Archive for 3月, 2016

日本国民に問う。



サッカー女子の北朝鮮代表メンバーらが2月25日に来日した。大阪市で2月29日に開幕するリオデジャネイロ五輪アジア最終予選に出場するためだった。日本政府は北朝鮮の核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を受け、日本独自の制裁の一つとして北朝鮮籍保有者の入国を原則禁止したが、サッカー女子の北朝鮮代表については例外として認めたのだ。日本独自の制裁政策を発表してからまだ間もないのに早くも例外を出しているのです。日本民族はおめでたいから、オリンピックのような国際スポーツに政治色に絡ませることを嫌う。まるでバカの一つ覚えのようだ。オリンピックと言えば、そんなにきれいなことばかりなのでしょうか。日本政府が北朝鮮の制裁を盾にサッカーチームの来日を拒否したら、日本対北朝鮮の試合が成立せず、日本はリオデジャネイロ オリンピックのサッカーの出場権を失うかもしれません。それがどうしたというのだ。それはしかたのないことなのではないでしょうか。いままでの日本政府は、何度も制裁を発表していますが、まるで「制裁ごっこ」の遊びをしているみたいです。例えオリンピック参加種目の一つを失っても、一度制裁を発表すれば、その制裁を実行するのが当然なのです。ところが私が驚き、怒りを感じたのは、日本国民から「北朝鮮の選手を日本に入れるな」などの声が何一つあがらなかったことだ。私は日本国民に叱責する、「一体、あなたがたは、日本に対して不埒なことをする国家と戦う気があるのか、サッカ―一つぐらい出場権を失うくらいで何が日本に困ることがあるのだ。しっかりしろ腰抜けめ。」と言いたい。

如何に国民全体が北朝鮮と戦う気力がなくなってしまっているか他の実例をあげましょう。平成28年3月4日の産経新聞の記事です。
「朝鮮学校への補助金を平成28年度当初予算案に計上した自治体が全国で127に上り。総額で3億円を上回ることが3日、産経新聞の取材でわかった。朝鮮学校への補助金支出をとりやめる自治体が相次ぐ中、文科省は北朝鮮の核実験などを踏まえ各自治体に支出の妥当性を確認するよう求める通知発出を検討しており、支出をつづける自治体の判断が問われそうだ。文科省によると、26年度に朝鮮学校に補助金を支出した自治体は18都道府県と114市区長、支出実績は計約3億7200万円だったことも判明した。」(以下略)

補助金を計上した自治体の支払い理由のほとんどが「朝鮮学校の子供には罪がない」のいいわけです。さらにあげれば「国際情勢とは関係ない」という理由だ。ヨーロッパに流れてくる難民には幼児や子供がいる。幼児、子供には関係ないとヨーロッパ諸国は彼らを特別扱いしているとでもいうのか。

私の地元、神奈川県の黒岩知事は、直接朝鮮学校に補助金を支給すると県民から文句が出るからでしょう、直接朝鮮学校に支給せず子供の保護者に直接振り込む方法をとった。ところが昨年11月の補助金振込み直後から学校側から子供の保護者に補助金納付をせまる電話がかかってくるようになったのだ。その後に書類も各家庭におくられてきた。結局ほとんどの家庭が寄付の形で学校側に支払っているのだ。こうした状況にもかかわらず、黒岩知事は、北朝鮮による1月の核実験、2月の弾道ミサイル発射後も、子供たちに罪はない。北朝鮮
の問題と朝鮮学校の補助金はリンクさせないとして、平成28年度予算案にも県内五校の朝鮮学校への学費補助金約5300万円をもりこんだ。(平成28年2月26日産経新聞)

黒岩は元フジテレビアナウンサーだ、こういうメディア系知事、左翼系議員、左翼系知識人は、みな親北朝鮮派だ。私は今度なんらかの事情で黒岩と出合うようなことがあったら彼の顔面につばを吐きかけてやりたいくらいです。そういうことでもしないと私の怒りの虫がおさまりません。

最後に拉致家族の方々に苦言を呈したい。皆さんは肉親の方を拉致され何十年と苦労されているのに、苦言を呈したりして大変失礼なことをして申し訳ないと思っています。一つだけお聞きしたい。あなた方は、北朝鮮サッカーチームの来日受け入れになぜ反対しなかったのでしょうか。日本政府が、北朝鮮のサッカーチームの来日を拒否すれば、世界中の政治に興味を示さない人々にも拉致問題を十分に宣伝できますよ。私にはなぜ沈黙していたのかわかりません。私はあなたがたが、あまりにも政治的な発言がなさすぎると思っています。北朝鮮の拉致事件は、せんじつめれば日本の国防問題です。あなたがたは日本に十分な軍事力があればとの思いは大変強いと思います。現在の日本の安保法の強化問題でもあなた方は賛成だと思います。なぜあなたがたは、野党、メディア、反日知識人らを批判しないのですか。「まともな事を主張しても国際的に通用しなければ、すぐに軍隊を派遣して拉致された家族救出作戦ができるよう憲法を改正してくれ」となぜ言えないのでしょうか。日本政府から支援金などのようなお金をもらっているから言えないのでしょうか。あなたがたは、日本の防衛上の問題について、日本の弱点をよく知っている人たちです。もっと野党、マスコミや反日日本人など徹底して批判して、おめでたい日本人に活をいれてくれたらと常日頃思っている次第です。
「現在の日本民族は、日本史上最低のいくじのない民族になりはてている。」と思うのは私だけでしょうか。

Comments (3)

「えんだんじのブログ」のアクセス数



今から3,4年前、私のブログ管理人(仙台在住)に「私のブログの年間アクセスは、どのくらいですか」と聞いたところ、返事は「年間アクセス大体8万4、5千」ということだった。私は、まだ10万にもいかないのかという感じで、でもたまに人から「年間アクセスは、どのくらい?」と聞かれれば10万ぐらいと答えていました。去年一年間でもう10万に達しただろうと思い、管理人に聞いたところ「訪問者数だけでも年間10万を超えています。」という返事をもらい、去年一年間の正確なアクセス数が送られてきました。詳細な数字は下記のとおりです。
時期(年月)     訪問者数     ページビュー
2015年1月    14、141   35,245
     2月    10,844   27,220
     3月    10,300   26、801
     4月     9,819   25,909
     5月    10,977   32,833
     6月    10,726   30,742
     7月    11,348   32,831
     8月    15,557   38,328
     9月    11,320   33,871
    10月    11,598   36,715
    11月    11,021   32,418
    12月    10,860   33,962
    合計    138,651(人)386,875(人)
(上記の数字は、管理人から提供された数字を公表したもので、数字に関する質問には、私は答えることができないことをご承知おきください)

私の現在のブログを開設したのが平成20年10月です。最初の一年間は、毎週土曜にブログを書き、すなわち月4回書いていましたが、一年後から二週間に一回、毎月二回最低書き続けています。月三回書くときもありますが、月に一回しか書かない時はありません。訪問者というのは、私のブログの常連読者です。私がブログを書くと必ず読んでくれるような読者です。その訪問者が毎月一万人台で年間138,651人です。ページビューと言うのは訪問者数プラス不特定多数の読者です。毎月私のブログを必ず読んでいるわけではないが、突然私のブログを読んだり、あるいは私のブログのあちこちを読み漁るような、いわゆる不特定多数の読者です。毎月3万人(訪問者数を含む)ばかりいます。その人たちを入れた合計のアクセスは、去年一年間で386,875人です。

昨年9月に私の自伝的小説、「えんだんじ・戦後昭和の一匹狼」を出版しました。私は随分苦労したが、決して自分が強運の持ち主だと思ったことはない、どちらかと言えば不運だった。特に結婚して子供3人まで設けて離婚せざるを得なかった時、私は天に向かって、「俺は貧乏人で離婚などしている余裕はない。一体俺のどこが悪かったというのだ?」と毒づいたくらいだ。ところが定年後は、私は実に運が良い。強運と言ってもいい。いままで縁もゆかりもない人たちが、私のためにひと肌ぬいでくれる人が多いのです。「えんだんじのブログ」もそうです。きっかけは、12年前の碧天舎、「大東亜戦争は、アメリカが悪い」の出版社の倒産だった。碧天舎倒産で被害を受けた人たちが、ミクシー内に被害者団体を立ち上げた。その主役は女性計理士の方だった。ミクシーに入会するよう私にも呼びかけがかかった。当時私はミクシーという名前だけは知っていたが、中身はかいもく何も知らなかった。彼女の推薦で私もミクシーの会員になった。当時ミクシーの会員になるには推薦者が必要だった。ミクシーは、当時日本のSNSで最大だった、また当時絶頂期だった。私は会員になって日記を書きまくった。そしてミクシーの友達も沢山できた。仙台在住のミクシーの友達が、「鈴木さんの日記は、ミクシーではもったいない。ブログを自分で開いて書いた方がいい」と言ってくれました。「実はブログという言葉は知っているが、それ以外のことは全く何も知らない。」といったところ、彼が開設してくれたのが、誰でも無料で使えるブログのうち「FC2」というブログでした。

「FC2」のブログでブログを書き始めた。自分でブログを書くと他人のブログが気になり他人のブログを読み始めた。その中に西尾先生のブログ、「西尾幹二のインターネット日録」を見た。「FC2」と違って西尾先生独自のブログです。私も自分独自のブログが欲しくなって、仙台に管理人に言ったところ、私独自のブログを作ってくれました。それが「WordP
ress」の「えんだんじのブログ」です。無論、有料ですが、「そんなに費用かかりません」と言っていまだに管理人は私に請求してくれません。
ブログ記事の載せ方、記事の訂正、削除の仕方、読者のコメントの公開の仕方、返事の書き方などのマニュアルを彼は作ってくれたのです。このブログを開いたのは、8年前の平成20年の10月。今年で8年目。ブロガーとしてのアクセス数は、決して恥ずかしいものでないと思っています。勿論有名人のブログのアクセス数は、桁外れに大きいでしょう。しかし私は、無学、無名、これといった経歴なしの一介のしがない定年サラリーマン、8年書き続けて得たアクセス数が少なくても自慢したい。去年初めて私のブログ管理人に会いに仙台に行き、親交を深めてきました。私より二回りも若い御役人です。私のブログがここまで続いたのも管理人のお蔭です。心から御礼申しあげます。「有難うございました。これからもよろしくお願いいたします。」

私は自分独自のブログを持ちましたが、ミクシーの会員を続け、ミクシーからでも自分のブログにつながるようにしていました。ところが自分独自のブログをもったころ、ミクシーの会員がどっと減り続けました。アメリカのSNS、フェイスブックが日本のSNS、ミクシーにとってかわって超人気になったのです。多くのミクシー会員がフェイスブックに移っていった。そのことが私のブログの読者の増減に影響したかどうかを見たが、結局年を経るごとに読者数が少しずつ増えているのでミクシーからフェイスブックの転向では読者数の影響はほとんどなかったとみています。ミクシーの友達は、ミクシーを去っても私のブログを読み続けてくれたのでしょう。三、四カ月前ぐらいに、私のブログの読者を増やそうと、私はミクシーの会員のままフェイスブックの会員になってみました。文章は一切書かず、ブログの公開だけをしてみました。加入したばかかりでフェイスブックの要領がよくわからないのと、ブログの公開だけのせいか、何日間投稿がありませんなどとフェイスブックから指摘されるので、会員の自由性がないと思い会員登録を削除してしまいました。そんなわけで今後も私のブログのフェイスブックへの転載よろしくお願いいたします。

私は、「えんだんじのブログ」を100歳になるまで書き続けるつもりです。100歳になる頃には、アクセス数は膨大になっているでしょう。私のブログを沢山の日本人が読めば、それだけ日本国家のためになると信じているからです。今年78歳になり体力的には確かに衰えてきましたが、闘争心の衰えは微塵もありません。100歳になるまでにはまだ20年以上あります。そこでとりあえずあと二年でブログ開設以来10年目を迎えます。その10年目のアクセスがどのくらい増えているのかを見るのを楽しみしています。












Comments (2)