私が嫌いな男になった、小泉純一郎

小泉純一郎氏は、皆様ご存知のように、元総理大臣、選挙の地元は、神奈川県横須賀市。私は神奈川県生まれの神奈川育ちで、戦後は横須賀の市立小学校、中学校卒業まで9年間過ごした所です。だから小泉純一郎と言う名前には愛着がある。彼は総理になる前から「郵政民営化」を主張していた。私も郵政民営化に賛成だったから、小泉純一郎氏は、自民党議員の中でも好きな方だった。それが突然彼に嫌気がさしたのだ。その理由は彼の離婚後の元妻にたいする態度だ。結婚生活4年間で彼の元妻、宮本佳代子氏と離婚しています。離婚後小泉元夫妻は、両方とも離婚の理由などについては一切語っていませんが、宮本佳代子さんは、女性誌「いきいき」、平成28年3月号で6頁にわたって、今回はじめて彼女の離婚後の生活ぶりを語っています。女性誌「いきいき」は書店では買えない直販制の雑誌です。たまたま偶然私は、ネットでそのインタビュー記事の解説を読んだ。
宮本佳代子さんは、エスエス製薬の元会長泰道照山の孫として鎌倉で生まれ、高校生の時、関東女子ゴルフ選手権に優勝、青山学院大学に入学。小泉36歳、宮本は大学4年生の21歳のとき見合い、すぐに小泉は彼女にプロポーズして結婚した。二人の年の差15歳。彼女は長男、孝太郎、次男、進次郎を次々出産、三男を妊娠中に離婚決定。彼女は小泉家を去った。離婚後、小泉の姉が二人息子の面倒を見、二人の子供には絶対に母親に会わせなかった。妊娠中だった三男(宮本佳長)が子供の頃小泉に会いたがったが小泉は絶対に会いたがらなかった。家族五人が再会したのは離婚後30年経っていた。
これを知った私は、小泉はいくら政治家といえ、非常に冷たい非情な男として突然きらいだしていた。なぜなら私も離婚したし子供の気持ちがわかるからだ。

私が離婚したのは結婚15年後だった。長女が中一か中二、次女が小5か小6、長男が小2か小3の頃.結婚5年間は順調そのものだった。二人には目的があったがあったからだ。長女が5歳なるまでできるだけではなく、徹底してたくさんの現金をつくることだった。私の給料のはるか下で生活し、社会から徹底して孤立した生活をし、五年間という条件つきで、身内との付き合いもたった。住居も6畳一間で、風呂もテレビもなし、親子4人まで過ごした。独身の時から株をやっていたから、もっとお金をためて株でもうけてマンションを買ってやろうと思っていた。5年経つと三人目ができて6畳一間では狭すぎると借家に引っ越した。その後すぐに横浜の磯子にマンションを買った。その頃からだった夫婦仲がうまくいかなくなったのは。理由は生活にかなりゆとりがではじめたからだ。
私はアメリカの会社に務め週休五日制という制度をおう歌していた。毎週土曜他の会社でアルバイトをしていた。当時加山雄三の父親が関係している茅ヶ崎パシフイックホテルは、プールで水泳教室をやっていた。ある時知人が水泳をある程度できる生徒たちを教えることが出来る先生は、くさるほどいるが、まだ泳げるどころか水を恐がる子供を教える、しかも女性の先生がなかなかいないと言うのだ。
その話を元妻に話すと、「私が教えるわよ」。私も彼女の水泳のうまさを知っていたから、知人に紹介した。これで彼女は成功した。もともと彼女の社交術に右に出るものはいない。それに美人だ。まだ40代初めだ、昔の面影はある。プールの中でびしびし教えるが、プールの外に出ればにこやかな笑みを浮かべてお母さまがたと話をする。すぐに人気者の先生になって生徒がぐっと増えた。彼女は、パシフイックホテルの他にアルバイトをし始め、公営プールを使って教え始めたのだ。その公営プールでの営業も上手くいって、当時は「私の仕事着は水着だから」といって、押入れをあければ水着20着ぐらいが横にならんでいた。経済的にゆとりが出過ぎっちゃったのだ。経済的にゆとりのでたお金を、元妻は全部子供の教育のために使った。子供達全員にアイススケート、ピアノを習わせ、水泳は他の生徒たちと一緒に自分の子供にも教え、学業はまだ小さいから自分で教えられると言って教えだした。その教え方もスパルタ教育で、凄まじい。手を挙げることもあるなんて生易しいものでない。私は結婚前には見ることもなかった、彼女の非情,意地悪さを見たし、私との教育観の違いの大きさを悟った。私は中学校卒業までは公立学校でいい、高校から各自の実力でどこかに入れるだろうと考えていた。しかし元妻は違った。できるなら幼稚園から名門校にいれて育てたかったのだ。二人の教育観の差はあまりにも大きかった。二人の喧嘩も多くなった。ある時の喧嘩で、私が許すことができない言葉を聞いた。「たかが高卒のサラリーマンのくせに、偉そうな事言わないでよ」と大声で怒鳴った。瞬間、私はこの女房はダメだ。離婚を決意した。元妻は夫婦喧嘩しても絶対に謝らなかった。今回の発言でも取消もしなければ、謝りもしなかった。横浜の家庭裁判所で協議離婚した。私が買ったマンションを彼女にあげ、三人の子供の親権も彼女に渡し、私はいつでも子供達に会える権利を得、私の毎月の仕送りを決め、私は6畳一間のアパートを借りた。丁度離婚した頃、元妻の公営プールの水泳ビジネスの陰りが出ていた。多くの水泳上手な人が公営プールを利用し、ビジネスや練習用に使い出した。多くの一般利用者から文句がでたのだ。もうプールで生徒数を増やすどころかプールで教えることがむずかしくなった。離婚後1,2年経つか経たない内に、元妻は男の子つれの男と再婚し、私が彼女に与えたマンションに三人のこどもたちと一緒に暮らし始めていた。私はその話を子供達から聞いた。私は元妻が他人の生んだ子を自分の子のように育てられるわけがないことを知っていたが、子供には黙っていた。だからといって新しいお父さんとは仲良く暮らせなどとても言えるものではなかった。ただ連れ子にはお前たちと同じ環境だから仲良くしてやれと言うのが精一杯だった。三人の子供達が高校生になるまでは私と一緒によく会ったものだ。一番よく利用したのは横浜球場だった。私は阪神タイガースファン。そのため三人ともタイガースファンになっていた。横浜阪神戦をよく見にいったものだ。いつだったか何十年ぶりで阪神が優勝した。私は約束したどおり、優勝後三人を連れて横浜超一流のニューグランドホテルのダイニングルームに連れてゆき、食べたいもの好きなだけたべさせた。ところが息子は、メニュウ―を見た後、「俺はスパゲティーでいい」と言いだした。理由を聞いてみるとメニューだけでは何が出てくるかわからいと言うのだ。まだ幼かったのだ。

ところで、小泉純一郎氏の元妻、宮本佳代子さんは、三男佳長を生んだ後、彼女は何をしていたのでしょうか?彼女は宅地建物取引主任の資格を持って三井不動産で30年間働いていたのだ。三男の佳長の結婚まじかに小泉元夫妻と男三人兄弟が30年間で初めて小泉行き付けのレストランで食事をし、2013年の結婚式には父親の小泉氏と二人の兄も参加したと宮本佳代子さんはインタビューで語っていた。父親の小泉は、自分の三男が同じ神奈川県のどこに住んでいるかも知っているのに、30年間ほど一度も三男に会おうともしなかった。いくら政治家でも小泉は非情すぎます。その三男が三兄弟の中で小泉氏の顔に一番良く似ているというのだから皮肉なものです。

実は私の元妻も子供の手がかからなくなったら働き出そうと新婚時代から宅地建物取引主任の勉強し。その資格を持っていたのだ。水泳教室が落ち目になるとこの資格を生かして中小企業の不動産会社で働きだした。いつの間にか私の元妻たちと一緒に暮らしていた子連れの旦那とは離婚していた。不動産ビジネスの時代と彼女の社交性が性に合ったのでしょう、彼女の生活の羽振りが良くなるには時間がかからなかった。不動産会社の社長と元妻との関係も仲良くなっていた。いつのまにか三人の子供もおおきくなり息子は高校生になっていた。ある時息子は言った。「俺、高卒になったら自衛隊に入って2、3年たったらフランスの外人部隊に入る」。息子は高卒後、母親と一緒に暮らしたくないのだろうと思って返事もせずに黙って聞いていた。本人が言っていたように高卒後、陸上自衛隊にはいり、自ら好んで北海道の自衛隊名寄基地に任務した。当時はソ連が健在で若しソ連軍が北海道に侵攻してきたら、名寄の基地が迎え撃つというので名寄の基地には最新鋭の兵器、設備を備えていた。自衛隊勤務しながら趣味としてトライアスロンを初めていた。トライアスロンの練習しすぎで腰をいためてしまい、走れなくなってしまった。その腰を治してくれたのが「整体」であった。そこで息子は「整体」に初めて興味を示し勉強もし、習いもした。自衛隊を辞めた時、名寄の基地から地元の藤沢まで全部ヒッチハイクで帰ってきた。ついに1992年地元藤沢で整体院、「健療施術院」を開業、その後川崎に支店、その後代々木上原、去年の一月から上野にも支店を設け、四施術院の従業員合計20人を雇っている。今では藤沢の昔からの高級住宅地として有名な鵠沼で瀟洒な三階建ての借家に住んでいるのだ。
私が離婚した時、子供もたちと離れてくらし、その時息子は、小学2,3年、父親としての役目を充分に果たすこともできず、ここまで育ってくれたことに感謝感激です。息子が結婚した嫁さんは素晴らしい内助の功を発揮してくれて、彼女にも感謝感激です。息子の結婚式の時、肉親の挨拶で、私は、「息子には自慢するものは何もないが、息子にはこれからは何が起ころうとも、音を上げることなど絶対にありません。世間でよくあるように仕事に挫折して自殺するとか、家庭を放棄するとか、などは絶対にありません。私は息子には何があっても生き抜くことを教え込んでありますから。」とスピーチしたことを覚えています。
息子よ、これからもその意気で過ごしてください。

Leave a Comment

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)