えんだんじのブログ、10年目が終わります。

10年ひと昔といいますが、最近は時代の流れが速いので、10年と言ってもアット言う間の感じですが、それでもこの10年間のブログをじっくり思いだすと、10年と言う年限はそれなりに重みがあるものだと思います。私がブログを書き出すきっかけになったのは、私の著書「大東亜戦争は、アメリカが悪い」の出版社、碧天舎の倒産です。本の売り出しは予想に反して好調で2004年7月に売り出してから11月には、私に生まれて初めての講演依頼(90分の講演と30分の質疑)があり翌年に1月には靖国神社で講演し、その縁で靖国神社の本屋さんでも販売してくれました。販売開始一年後、2005年7月には二刷り目の1000部が販売されました。ひょっとするとベストセラーになるかもの夢を抱きました。しかし2刷り目発売後半年ぐらいで碧天舎が倒産してしまいました。ちょうどそのころ私の二冊目の著書「原爆正当化のアメリカと従軍慰安婦謝罪の日本」がもうすぐ碧天舎から出版の予定でした。私は碧天舎の債権者の一人になってしまった。私も債権者の集会にも参加しました。ある時相模原市在住の女性から手紙が来て、当時日本では最大SNS、ミクシー(mixi)に「碧天舎の会」を立ち上げたので参加してくれとの依頼があった。私はミクシーという名前は知っているが何をどうすればよいのかさっぱりわかりませんと答えた。当時ミクシーに入会するには、ミクシーの会員の紹介が必要なのでその相模原の女性が紹介してくれ、彼女が日記の書き方、返答に仕方などをメイルのやりとりで教えてくれました。それ以来私は、ミクシーに色々なことを書き始めました。半年か一年ぐらい書き続けると、それを読んでくれていた仙台のGさんが「鈴木さんの日記は、内容が良いからミクシーの日記ぐらいではもったいない、自分でブログを書いたらどうですかとの提案があった。私は自分のブログの書き方など何も知りませんと伝えたところ、仙台のGさんがそれでは「私が作ってあげましょう」といって無料でブログが書けるFC2のブログの書き方を教えてくれました。以来二、三か月、或は半年ぐらいFC2のブログを書き続けていましたが、西尾先生のブログを見た時、自分でも私自身のブログを持ちたいと思い、仙台のGさんにお金を払うから自分自身のブログを持ちたいと言ったところ「私が作ってあげましょう」と言って、最初に書いた、えんだんじのブログのタイトルが「カントリーファースト」2008年10月13日です。以来Gさんは、私のブログ管理人になってくれ今でも私のブログの管理人になってくれています。ブログを書き始めた一年間は毎週の土曜日にブログを書き、次の年からは毎月二週間おきの土曜日、すなわち月二回のペースでブログを書き続け今回で毎週土曜書き続けた1年間と合わせて合計10年間書き続けました。書いたブログの記事数は、アーカイブとしてブログ上に残っております。書いた全記事数は306通です。この中から良い記事だと思うものは取り上げて一冊の本にしようと思っています。

えんだんじのブログは、私がミクシーの会員になり、ミクシー上に書く日記として登場したものですから、えんだんじのブログとして独立して公開されてもミクシーにも公開していましたからミクシーの会員から数多く読者が読んでくれました。またその頃ミクシーの全盛期で、20歳前後から30代、40代、或は50代前後若い会員が圧倒的に多かった。また私の毒舌的な文章も反感を買ったり、また逆に受けが良かったり、色々なコメントが来るのでその反応を読むのが楽しかった。その傾向が一転したのがアメリカのフェイスブックの登場です。猫も杓子もフェイスブックの会員が増えました。ミクシーの会員たち軒並みフエイスブックの会員になっていきました。ミクシーの会員たちは正式にミクシーを退会しなくてもフエイスブックの会員になれますので、私の知っている古い会員たちは、えんだんじのブログを公開する度に読んではくれませんが、思い出したように私のブログは読んでくれていることはミクシー上で知ることが出来ますので、私の慰めの一つになっています。あれほど日本の若者の人気絶頂にあったミクシーがフエイスブックの人気に圧倒されるとはあまり気持ちのいいものではありません。また私はこの夏80歳になりますので、高齢者の私のブログファンが更に年を取り、あるいは亡くなられたりして、私のブログへのコメントが突然途絶えたりすると、病気の重症化、あるいは死を予想したりして気持ちのいいものではありません。全体としてえんだんじのブログの読者数は少なくなって当然なのですが、私のブログの管理者によると、私のブログ読者数は、減ってはいず、この二、三年ほぼ変わらないそうです。
来月11月からは、えんだんじのブログは11年目に入りますが、11年目から毎月、月一回のペースにするつもりです。ブログを月二回にすると読書数が極端に少なくなるのです。また年のせいか本を読むと眠くなる時も結構あるのです。読書不足解消のため、ブログを書く回数も最低でも月に一回にするつもりです。
読者の皆様10年間の長い間読んでいただきましてありがとうございました。また来月から11年目のブログを書き続けていきますのでご愛読のほどよろしくお願いいたします。

Leave a Comment

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)