれにせよ、モテてモテてモテまくった鈴木様の人生。そして何よりも鈴木様が女性を幸せしてこられ、決して泣かせていないところが、素晴らしいと感心いたします。男ならかくあるべし。このご本は友人に勧めています。そのためいつも持って歩いています。
私も鈴木様に遥かに及びませんが、女性経験はいささかあります。しかし鈴木様と私とは決定的な違いがあります。私の場合はすべて相手は素人なのです。私は酒は飲めないし、キャバレーもバーもスナックも行ったことは殆どありません。素人に手をつけたことを小説にしても、陰惨なものになってしまいます 。
第一、素人との関係は別れるときに相手を傷つけます。私のような素人専門は、昔ならば色魔として後ろ指さされたことでしょう。(今でもそうかも)
個別の感想です。
綾子  ペニスのおならには笑ってしまいました。
幸子  比較的最近の話題ですね。ひょっとすると鈴木さまの彼女ではないのかも、想像上の人物としたらよくできている。家族観女性観等考えさせられる。
お松  まさに鈴木様の体験談、川端康成の「雪国」を彷彿とする。
青木は鈴木様の分身、興味深い。
みみたぶを噛む、うらやましいです。
栄子の時代描写が良いですね。
佳代子  良い想い出ですね。ハリウッド映画を観るようです。羨ましい限りです。
天国での女性体験  これは読み直しました。実に奇想天外、この手があったか!
私は二年前に『三島由紀夫が生きた時代』を上梓しましたが、執筆時に当時の自分の日記を克明に読み返しました。そしてその頃の彼女達に再会したいと思いました。しかし既に老婆になっているはず。天国で会うしかありませんね。
というわけで、本書は実に面白く、羨ましく、きれいに遊んだ数々の女性を幸せにしてこられた鈴木様ならではの佳品だと思います。遅くなりましたが、あらためてお礼申し上げます。ますますのご活躍ご健筆をお祈り申し上げます。
引用終了


前週のブログへの御注意:
前週は「すばらしい専業主婦、佐藤亮子さん」を書きましたが、私が賞賛するのは、自分の四人の子供に高等教育を授けるために専業主婦を選んで邁進する佐藤亮子さんを褒めあげていることで、何も東大という大学を称賛しているわけではありません

コメント

素晴らしい専業主婦、佐藤亮子さん



私の住むマンションでは毎月一回、月刊マンション生活情報誌、月刊ウェンディ「Wendy」
が無料配布されます。毎月発行される度に第一面が「Ms Wendy in this month」で一人の女性が上半身の写真と共にその女性の紹介記事が載せられます。今回の記事も大きな見出しで、こう書いてあります。
「こども四人全員を東大理三に合格させた。テレビはリビングから撤去
 専業主婦 佐藤亮子さん」
私は今年79歳の爺さんです。だから昔の良妻賢母の話にはあまり驚くことはありません。佐藤さんの写真を見れば、決して美人ではないが、素敵で魅力的な笑顔で、まだ若い。東大理三をネットで調べてみると、東大の試験には東大理一、東大理二、東大理三あってどれも難しいが理三がとびきり難しい。2016年の理三の合格最低点は、388点、理一の合格者平均点358点、理二は341点。理一の合格者の上位半分でも、理三には太刀打ちできません。理三は定員が100名ですから、日本の理系のトップ100人が入学できるというプレミアムシートと言ってよいでしょう。いわずと知れた日本最高峰の試験の現場の一つと言える。その理三に自分の子供、四人全員(三人の男の子と一人娘)を入学させたというのだから、この佐藤亮子さんという母親はたいしたものだと思います。彼女は津田塾大卒業後、英語教師として2年間教壇に立ち、弁護士の御主人と結婚、退職し専業主婦。
彼女の発言を拾ってみると、
1.彼女の両親はすごく本が好きな人で、新聞は三紙、雑誌は文芸春秋や週刊朝日などがずらっと並んでいた。父はこどもにはテレビを見せない方針で、小さいころはよく絵本を読み聞かせてくれました。

2.両親のサポートがなければ、とても四人の子育てと受験を乗り切ることはできなかったと本当に感謝しています。彼女と両親とは同居していません。それだけに両親は大変だったと思います。

3.子供に指示を出すときには具体的に数字で言うのが鉄則。勉強でも「ちゃんとやりなさい」では曖昧で、言われた方がこまります。子どもは一方的に怒られたと思うだけ。でも「●ページから●ページまでを●時までにやりなさい」と具体的に言えば分かります。

4.反抗期の話は本当によく聞きますし大変だと思います。でも私は、種さえまかなければ、反抗期はなくて済むのではないかと思っています。

5.子育てに関しては「私が100で主人がゼロ」を貫きました。

6.私は比較しない。「兄弟を比較しない、他人と比べない。」と決め、腹をくくっていましたから、子どもたちが通知表を持って帰ってきても「ハイお疲れさま」で終わりにして、成績については一切コメントしないことにしていました。

7.子どもが12歳になるまでは「子供が家にいる間はスマホを使わない」と決めて家の中からスマホの存在を消します。
等々その他にも有効な彼女の意見が書かれ、また冷蔵庫のドアにいくつものストップウォッチがはりつけた写真があった。勉強時間やご飯の食べる時間もはかっていたのだ。
彼女は自分の四人の子育てをいずれは自費出版しようと日記を書いていた。子育てが終わったころ、たまたまひょんなことからこの子育て記録が出版され、評判も良くテレビに出演したり講演することにもなった。このブログの読者の中にも佐藤亮子さんを知っておられる方もいるでしょう。私の女房も彼女の名前は知らなかったが、一専業主婦が自分の子供四人全員東大に入学させていたことは知っていました。

現在の若者は、若い女性の専業主婦を嫌っているようで、また多少小馬鹿にしたようなところがあります。若い結婚女性を無理やり働かせるように奨励しているみたいです。しかし子供の教育という点で専業主婦は非常に重要な存在です。現在安倍内閣は、子供への教育にこれまで以上に大量の税金を使おうとしているが、両親が自分の孫の面倒を見てくれる人にある程度の資金を提供することも一つの良い政策ではないでしょうか。親が元気なうちは、孫の面倒みてやる。するといくらかの現金が入る。それによって現在、家族関係の絆が弱くなっている絆を強めることができます。両親が元気なうちに孫の面倒をみてもらおうと結婚年齢が若返る、それによって若夫婦の子だからが増える傾向になり、人口減少化に歯止めにも役立つでしょう。自分の孫の面倒をみてくれる親に政府がお金を払う政策も良いのではないでしょうか?専業主婦も子供の中卒、あるいは高卒をもって子育てが終わり、自分も仕事に復帰できるのです。人生100年の時代、いまは人生が長いのです。佐藤亮子さんも、今後どう活躍していくのか楽しみです。



コメント

私の講演案内



下記の通り私の講演が行われます。
「講演会のご案内」
日時:11月26日(日)午後2時~4時半(開場1時半)
場所:町田市民ホール1F 第3会議室
演題:「人種差別と日本への移民問題」
講師:鈴木敏明氏
   昭和13年神奈川県生まれ、神奈川県立鎌倉高校卒業。外資系5社を渡り歩き定年。
   定年後、著作・講演などの活動を行っている。また、「えんだんじのブログ」は、歴史、時事評論、人生相談など多義にわたるテーマを面白く記述し、人気ブログとして10年目を迎えている。
著書:「大東亜戦争は、アメリカが悪い。」
  :「原爆正当化のアメリカと従軍慰安婦謝罪の日本」
  :「逆境に生きた日本人」
  :「保守知識人を断罪すー(つくる会)苦闘の歴史」
  :「The USA is responsible for the Pacific War」
  :「えんだんじー戦後昭和の一匹狼」
  :「戦後昭和の女性たち」
懇親会のお知らせ:
お気軽に参加して交友を広めてください。
時間: 1700-18:30
会費: 2,500円
場所: 町田市民ホール1Fレストラン

主宰:日本の明日を考える会・町田
講演参加会費:千円
お問い合わせ:080-6810-7685(倉橋)
以上。

皆様、お時間がございましたら、ぜひご参加ください。

Comments (2)

« Previous entries 次ページへ » 次ページへ »