Archive for 12月, 2018

保守知識人の三くず

保守知識人の三人のくずとは、三島由紀夫氏、江藤淳氏、西部邁氏の三人の事である。三人の共通点は、三人とも生存中は偉そうなことを言ったり、書いたりしていたが、自殺しているのである。三島由紀夫は昭和45年(1970)11月25日、自衛隊のバルコニーから自衛隊員に憲法改正のための決起(クーデター)を呼びかけたが、誰一人応じようとせず、そのため三島は自ら割腹自殺をした。享年45歳。男の人生の花盛りのとき、自殺しているのだ。後年老年になったら自ら自殺をするとは思わなかった江藤淳は、「自衛隊ごっこ」の遊びと三島を批判していた。
江藤淳は、平成11年(1999)7月21日、手首自傷、享年66歳。妻を病気で失い(平成10年12月)、彼自身も軽い脳梗塞を起こしている。遺言に「心身の不自由に進み、病苦に耐えがたし。去る6月10日、脳梗塞の発作に遭い以来の江藤淳は形骸に過ぎず。自ら処刑して形骸を断ずる所似なり、乞う、諸君よ、これを諒とせられよ。」妻の病死のおよそ半年後の自殺です。江藤には子供はいなかった。
西部邁は、平成30年(2018)1月20日、玉川入水自殺。享年78歳。妻は平成26年(2014)に病死。上記二人との自殺の違いは、西部の二人の信奉者、現役のサラリーマンが自殺幇助罪で警察に捕まり、二人とも懲役2年、執行猶予3年の有罪になったことです。普段自殺するなどと偉そうなことを言いながら、また偉そうなこと書きながら、結局は彼の信奉者に自殺の手伝いをさせていることだ。世間ではこの三人の自殺者に非難の目が向けられないが、もっと非難の目を向けるべきではないのか。現在世間では子供がいじめにあって自殺すると、親はそのいじめを批判し、いじめ生む社会を批判するが、親がもっと強い子に育てるべきだったと自省する親はほとんどいない。現在は子供が少ないから不埒な子供でも勘当すらできない。私は三人の子供がいて、三人とも女房に預けて離婚したが、離婚したあとも子供たちには、「人生は戦いだ」を小学生の時から言い続けてきた。離婚後子供たちと顔を合わせることができないが、その代わり息子と姉妹に毎月一回2通の手紙を20歳になるまで書き続けた。そのせいか、今では三人とも堂々たる社会人です。
左翼の知識人には、自殺などする人は少ない。自分が苦労すると、資本主義が悪いとか社会が悪いとかなどと全部他人のせいにするから自殺などしない。三島由紀夫の自殺などは、根が有名な小説家で脚本家だけに、自分の自殺を自作自演の脚本通りに演じてみせたものだ。
人間社会の中で何が一番不幸でつらい事ですかと問えば、皆さん何と答えますか?一番不幸でつらいことは、長年の貧乏を続け、長年の大病を患うことです。私の両親は長年の貧乏と長年の大病のうちに死んでいった。しかしその間早く死にたいとは一言も言わなかった。
私の両親の生き抜こうとする生命力と上記三人の保守知識人の生命力とは段違いの差があるのだ。まず父親の話から始めよう。

父親は大学卒業後日本鋼管に入社した。入社後数年で肺結核になった。そのため軍隊にとられずにすんだ。戦争中は満足な治療は受けられず、病状は悪化するばかりだった。敗戦後に強制的に入院させられ、片肺を切除され、およそ5年かかって、本社に社会復帰した。それから5年ほどして今度は腎臓結核にかかり、一つの腎臓の手術削除を進められた。父親のショックは大きかった。現代医学を一切拒否するメシヤ教に入信して、飲み薬から一切の医学的治療を拒否。病状は悪化するが、悪化は快方の一歩手前と解釈されていた。母は父を騙して病院に連れてゆき、腐った一つの腎臓を削除した。残り一つ腎臓は、腎臓機能100%完全でなく、その7割から8割の機能を薬を飲み続けて長生きさせる方法をとった。これで会社に復帰するのにこれも5年ほどかかった。入院中に日本鋼管から下請けの会社に転勤させられていた。出張には出張カバンに尿瓶を入れていた。55歳で定年の時、役付きなしの平サラリーマンだった。定年後父は、コネも仕事の紹介もなく東京海上の保険を売り始めていた。個人販売です。年寄の男で金のない男はつらい、さびしいものだ。ある正月の三日、父親がなかなか起きてこない、おかしいと思って私が起こしに行くと、「トイレに行きたい」というので抱きかかえてトイレに入ると、がっくりと父は首を前に落としていた。何度ゆさぶってもだめだった。脳梗塞で死んでいた。享年78歳だった。
葬儀の時、東京海上の人が、「お父さんは、新しいタイプの保険証券売り出しの時の勉強ぶりは大したものだった。」とほめた。父が死の直前までぼけなかったのはそのためもあったのでしょう。定年後歳をとり、稼ぎも雀の涙ほど、それでも音を挙げず最後まで頑張ろうとする父には頭の下がる思いです。
母は52,3歳まで元気で父の長年の病弱状態をカバーしてきたが、50代半ばに入って体にガタが来た。まず胃がんになり胃の三分の一を切除した。回復したが直ぐ咽頭がんになった。誰でも声帯が二つあるのだが、治療のため声帯を一つ取り除いた。そのため母の地声が半分になり小さな声になってしまった。咽頭がんが回復したら、今度は大腸がんになった。
手術で肛門を切除したので人口肛門を横腹の下に取り付けた。当時日本製の人工肛門が無く、値段が高かった。春になって外が暖かくなると、貧乏性の母は、外庭の水道水で人工肛門を洗い、乾かして使っていた。人工肛門をつけて一人で外出できるようになると、今度は小腸がんになった。当時一人で三つも四つも癌になるのを多重癌と呼んでいた。母は多重癌を患ったのだ。すでに三つの大手術を経験し、癌特有の痛みも加わり、小腸癌の時には体力を消耗してしまっていた。小腸癌の手術を受けずに死んでしまった。享年71歳の若さだった。

私の両親は、年をとっても最後の最後まで、早く死にたいとは子供の前では弱音をはかずに死んでいったのだ。だから老人でも自殺する人はきらいだ。まして有名知識人みたいに人にお説教したり、書いたりする人が自殺するのは、人の生き方としては最低の最低と私は決めつけています。日本では、自殺は公のためでしか許されません。公のためとは、例えば、「城を枕にして討ち死に」とか「特攻隊の死」とかそういった人たちたちの死です。

今年ものこり数日、えんだんじのブログのご愛読ありがとうございました。来年からひと月二回のブログを月一回にするつもりです。題材は日本国家についての焦点を絞ったブログにしようと思っています。そうすると年間12回のブログを書く事になります。翌年それをまとめて本にしようと思っています。それでは皆さま、良いお年をお迎えください。
 

Comments (2)

日本帝国海外旅券、大正5年4月22日

日本帝国海外旅券、大正5年4月22日      平成30年12月8日  
渡韓紀行を書いた明治40年3月以降から8年後の大正5年に私の祖父、鈴木正忠と妻子合わせて4人には、ソ連領の浦塩斯徳(ウラジオストク)への海外旅券が発行されています。「渡韓紀行」の前編に祖父は、ウラジオストクに近い咸鏡北道鏡城支部への辞令を受けたと書いていますので、すくなくともそこでの祖父の仕事ぶりは良かったのでしょう。大正5年4月22日にウラジオストク向けの海外旅券をもらっています。今時大正時代の海外旅券を見るのはめずらしいので、その詳細を書きます。現在のサイズでA4サイズより少し小さめの4頁からなる書類です。

海外旅券の一面:
券旅外海国帝本日   
旅券番号:第参壱〇七参弐號
新潟県岩舟郡村上本庁二十番地
〇〇 鈴木正忠 四十六年
 妻   テイ 三十三年
長男   正貞   四年
次男   忠貞   三年
右ハ師団〇〇〇〇為露領浦塩斯徳(ロシア領ウラジオストクーえんだんじ挿入)へ赴クニ付通路故障ナク旅行セシメ且必要の保護扶助ヲ與ヘラレン事ヲ其筋ノ諸官ニ希望ス
大正五年四月二十二日
日本帝国外務大臣 従三位勲一等男爵 石井菊次郎

えんだんじのコメント
1.明治時代の新聞は縦書きですがたまに広告などで、日本語横書きの場合、現在のように左書きで始まるのではなく、右書きになっています。左書きに統一されたのは戦後からのことでしょうか。どなたか教えてください。
2.〇一つは漢字一つがくずし字のため、あるいは薄すぎて、あるいは当用漢字でないため読むことができない漢字、一字に対して〇一つを与えました。皆さん、どんな字が当てはまるか推量してみてください。
3.住所は現在住んで居る所より本籍地が使われています。当時鈴木家の住所は神奈川県川崎市ですが、本籍地が使われています。私が20代までこの本籍地を使用していましたが、その後本籍地を藤沢市に変えました。

海外旅券の二面(一面の裏):
                證 明
本旅券携帯者ハ年齢、旅行の目的、行先地共ニ旅券面記載ノ通ナルヲ申立テ右事実ニ相違ナク又日本臣民ナルコトヲ證明ス。大正5年四月二十二日
咸鏡北道警務部長○○○○

海外旅券の三面:
三面上半分はロシア語が印刷されたロシア語のハンコが押され、ロシア人のサインもある。ロシア人が書いたロシア語の短い文章もあります。三面下半分は祖父母夫妻の写真がはってあります。祖父母の間にはテーブルルクロスのかかった細長いテイブルがあり、その上に小さな花かごがあり、その中に沢山の小さな花が植えられています。そのテーブルを挟んで左側に和服を着た祖母が椅子に座り、右側に和服を着て、ソフト帽を被った祖父が立っている全身写真が貼ってあります。

海外旅券の四面(三面の裏):
左端に(文譯)と書いて下記の漢字がひとつずつ縦に並んでいます。
任○旅行無阻如有緊要事即請沿途各官如意照料善為保佑○
四面の真ん中にはTRANSLATIONの下には、
IMPERIAL JAPANESE GOVERNMENT
PASSPORT NO.310732 Masatada Susuki 46 Years old
Tei   Susuki 33 “ ”
          Masasada Susuki 4 “ “
Tadasada Susuki 3 “ “
The competent Authorities and all whom it may concern are requested to allow the above
Named person proceeding to Vladivostok to pass keenly and without hindrance and to give said person such protection and assistance as may be required. The 22day of the 4month of the 5 year of Taisho(1916)
Baron K. Ishii
               The Imperial Japanese Majesty’s
Minister of State for Foreign Affairs

Signature of the Bearer_________________________________________

四面の下半分は、ロシア語でTRADUCTIONの下に
Le Gouvernement Imperial Du Japon Passeport NO.310732 その下にロシア語の短文が書かれ、その上にロシア語の印が押されています。
以上がパスポートの説明です。

えんだんじのコメント
私がパスポートの発行月日を見たとき、すなわち大正5年4月22日は私の母の誕生日が大正5年であったはずです。母の誕生日を確認するために、私は母の除籍証明書を藤沢市役所からとり寄せた。除籍証明書にはこう書いてあった。「大正5年9月10日横須賀市で出生同月13日父届け出入籍」。これでは祖父母はウラジオストクに2,3カ月しか滞在してないことになる。その後祖母は、次々と私の母の妹二人を生んでいるので、少なくとも妻子を連れてウラジオストクに滞在することは無理だと思います。それとも祖父は単身赴任したのかどうかはわかりません。いずれにしても海外旅券の発行日が大正5年4月22日であることは、私の祖父母がウラジオストクを訪問した時期がウラジオストクの日本人街が隆盛を極める寸前だったことです。二人が訪問した翌年の1907年には日本の領事館が開設され、翌々年の1909年にはウラジオストクは日本の総領事館に格上げされた。1917年には日本語による新聞、「浦潮新聞」が発行され、1918年には横浜正金銀行の浦塩支店が開設された。特に1918年4月には日英陸戦隊がウラジオストクに上陸、同年7月アメリカ、チェコ軍救援のためウラジオストクに日米共同出兵を提案、日本は同意した。そして同年8月2日ついに日本政府、日本軍のシベリア出兵を宣言。1920年頃(大正9-10年頃)日本の人口6000人ぐらいになった。それを境にしてウラジオストクの日本人街は少しずつ落ち目になっていた。
越後、村上藩の下級武士の一族だった、我が祖父、鈴木正忠は戊辰戦争終結時二歳の幼児だった。その後若い時東京に出て神奈川県警の警察官になり、それなりの活躍をして一生を終えたことを私は鈴木家の誇りとしています。
これで「渡韓紀行」関連のブログは終わりとします。








コメント