Archive for 2月, 2018

日本民族の二大欠陥



一。日本人は、日本語が大嫌い
私のような年寄に言わせると、現在はカタカナ語の大氾濫の時代です。一時総理大臣を経験した小泉純一郎氏が厚生大臣の時、福祉や介護関係の役所用語が訳の分からないカタカナ外来語ばかりに驚き、これでは現場の職員もサービスを受ける側も充分理解できないではないかといって、省内に用語適正化委員会を発足させ、なるべく分かり易い日本語に改めるよう指示したことを覚えている人がいるでしょうか。その時やり玉に上がったのがノーマライゼイション、ターミナル・ケア、ウエル・エイジング・ソサイアティーなどです。
これらの言葉が今現在どのような日本語が使われているのか、あるいはそのまま外来語が使われているのか私は知りません。いまから50年前、私が20代の頃よく利用した職安(職業安定所)が10年前あるいはもっとまえ15年前ぐらいからハローワークと言う言葉が使われた。職安、あるいは職業安定所という立派な、落ち度などなにもない立派な日本語が、なぜ「ハローワーク」などというふざけた言葉になったのかいまだに説明もありません。それどころかこのハローワークなる言葉が完全に日常語化され、職安、職業安定所などもうほとんど死語化したも同然になってしまった。ほとんど死語化した日本語がいくらでもある。最近私は幼児の子育てをしている女性に、「あせ知らずを使ったら」と言ったら、「あせ知らずって何?」と聞くではないか。ベビーパウダーなら知っていたのだ。メーカーも英語読みにした方がかっこいいと考えているのだ。カタカナ用語は大氾濫しつづけ、コンシェルジェ、トレイン・アテンダント、サービスプロバイダー、コンプライアンス、等等。なぜここまでカタカナ語が氾濫するのか。それはもう日本国民が完全に「日本語はダサい」、「垢抜けしない」、「野暮ったい感じがする」、「夢がない」ないなど、最近の会社名などカタカナ一本やり、作っている製品もカタカナ名ばやり、日本語では人は集まらない、品物が売れないときているのだ。とにかく日本人のように自国語を嫌う民族は世界中どこにも存在しません。その原因はなにか。西洋の“物まね”がいまだに時流中の時流だからなのだ。
バレンタインデイーのチョコレートの売り上げは、今では完全に全国的に毎シーズン売り上げに貢献し、今ではハローインパーティの仮装行列が全国化しつつある。さらにびっくりするのはLGTBという言葉です。

今ではまだLGTBの言葉の詳細を知らない人がいますので説明します。女性同性愛(Lesbian)、男性同性愛(Gay)、同性愛(Bisexual)、性同一性障害を含む肉体と精神の性別が一致しない(トランスジェンダー)の頭文字の組み合わせをそのまま、エルジーティービーと読んでいます。日本人得意の英語の日本語化を使わずに今では即座に理解するようになってそのままLGTBと使っているのだ。日本人の英語力の進歩の一端でしょうか?日本人には昔から、自国の日本語を自慢するより嫌ってきた伝統があります。皆さんご存知のように明治の初代文部大臣、森有礼は、日本語を廃止して英語を国語に採用しようと提案しています。大東亜戦争で大敗北し、敗戦後の混乱期に文学者志賀直哉は、日本語の非能率のせいで、日本は愚かな戦争をした挙句惨めな状態に陥ったのだから、この際思い切って色々と問題の多い日本語を捨てて、世界一美しいと言われるフランス語を国語にしなければ日本に未来はないと、まじめに提案していたのだ。これなど「たかが小説家が偉そうなことぬかすな」の一言ですますこともできるが、戦前戦後を通して長く衆議院議員を務め、「憲政の神様」とまで言われた尾崎行雄(咢堂)は、戦後文部大臣を務めていながら、
「日本を真の民主主義国家にするためには漢字を廃止するだけではなく、『日本語と言う幽霊』を退治しなければだめだ」と主張続けたことで有名だと言うのです。私は今回初めてそのことを知ったが、何が憲政の神様だと言うのだ。憲政の神様に値する男ではありません。
明治時代に入ってどっと西洋文明が日本に流れ込んできた。漢字にはない沢山の欧米の語彙を明治の先人たちが一生懸命日本の漢字を当てはめて作った新漢字がおよそ300語、清国からの留学生がこれらの新漢字を逆輸入して清国で使われるようになったのです。こうした明治の先人たちの努力のお蔭で日本は、欧米文明、文化を学び、吸収することができた。今では言葉のハンディで日本が欧米の文明文化の吸収に遅れをとっていないことは、日本国民にとって明白な事実です。それにもかかわらず、小淵恵三内閣の時、彼の私的懇談会が「英語第二公用語」論を発表したのだ。そしてとうとう現在では英語が小学生から強制的に学ばそうとし、そのために巨額の税金が投じられることになった。
カタカナ語の大氾濫、日本在住の外国人の大増加などで英語が第二公用語になるのは時間の問題になってきた。日本語嫌いの日本人には大喜びの事でしょう。

最後に、現行日本憲法の原文は英語ですよ。終戦直後GHQ(アメリカ占領軍)が自分たちの作った憲法を日本人に強制的に押し付けたからです。日本独立後70年以上も過ぎた今でもそのまま使い続けているのだ。現代日本人には、もう日本人意識が何もないのだ。愛国心のない日本人に、日本人意識があるはずがない。

二。日本人は、自分の出世のために祖国をこき下ろす
日本人の最初の日本人毛嫌いは、日本人の容姿からでした。幕末明治になって沢山の欧米人が日本国内で見られるようになった。日本人が驚いたのは彼らの体躯容姿が立派であることだった。日本人の中には、自分たちの「醜く貧弱で見劣りする体」を、西洋人のように立派にしなければだめだ、西洋に負けてしまうと真剣に考え人種改良論を主張する人達もうまれた。その一人が明治初期の大物政治家で北海道開発長官、黒田清隆です。彼は何かにつけて日本人の体格が西洋人と比べて見劣りすることを嘆き、これからの若い者は出来るだけ西洋人と結婚して混血を増やし、日本人の体格を西洋人なみに近づけねばと主張していた。
大正元年、パリ留学から帰国した詩人、高村光太郎は「根つけの国」というタイトルでこういう詩を書いているのだ。
「頬骨が出て、唇が厚くて、目が三角で、各人三五郎の彫った根つけの様な顔をして、魂を抜かれたようにぽかんとして、自分を知らない、こせこせした、命のやすい。見栄坊な、小さく固まって、納まり返った、猿の様な、狐のような、ももんがあの様な、だぼはぜの様な、めだかの様な、鬼瓦の様な、茶碗のかけらの様な日本人」
この詩の正確な意味は、私には分かりませんが、日本人の容姿をけなしていることは確かです。高村光太郎といえば、有名な詩人だ、よくもこんな詩が書けたものだ。
昭和44年、東京オリンピックの5年後、当時アルゼンチン大使の河崎一郎氏が、英語で「Japan Unmasked」という本を出版した。これは直ぐ「素顔の日本」(二見書房)として日本語訳が出た、日本の読者アッと言わせた酷い本だった。河崎大使は、その本に
「世界の人種の中で日本人は、おそらくホッテントットとピグミーを除けば、身体的魅力の点で、もっとも劣っていると思われる人種だ」と書いているのだ。これ以外でも日本人をけなす文章を書いたのが、国会でも問題になり、彼は大使を首になったのだ。
これはまだ日本人が日本人の容姿の醜さを嘆いているのだからまだかわいいほうです。こが日本人がやってもしない大残虐行為をやったという噓を書いた本が続発した。それで有名になったのがいわゆる「従軍慰安婦」事件(吉田清治/朝日新聞)と「南京大虐殺事件」(本多勝一/朝日新聞)です。この二つの事件はあまりにも有名で保守陣営の人たち誰も知っていますので詳細は、省きます。うそを書いて日本及び日本人をこき下ろす本は戦後直後からかなり書かれています。私の調べを列挙して要約します。
(1)吉田満著「戦艦大和ノ最期」創元社、昭和27年。
吉田満は、戦艦「大和」に乗り組み、九死に一生を得た人。吉田は「大和」乗組員の残虐行為を本に書いたが、生き残りの乗組員に否定され、訂正されずに吉田は死んでしまった。

(2)沖縄タイムス記者、太田良博と牧港篤三「沖縄戦記―鉄の暴風」沖縄タイムス、昭和25年。この本で沖縄の集団自決が日本軍の命令であったと記したことが大問題になった。曽野綾子氏は、「それは、軍命令であったことにしておかないと、島民で死んだ人達の遺族に年金がおりなかったのだ。」と主張しています。渡嘉敷島で集団自殺して命を落とされた人々の遺族にとって、赤松元隊長は、命の恩人にも匹敵する人であったが、それが渡嘉敷島島民ばかりでなく、全沖縄島民から極悪人よばわりされるようなった原因は、この「鉄の暴風」の二人の記者が、伝聞で書いたか、或は勝手に嘘を書いて創作してしまったからです。
「米軍上陸前日、軍は忠魂碑前の広場に住民を集め、玉砕を命じた」、「村長初め役場職員、学校教員の一部やその家族は、ほとんど各自の壕で手榴弾を抱いて自決した」とそのまま記載されています。この本の初版は昭和25年です。この時期米占領軍による検閲制度があった時代。著者は米政府や米軍を表立って批判、非難できないのはわかる。だからといって噓までかいて日本を貶めるとは何事かというのだ。

(3)東史郎「わが南京プラトーン」青木書店、昭和62年。
プラトーンというタイトルは、当時ヴェトナム戦争を描いたアメリカの戦争映画「プラトーン」が上映され、その映画のタイトルを借用したもの。東の所属する部隊が南京場内の警備を命じられ移動中に、一人のシナ人が捕まえられ、筆紙に書くにはあまりにも酷い残虐行為を与えた。その命令をだしたのがH伍長と実名をだした。著者の東は、H伍長は死んだと思っていたのでしょう。H氏は、平成5年、東や出版社等を名誉棄損で東京地裁に提訴した。提訴された東は裁判に負け、東は新たに弁護団を結成し、東京高裁に控訴。
平成8年9月から公判が開始された。著者の東は証拠集めと称して南京を訪れ、南京虐殺館が彼に協力、この頃には東の名前はシナ全土に知れ渡り、シナ人の間で一番有名な日本人になっていた。平成11年3月、「わが南京プラトーン」は豪華な装丁でシナ語版出版され、4月には東とその弁護団は訪中し、北京や南京のテレビに出演、日本政府と裁判所批判をくりかえしていた。最高裁の判決は、東と青木書店の敗訴と決定。この裁判で勝訴した高池勝彦弁護士は、シナから「歴史を歪曲する右翼」と名指しされ、批判されたあげく、顔写真は瀋陽の抗日記念館に展示された。高池弁護士は、現在では「新しい歴史教科書をつくる会」の会長でもあります。平成18年1月東は大腸がんのため死去、93歳。この時シナ政府から哀悼の意が示された。

4.丸木位里、俊夫夫妻「南京大虐殺の図」
丸木夫妻は、反戦画家として知られています。夫妻共同で描いた代表作、「原爆の図」は有名で、埼玉県、東松山市の丸木美術館で「原爆の図」は、常時展示されています。常時展示されている夫妻の絵の中に「南京大虐殺の図」があります。」この絵の完成は、昭和50年です。それから22年後の平成6年8月17日の日本経済新聞に小さな見出しつきで次のような記事が載っていた。まず見出しは、
『「南京大虐殺の図」巡り論争、写真では中国兵が処刑(徳島の研究家)、蛮行を訴えるのが目的(反戦画家の丸木さん)』。その記事は次の通りです。
「反戦画家として知られる丸木位里、俊夫夫妻の作品『南京大虐殺の図』をめぐり、徳島県小松市の戦時教育研究家茶園義男さん(70)が自分の持っている絵の構図と良くにた写真では中国軍保安隊員が中国人を処刑しているのに、丸木作品では日本兵が処刑となっている。」と指摘している。
丸木俊さんはこの写真をモチーフにしたことは認めたが「作品の意図は旧日本軍の蛮行を訴えることで戦争を否定することにあり指摘は検討違い」と反論している。
「南京大虐殺事件」は日本、シナ間で論争の的になっています。日本政府は、南京大虐殺はあったが被害者数は、まったく不明の立場です。一方日本の保守陣営は、南京第虐殺は全くなく、単なる捏造に過ぎないとの立場です。それを丸木夫妻は、シナ政府の主張を自ら証明することもなく勝手に彼らの主張を認め、しかもその証明のために中国軍保安隊員が中国人を処刑している写真を日本軍が中国人を処刑している絵に変えているのだ。絵画では少しでも他人の筆がはいると贋作といわれ、相手にされないが、写真はその構図をかってに絵にかえても贋作にならないのだろうか。いずれにしても丸木夫妻は卑怯な手を使っているのだ。しかも驚くなかれ丸木夫妻は、ノーベル平和賞候補にも選ばれているのだ。丸木美術館のある東松山市の市当局に丸木夫妻の「南京大虐殺の図」を美術館から撤去するよう要求します。
このブログの作成にあたって二冊の参考文献を使用しています。一。「日本人は、なぜ日本を愛せないのか」(鈴木孝夫、新潮選書)。二。拙著「逆境に生きた日本人」(展転社)。





コメント

「談合」という日本の文化



今年の1月12日、成田空港の滑走路や東京のコンテナふ頭などの舗装工事の入札をめぐって大手道路舗装会社が談合を繰り返していたとして、公正取引委員会は独占禁止法にもとづいて合わせて8億円の課徴金を命じる方針をかためたと報じていた。産経新聞の1月16日の一面記事にリニア中央新幹線建設工事(総工費9兆円の巨大プロジェクト)をめぐってゼネコン大手4社(大林組、鹿島、大成建設、清水建設)による談合事件で、鹿島建設が社内調査の結果、不正な受注調整に関与していなかったと結論付け、独占禁止法の課徴金減免制度(リーニエンシー)に基づく違反の自主申告を行わない方針を固めたことが15日にわかった。課徴金減免制度(リーニエンシー)についての説明記事は以下のとおりです。
「企業が自ら関与した談合やカルテルについて、違反内容を公正取引委員会に自主的に報告した場合に課徴金が減免される制度。(寛大さ)を表する語源の英語から(リーニエンシー)と呼ばれる。公取委の調査開始前に最初に申告した会社は課徴金の全額免除だけでなく、刑事告発も免れる。先着順で5社までで、一番目は全額、2番目は50%、三番目以降は30%が減額される。」
これはアメとムチが明確で事実上の司法取引ともいわれるゆえんだ。

ここからは私の体験談を書きましょう。今から50年まえ、私が29歳の時、ニューヨークの株式市場に上場しているアメリカの一流建設会社F社の東京の調達事務所に入社した。当時世界中で石油化学プラントの建設需要で沸いていた。石油化学プラントだけでなく大規模プラントを建設しようとする顧客は、国際入札にかけてどこの建設会社に建設させるかを決めてゆきます。この時期日本の建設会社とアメリカの建設会社の応札方式が完全に違っていた。日本の建設会社は、このプラント建設に一括して5億ドル掛かると見積もればば、5億ドルと応札していた。この一括応札方式をランプサム(Lumpsum Price)と呼んだ。一方アメリカの建設会社は、実際の建設にかかった費用は全部請求しますが、その他に建設手数料を請求していた。要するに建設費用プラス手数料の二本だて見積書をだしていた。これをコストプラスフィー(Cost Plus Fee)と呼んでいた。
日本の会社の一括払い方式(ランプサム)では、欠点があった。建設期間が長いから当時5年から長くて10年。段々工場規模が大型化して建設が終わるまで期間が長くなっていた。そのため、世界的な原料、資材の値上がり、労賃の値上がりなどで一括方式(ランプサム)で契約すると赤字になる恐れがあった。アメリカの会社のように建設にかかった費用は全部請求し、その他に建設手数料を請求するほうが、損する機会が全然ないからです。プラント建設に必要な資材、機材、機器の買い付けに膨大な費用がかかります、アメリカの建設会社は、一番安い値段で買っていることを証明しなければなりません。それでは私が勤めていたアメリカのF社は、一大プラント建設請負の仕事を契約した時に行う東京調達事務所での大がかりな仕事をできるだけ簡潔に書いてみます。
F社がサウディアラビア向け(顧客アラムコ)の月産30万との石油精錬プラントを受注。すぐにContract No.(契約No.)1212などの必ず4桁の番号が割り当てられます。F社は世界中でプラント建設を行っているから、このいろいろの4桁の番号が必ずあたえられる。このContract No.をみればどのプロジェクトのことがすぐ分かる。本社から日本メーカーに出すべ無数の引合い書が送られてきます。ここで驚くべきことは、その引き合いの種類の多さです。皆さんビックリするかもしれません、石油精錬プラントに使う、ボルト、ナットの単独の引合書までが作られるのです。まるで精錬プラントをまるでノックダウンするように分割されて引き合い書が作られるのです。電線、変圧器、溶接した鉄骨、工作機械等々、こういう種々雑多な引合が来る。私はたまたまこういう雑多の製品の購買担当だったのだ。私が技術的なことには全く素人だったからです。その代わりやることは全く商社マンだった。メーカーの英文見積もり、英文書類の作成を手伝うことも多かった。アメリカ本社は、重要な機器からこういった部品感覚のような雑多の製品まで無数の引合をつくり、それを欧米、日本その他に送って国際入札し、そこから品質的に最高であり、価格的に最低の値段で買い付けていますよということを顧客に証明できます。そのため私の実体験でもF社は理由もないのに値引きなど絶対要求せず、どんな値段でも船済み後30日,全額現金払いです。
入札応募者は、入札書類の基づいて見積作成しますが、その見積りはすべてsealed bid(封印した見積書)で全部アメリカ本社に送られ、見積り提出の締め切りの翌日、一斉に公開されて見積書の評価が始まります。またその日までに日本メーカの見積書のコピーが私あてに送られてきます。見積書についての質問があれば東京事務所にテレックスで送られてきます。これによってF社が如何に公正に安く買っているかを顧客に示すことができた。F社が顧客に請求する費用の公正さは、購買金額だけではなかった。

私たち日本人スタッフもアメリカ人スタッフも全社員、毎週月曜日に先週のワークシート(work sheet)の提出を義務づけられた。月から金曜日まで毎日自分が働いた各プロジェクトの労働時間を書き込むことになっていた。例えば先にあげたアラムコのプロジェクトNo.1212は月曜日4時間、他のプロジェクト NO.では2時間、また他のプロジェクトNo.では2時間、計8時間、最終の金曜日までつけて5日間で40時間。残業があれば、プロジェクトNo.ごとに計5時間。合計45時間に自筆のサインを書いて提出です。各プロジェクトごとに建設が終わるまでの各事務所の労働時間数がわかります。
まだ他にもあります。コピー機が置いてあるコピー室には、現在作業中のプロジェクトNo.
が書いてあるシートがあります。アラムコのプロジェクトNo.1212用のコピー5枚とればコピーをとる日付けと枚数を書きこみます。その他にこういうこともします。お客さん(業者)二人が私に会いに東京事務所にやってきます。会社ではお茶、コーヒー、あるいはコーラを差し上げることになっています。サービスする女性は、プロジェクトNo。と日付けとコーヒー1、お茶1、コーラ1とかのように書き込みます。最終的のこのコストはF社の顧客に請求されます。要するに建設に関わるものはすべて請求し、その他に建設手数料を請求する場合、こういう購買方法をとるのが一番良いという見本のようなものでした。私が入社した当時、日本の建設会社もランプサム プライスでなくコストプラスフィー方式の値段を提出したくてしょうがなかった。それが出来なかったのは、国際入札経験の差と談合方式慣れた企業の差だったのでしょう。
あまり海外取引の経験のない中小メーカーは、このやりかたに全然なれておらず、最初のうちは半信半疑であったが、実際に値引きなしで注文が決まり、船済みされ、支払いが船済み後30日で全額現金で払われると、彼らの目の色が変わった。国際入札でも日本勢のなかで一番札をとれば、日本に発注されるのを実感したからだ。それでさえ中小メーカーの中には、日本の大手の建設会社から直接引合をもらうことがむずかしかったのだ。
こうしてF社の東京調達事務所は、私が入社して以来12,3年間は全盛期であった。検査、運送などの取引先は、出向社員をF社の東京事務所に常勤させるようになった。その時にはわからなかったが、今にして思えば、1㌦360円という固定相場がいくら先進国ならどこでも作っている製品でも日本製品なら中近東のプラント建設現場に運んでも安かったのだ。全盛期、東京事務所だけで毎年調達金額100億円をゆうに超えていた。

しかし東京事務所の繁栄期は終わった。1㌦360円の固定相場制が終わり円高になり変動相場制になったからだ。F社は東京事務所にレイオフを求めた。二度目のレイオフの時、私は退社した、48歳の時であった。私は18年間購買スタッフとして働いたが、F社の買い付けの公正さには驚くばかりであった。私には確信はないが、この時までに日本の建設会社は、国際入札では,建設に関わる費用はすべて請求し、建設手数料はいくらですといわゆるCost Plus Fee 方式の値段が出せるようになっていたはずです。何故なら国際入札で「談合」方式などできないからです。
しかし現在でも国内の大プロジェクトでは、相変わらず「談合」取引きが健在です。私がこのブログ記事で最初に取り上げた課徴金減免制度(リーニエンシー)が施行されたのが平成18年1月からです。談合ビジネスがこの50年間繰り返し行われていたのでしょう。談合は違法行為です。皆さんそのことは十分かっています。しかし建設会社の上層部が「談合」と決めたら、皆しぶしぶながらでも当然のごとく従うのです。定年退職した役人や元建設会社社員は、談合は必要悪と肯定し、徹底して嫌った人に会ったことはありません。なぜ「談合」を受け入れようとするのか。私は日本国民というのは徹底的に論理的に考え、論理的に行動することを嫌う民族ではないかと考えています。

話題からはずれますが、大東亜戦争でも日本は徹底的且つ論理的に考え、論理的な見事な作戦をたてながら実行できず、山本五十六の真珠湾攻撃という愚策を生み、彼は偉人にまでになった。敗戦後GHQの作った憲法を強制的に施行され、独立回復後もそのまま現在まで使い続けるという馬鹿丸出しの行為です。そして現在の憲法改正問題でも非常に多くの日本人が徹底的に論理的に考え、論理的な憲法が作れないのだ。無意識のうちに見たくないこと、意識したくないことを避けようとしているのです。
ところで「談合」と言う言葉は英語で何と言うのでしょうか。これこそ「談合」という意味の英語だという単独の英語の言葉はありません。私の和英辞典では、「談合」とは、conspire(conclude) to fix prices before tendering. と表現しています。
「談合」とは日本文化の一つの弱点ではないでしょうか。必要悪どころか違法行為の罪なのです。日本の大組織がぐるになって堂々と悪事行為を繰りしている犯罪なのです。経営陣も労働組合もなぜやめようと声を出さないのでしょうか。談合事件があれば、国民もまた談合事件があったのだと、平気のつらだ。談合事件に麻痺して論理的に判断した行動ができないのだ。すでに書いてきましたが、現行憲法でも同じようなことが言えます。

コメント