MIEさん、大変ご無沙汰しております、お元気ですか?

私が「えんだんじのブログ」を書き始めて10年目になり、今年の10月でその10年目が終わります。ところがミクシーに入会したのが「えんだんじのブログ」よりも早く、入会していてもうほとんど12年目になります。ミクシーは私が入会したころが全盛期で今では会員がFACEBOOKに奪われ、会員数がどっと減りました。それでも「えんだんじのブログ」をミクシーの日記にも毎回転載し続けております。ミクシーの会員のままFACEBOOKにも移った人もいますので、その方々がたまに思いだしたように「えんだんじのブログ」を読んでくれています。わたしのミクシー上の女性友達で、ミクシーを去り、FACEBOOKにも入会せず、メイルでも連絡もとれない人がいます。しかしその女性は私のミクシーの昔仲間で、ぜひ連絡して、「お元気ですか」と声をかけたい女性なのです。その方の名前は、ミクシー上でMIE(ミー)さんと呼んでいます。
「えんだんじのブログ」を読んで直接コメントを書いていただき、私が承認すると、公開され、私が削除しないかぎりそのコメントはほぼ永遠に消えることはありません。しかしミクシー上の日記に、えんだんじのブログのコメントを書いても、数日経てば自然と消えてしまいます。
「えんだんじのブログ」を見て頂きますと、左側のコラムには上から「おしらせ」、「カテゴリー」、「アーカイブ」と並んでいます。「アーカイブ」には今現在、2018年6月から2008年10月までのブログ公開数298通が公開されています。そこで皆さんにお願いがあります。2009年4月19日のブログ「戦うことは貴いことである。」をぜひお読みください。このブログの冒頭で「私は、できることなら20代30代の若者全員にこの記事を読んでもらいたいと思っています。」と書いています。皆さん、このブログを読んで見てください。それからその三日後の2009年4月22日にブログ「若い人からのコメント」を公開しています。4月19日のブログ「戦うことは貴いことである」に対してわずか2,3日で大勢の若い人達からのコメントがミクシーの日記に書きこまれたので、私すぐにえんだんじのブログに転載したのです。その中にMIEさんからのコメントもありました。

その時からMIEさんは軽いうつ病だったことを突然思いだしました。MIEさんは、秋田県出身で幼いころ両親が離婚、祖父母に引き取られ成長し東京の大学を卒業した。祖父は彼女が高校生のころ亡くなり、以後祖母だけに育てられた。祖母は私より4,5歳若く、若い時秋田から稚内にお嫁にゆき苦労したそうだ。MIEさんにとってお婆さんの存在は大変重要な存在であった。もう数年前になりますが、MIEさんがミクシーの日記に死んだおじいさんの思い出を愛情たっぷり込めて、「おじいちゃん、あたし今おじいちゃんに会いたいよ、二人でお話しがしたいよ」などと書いていたのを思いだします。その頃MIEさんは、横浜市の神奈川区の住んでおり、私は青葉区で同じ横浜で、二人は結構近いところに住んでいたのだ。二人ともいずれどこかでお会いすることが出来るだろうと思っていた。私がミクシーに入会して5,6年ぐらい経ったころだと思います。私がミクシー上で主催して「えんだんじの会」を開きました。まったく何人来てくれるか分からないのでとりあえず、横浜駅のルミネのレストラン街に10人ぐらいの予定で予約しました。当然MIEさんも参加予定で、参加予定者が20人前後になった。これでは皆初参加ですので名札がなければダメだと思い、自分で名札を買い、自分で各自の名前を書き込んで会場にゆきました。ところがMIEさんは風邪をひき、熱がでてしまい参加できませんでした。食事をしながら一緒に話し込み、その後有志で喫茶店に向かってお開きでした。
その頃にお会いした人達は、ミクシー上では会員でいる人も結構いますが、ミクシー上では退会行動をとっておらず、事実上は会員のままの人が結構おります。MIEさんもその後ミクシー上での日記を書かなくなり、「えんだんじのブログ」へのコメントを書かなくなり、メイルも来なくなりました。MIEさんからの連絡なしが半年以上続いた後、突然、MIEさんからのメイルが入りました。
「えんだんじさん、長らくごぶさたして申し訳ありません。私、いまある男性と同棲しています。二人の出会いの話をすると長くなるのでしませんが、二人はいずれ出合うべき相手に出会ったことに気づきました。これからも末長く一緒に暮らしていきたいと思っています。新しい住所とメイルアドレスが書いてありあました。
私は次の様な返信を出してあげました。
「音信不通が長かったので心配していたこと。突然メイルが来たと思ったら、同棲生活を始めたニュースにはびっくりしました。新住所でも二人とも近いところに住んでいたので、二人の前途を祝すから、二人に昼食を招待します。私は定年で毎日が日曜日なのでいつでも都合できますから都合の良い日を教えてください」とメイルしました。MIEさんは喜んで私の招待を受けてくれ、一緒に昼食をする日を決めたのです。ところが招待日直前になって事情があって招待をキャンセルしてきたのです。それ以来MIEさんからのメイルもなし、そのうちにミクシーから、また私のミクシーの友人リストからも名前が消えていました。彼女はミクシーから脱退したのでした。きっと二人の同棲生活がうまくいかなくなったのでしょう。彼女は軽いとはいえ長いうつ病を患っているので心配です。彼女は故郷の秋田に帰ったのでしょうか、それとも東京近辺で生活しているのでしょうか。MIEさんの昔のミクシーのお友達で彼女の消息をご存知のかたおりませんでしょうか?MIEさん、えんだんじのブログを思い出すようなことはないでしょうか?思い出したら、ぜひえんだんじのブログ、「両手両足を失った中村久子」(平成30.3.24)をぜひお読みください。昔は女性の人は一生働かず、夫の生活力が頼りでしたが、彼女は両手両足をなくした女性にもかかわらず、四度も結婚して、子供をつくり幸せな老後をおくりました。パソコンのない時代なら、私とMIEさんとの間柄はペンフレドとも呼ぶべきなのでしょうが、物の見方、考え方が私とほとんど同じなのです。それだけにMIEさんの将来が気になっています。人生はまだ長いですよ。MIEさん、頑張って良き人生をお送りください。

私がミクシーに入会したきっかけは、私の二作目「大東亜戦争は、アメリカが悪い」の売り上げが非常によく、初版出版後一年後、2005年7月に二刷りを出版後、およそ一年後に出版社、碧天舎が倒産してしまったからです。私は売れ残った約300冊を自分で買い取り、出版しようとしていた三冊目の「原爆正当化のアメリカと『従軍慰安婦』謝罪の日本」の出版費用を払いこんでいました。私は碧天舎倒産で受けた数多くの債権者の一人でした。ある日碧天舎は東京の神保町で倒産の説明会がありました。私は無論参加しました。数日後ミクシィーの会員名、マジョリカさん(女性計理士)からメイルがきました。マジョリカさんも碧天舎倒産で債権者になった一人でした。その方が碧天舎の債権者のリスト見ながらミクシー上に「碧天舎」という仲間の会を作りました。碧天舎の今後の活動を監視していこうという計画です。どうぞミクシーに入会して、「碧天舎」という仲間に加わってくれとの依頼でした。私はミクシーという名前だけ知っているが、それ以外のことは、何も知らなかった。マジョリカさんが、私のミクシー入会の推薦者になってくれた。当時はミクシー入会者の信頼性を強調のため、入会者の推薦が必要であった。彼女は私にミクシーの日記の書き方、日記に対するコメントの返答の書き方などをメイルで逐一教えてくれました。私がミクシーの会員になれたのもマジョリカさんのおかげです。私が「えんだんじ」というミクシー名で日記を書き始めて一、二年ぐらいたったころ、仙台のミクシー名、ソードフイッシュさんが、えんだんじさんの日記の内容では、ミクシー上の日記ではもったいないから、自分でブログにしたらどうかという提案がありました。私はブログの作り方などさっぱり、分からないと言ったら、彼もまた、ブログ記事の作成のしかた、コメントに対する返事の仕方など懇切丁寧にメイルで教えて頂き10年前の10月に「えんだんじのブログ」開設したのです。以来10年間私の「えんだんじのブログ」の管理者になってくれました。今年の10月以降も「えんだんじのブログ」の管理者なっていただくことも了解してくれました。しかしソードフイッシュさんは、現在ミクシーの会員ではありません。現在はfacebookが圧倒的強さですが、数年前まではミクシーは日本最大のSNSでした。私は安倍総理が首相になる一年前のただの安倍議員時代に面会できたのも強力なミクシーの保守系会員だったからでしょう。また安倍議員もそのころ「つくる会」の積極的支持者だった。「つくる会」の季刊誌に積極的に投稿していたくらいです。安倍議員は、私を含む訪問者全員を議員宿舎の執務室に案内し、私と仲が好かった元カメラマンは私と安倍総理二人だけの写真をA4の紙一枚の大きさでとってくれました。女性たちは、奥さんの昭惠さんと気さくに話こんでいました。こんなとっつき易い奥さんでは利用されやすいのではという感触だったが、いまになって見ればその通りになったみたいな感じでした。当時の安倍議員は、熱心な「つくる会」支持者だったが、育鵬社が設立されるとあっさり育鵬社支持に変わった。育鵬社がフジテレビの社長が3億円を出して設立されたが、恐らくフジテレビの社長から安倍氏への多額の献金があったのでしょう。安倍議員はあっと言う間に育鵬社支持者になってしまった。

ミクシーへの入会、えんだんじのブログの作成、安倍議員への面会、あるいは西尾幹二氏が主宰する「坦々塾」への西尾氏からの入会の誘いも「大東亜戦争は、アメリカが悪い」の読後の推薦だった。そして「大東亜戦争は、アメリカが悪い」の英文化とその出版。私の定年後の大作出版は、私の人生に非常大きな影響をあたえています。「えんだんじのブログ」は、私の執筆の大きな役割を務めているが、ミクシー上での執筆活動を無視するわけにはいきません。それだけに、私のミクシー上での女性ペンフレドのMIEさんが元気でいればとの思いが強いのです。

Leave a Comment

 

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)