日本人のすごさ



日本人の情けなさ、特に政治家やエリートの情けなさばかりが目につく今日この頃、ここらで気分転換に日本人のすごさについて語ってみました。日本人のすごさとは何かと言えば、その一つはなんと言っても物作りの面でしょう。日清、日露戦争の時には、日本軍は、イギリス製の軍艦に乗って戦いました。それが大東亜戦争では、戦艦「大和」という巨艦を作り上げ、戦後は造船王国になりました。カメラと言えば昔はドイツ製が有名だったが日本はもうとっくにドイツを抜いてしまいました。45年ぐらい前私は一時工作機械の輸出をしていましたが、その時アメリカやドイツ製の工作機械が群を抜いていました。それがいつのまにか日本製工作機械が圧倒的シェアを占めるようになりました。家電も世界一になったし、自動車も質、量ともに現在世界一になっています。こういう例はいくらでもあります。最も状勢の変化で世界一の座を失った製品もありますけど、しかし日本がある製品を作り出すとたちまちその製品の世界一のメーカーなってしまうことも事実です。

こういう点があるからこそ、アメリカ政府は、日本が航空機産業に手を出さないように日本政府に圧力をかけてきたのです。アメリカは日本が航空機産業で世界一になってしまうことを恐れていたからです。日本人の物づくりのすごさはどこから来ているのでしょうか。それは日本人職人のすごさです。日本人職人のすごさとはなにかと言えば、物づくりに精根傾けてつくることが、直接金儲けにつながることでなくても平然として作り続けることができる一面があるからです。なぜ作り続けることができるのか、それは良い製品を作り上げることに自分の人生の意義をみつけるからです。金儲けは二の次になってしまうのです。

一つその好例を紹介しましょう。日本刀の製作です。鎖国が解禁になった頃から日本刀と浮世絵が欧米諸国に持ち運ばれました。浮世絵の技法はまねされたが、日本刀はまねることができなかった。欧米人は日本刀を作れなかったのです。だから日本刀は、現在の製鉄法でできた鉄では作りだせません。日本刀の材料になる鉄は、現在ではどのような方法で作られているのか。平成9年に公開されたアニメ映画、「もののけ姫」は、当時20世紀の日本映画誌上、歴代興行収入第一位になって有名にもなりましたが、その「もののけ姫」で紹介された「たたら製鉄法」です。「たたら製鉄法」は、およそ1,500年の歴史を持つといわれ、その間改良に、改良を重ねて江戸中期に完成されたと言われる製鉄法です。その江戸中期に完成したといわれる「たたら製鉄法」で現在でも日本刀用の原材料を生産しているのです。どこか? 島根県奥出雲町です。毎年一月から二月の間に年三回から四回の操業が行われています。一回の操業では三昼夜不眠不休です。砂鉄10トンと木炭12トンが投入され四日目の早朝約2.5トンの鋼(はがね)が作り出されます。この2.5トンの中から約900キロの玉鋼(たまはがね)が取り出されます。この玉鋼(たまはがね)が日本刀の材料として使用されるのです。この900キロの玉鋼は、刀匠名人から刀匠修業中の人たち約300人のもとえ送られてゆきます。
玉鋼の最終使用者わずか300人ばかりのためにわざわざ過疎地の山奥で江戸時代から続く「たたら製鉄法」で、一端操業に入ると三昼夜不眠不休で、玉鋼(たまはがね)を作っているのです。どうみても金銭的に割が合いません。

日本刀作りに関わる人たち、ほとんど全員が経済的にはあまりめぐまれていないとも言われています。そういえば日本刀作りで大金持ちになった話など聞いたことがありません。この刀匠たちの姿は、金儲け万能主義の現在では神様のようにすら見えます。サラリーマンも30代に入れば一人前に扱われるが同じ30代の刀匠たちは、まだまだ修業時代です。将来金銭的な見返りを期待できない仕事でしかも青春をほとんど犠牲にして打ち込む姿勢、この資本主義時代全盛期にあえてさからうような生き方を平然と続けるこの姿勢。まさに私のような人間には神さまのようにすら感じてしまいます。このように金銭的に見返りの期待できない伝統的な仕事をひきついでいる人たちは、刀匠たち以外にもまだまだ沢山います。例えば、京都のひな祭り人形制作者です。私は一人の職人がひな祭り人形を作りあげると思っていましたが、頭を作って顔を専門に描く頭(かしら)師、頭に髪の毛をつけるのを専門にする髪付け師、手足を専門に作る手足師、最後に着物だけを作り、着付けする着付け師、これら四人の職人は、それぞれ別の所に住み、それぞれ別の門構えの工房を持っているのです。

このように一つの人形は四人の職人たちによって作られるのです。従って一セットの人形が売れても、その売り上げは多分四等分でしょうから経済的に見入りがいいとは考えられません。それでも江戸時代からの制作方法を受け継いでいるのです。先にあげた刀匠たちそしてひな人形を作る職人たち、彼らは自分の仕事を愛し、誇りを持ち、そして少しでも技術的にすぐれた製品を作り出すことに人生の意義を見いだしているのです。金儲けは二の次になっているのです。資本主義万能の時代にあえて逆らうような生き方をする。こういう生き方をする人たちが非常に多いのは現在の世界では日本だけではないでしょうか。こういう伝統が、現在のハイテック中小企業にも見られるというのがまた日本のすごさです。

日本の製造業の優秀さは今や世界的に知られています。その日本の製造業の優秀さを陰で支えているというのが、中小企業の技術の優秀さです。関東地方で中小企業のメッカと言えば、東京の大田区です。ここでの中小企業の技術水準の高さを見学するための多くの外国人が大田区詣でをしていると言われています。米国視察団が大田区にやってきていくつかの中小企業を見学しました。彼らの質問の中に、経営者はなぜ会社を売ろうとしないのかというのがありました。アメリカ人はまず初めに自分で小さな事業を起こし、それを育て上げたらできるだけ高く売り飛ばし、新しい会社を買い、利益をあげればその会社を売り飛ばし、さらにまた他の会社を買うとかして大金持ちにのしあがっていくのが多いと言われています。

ところが日本の中小企業の経営者、特に技術を持つ製造業では、必ずしも金もうけだけが目的でない場合が多いい。勿論経営者は一生懸命金儲けしなければなりません。さもないと倒産してしまいます。しかし経営者には金儲けと同時にその仕事に自分の人生の意義が込められているのです。仕事と人生が表裏一体になっているのです。だから良い技術を持って、利益をあげているから高く売ろうと思えば、売れるけど売らないのです。中小企業の経営者は、社員とは家族の一員のような密接な関係になります。その従業員を見捨てて、会社を売って自分だけ大金持ちになることは日本の社会ではあまり歓迎されません。同じ中小企業の経営でもアメリカと日本では労働観が違うので金儲け一点ばりでは通用しません。

欧米人と日本人との労働観の差には大きなへだたりがあります。欧米人のゴッドが人間を作り出した時、人間は働かなくても暮らしていけたのです。ところがアダムとイブがゴッドの禁じた「禁断の実」を食べたので、ゴッドがアダムとイブに罰として与えたのが労働、すなわち働くことなのです。それ以来人間は働かなくては生きてはゆけなくなったのです。
ですから働くことに懲罰の意味が込められています。従って汗水流して働くことはもともと卑しいことであまり誉められたことではないのです。奴隷制度が発達したのも欧米人の労働観が原因の一つではないかと思われます。できるだけ奴隷にはたらかせて自分が楽をするのが幸せと考えるのです。こういう発想ですから欧米人は仕事をするということは、生活のため、金もうけのための手段であってそれ以外の何物でもない場合が多いいのではないでしょうか。

ところが日本では神様自身が働いているのです。「古事記」に出てくる男神、イザナギノミコトと女神、イザナミノミコトは日本列島を作り、人が住めるように一生懸命働いています。「古事記」にはその他働く神様が沢山出てきます。だから日本人にとって働くことは神聖なことで、日本人はむかしから汗水流して働くことはいとわないのです。そういう労働観があったので、日本では奴隷制度が発達しなかった一因もあるのではないでしょうか。日本人にとって働くことは、生活の糧を得るためとか金もうけのためだけの手段だけではなく、働く人の人生が込められていることが多いいのではないでしょうか。

いずれにしても金銭的利益に結びつかない伝統的技術をあくまでも守ろうとし、昔の人が作った物に負けない、あるいはもっと良い製品を作り上げることに自分の人生の価値を見いだそうとする日本人職人の真摯な姿勢。それにひきかえ支那人の物作りの姿勢を見てください。ヒットしているあらゆる製品の偽物を作り、偽物を買う人がいるから作るのだとうそぶく支那人。私は支那人に生まれなくてよかった。 日本人に生まれて本当によかったと思うのは、私一人だけではないでしょう。

この物づくりの真摯な姿勢が会社経営にも生かされるのでしょう、日本には非常に古い老舗といわれるお店や会社が非常に多い。帝国データーバンク等によると千年以上続いている老舗が七社もあるのだ。その中で日本最古、いや世界最古の会社が大阪で寺社建築を生業としてきた「金剛組」という会社です。創業が西暦578年、つまり飛鳥時代に創設されて以来1400年以上続いているのだ。創設以来2005年まで金剛一族で経営され、2005年に業績不振で高松建設の子会社になり「新金剛組」として活動しています。創業以来1400年も続いている会社が存在しているとはすごいではないですか。この「金剛組」のライバルが松井建設(東証一部上場)で創業が1586年(関が原の戦いが1600年)だという。鹿島建設や清水建設は江戸時代の創業です。

日本国内で200年以上の老舗となると三千軒を数え世界一です。第二位のドイツ800軒を断然引き離しています。支那9軒、インド3軒、韓国はゼロです。100年以上の老舗となると日本では2万2千軒を超えていると言われています。そしてその老舗の半数近くが製造業にたずさわっているというのです。日本には、なぜこんなに老舗が多いのか、それには当然歴史と文化の影響なくして考えられません。歴史の影響とは、日本が平和だったことです。歴史上日本には侵略と内戦の繰り返しのような時代がなかったからです。アメリカの歴史を見てください。建国わずか2百数十年でも200年以上つづいている老舗が14軒もあるのです。アメリカは南北戦争という大変な内戦があったが外国からは侵略されていません。内戦と侵略にあけくれた歴史を持つ支那と韓国をみてください。支那はわずか9軒、韓国ゼロです。世界最古の小説も世界最古の企業も平和なくして誕生しないのです。

次に日本の文化の影響を見てみましょう。考えられる文化の影響は:
1.継続を重要視する。
一流大学を優秀な成績で卒業しても、家業が何代も続く蕎麦屋なら、例え蕎麦屋をついでも大きな財をなすことはないとわかっていても平気で後を継ぐ。何代も続いた家業を継ぐのが当たり前のごとく常識のようになっているのです。
2.他人を信用する。
支那には、「有能な他人よりも無能な血族を信ぜよ」という格言があるが、日本には跡継ぎがいても、経営者として不向きなら養子を入れる習慣が老舗を長続きさせているのだ。
3.汗水流した労働を尊いとみなす文化。
この文化がすばらしい製造業を生む源なのだ。汗水流して働く人間を下賎扱いにする韓国には、200年どころか100年を超える老舗もゼロです。
4.金儲けがすべてではない。
最初にも触れましたが金儲けがすべてであったら老舗は絶対に存在しません。伝統を受け継ぐことを金儲けより優先させるこの心意気。

結論を言うと、共産主義経済が破綻し世界中が資本主義経済になり、グローバル競争という熾烈な経済競争の時代に突入していて、家業を継いだところで、また古い技術の後継者として精を出したところで大きな財を成すことはないことを承知の上で自分の全人生を投じていく日本人がまだまだ多くいるということは、すごい民族じゃないですか。また日頃金儲け仕事の没頭している多くの日本国民は、そういう人たちを軽蔑するどころか、尊敬の念を抱いているのだ。日本人とはすごい民族ではないですか。



19 comments »

  1. terag3 より:

    えんだんじさん

    今日はまた良いお話を読ませて頂きました。私も常日頃感じていた日本人の凄さと言うのを
    ここまで詳細に具体的に纏めて頂いて心から感服するとともに感謝申し上げます。

    私の友人で先輩に当たる人が、中小企業のメッカである東京都大田区本羽田でものづくりの
    小さな工場を経営しています。
    この人はパソコンをやっていませんので電話と手紙でしか連絡が取れませんが、このたびの
    えんだんじさんの「日本人のすごさ」をコピーして送ってやります。

    またこのような話を小学生以上の教科書にも載せればサヨクの自虐史観などに洗脳されずに
    日本人に生まれた誇りと併せて愛国心も芽生えて来るのではないでしょうか。

    大江健三郎や、五百旗頭真などが、のさばるような日本であってはならないと感じています。
    良いお話を有難うございました。

  2. kuni-kun より:

    職人ってすごいですよね!

    今回の震災で、車も家電も海外に押され、日本はだめになっているといった、最近の風潮が嘘だと分かりました。
    日本が動けなければ、作れないものが多すぎなんですよね。

    アメリカ・中国が被災しても、車は作れます。
    でも日本がモノづくりできなければ世界中の製造業が止まるんですよね。

    自分の仕事でも、中小企業の職人魂に助けられている部分は大きいです。
    そういうの大事にして行きたいです。

  3. えんだんじ より:

    terag3さん

    ほめていただきその上お礼を言われて恐縮です。
    それにしても日本の職人はえらいですね。
    私など愛社精神などつめの垢ほどもなく、仕事への誇りもなく、ただただ給料の額が気になり、高給だすところはないかと虎視眈々と狙っていたわけですから、生き様がはずかしいですよ。

  4. えんだんじ より:

    kuniーkunさん

    ブログへのコメントありがとうございます。

    震災の間隙をぬって支那や韓国が日本のシェアを分捕ろうとしているようですが、物づくりに関しては無理でしょう。彼らは、金にもならないことに自分の人生をさずけることはできないからです。彼らは日本人の物づくりにかける心意気が理解できないのです。

  5. りんごあめ より:

    日本人に生まれて本当に幸せです♡
    かつて物議をかもした映画「靖国」の中に日本刀職人の働く姿が描かれていましたが
    本当に神聖な姿に心を打たれました。
    日本人のもの作りには神様が宿っていますね。
    映画そのものはともあれ、職人や祈る人々の姿の美しさには感動しました。

    以前、ブルドックソースが買収されそうになった時、
    みんなが会社を守ろうと株と手放さなかったことが話題となりましたが、
    米国人が、もうかるのになぜ?と不思議そうにあきらめた姿が印象的でした。
    日本人にとって、会社は株主のものではなく、やっぱり今でも社員のもの、社会全体のもの。
    震災においても、当然のこととして助けに駆けつけるのも、そういう考え方に基づくのではないかと思います。
    ただ、かつては災害時に地域のお助けマンとして直後から活躍する中小の建設業者がなくなっていて
    がれき撤去などが遅れたと聞いたので残念です。

    会社だけではなく、日本全体が家族だと言うことは、今回の悲しい震災の中でも助け合いの美しい姿で証明されました。

    この美しい神の国日本を守り続けるひとコマになれたら本望です。
    毎日を堅実に日本人らしく生きたいものです。

  6. えんだんじ より:

    りんごあめさん

    ブルドックソース買収の件よくおぼえていましたね。私はすっかり忘れていました。まさにあれこそお金がすべてではないという日本人観の表れですね。
    我を忘れて金儲け主義に没頭していますが、やはり心のどこかにお金がすべてではないという感情が日本人にあるんですね。資本主義全盛時代に日本人の存在は貴重な存在ですよ。

  7. terag3 より:

    今、改めてこのエッセイをワードにコピーして読み直してみましたが、アダムとイブの話からキリスト教徒の労働観と日本の神道、八百万の神々を信仰する日本人の労働観というものの違いを改めて認識させていただきました。

    まさに、えんだんじさんの仰る通りで納得いたしました。つい最近まで米海軍横須賀基地内でも白人と黒人の差別がありましたが、さすがに現在は一切そのようなことはありません。
    またそれにもまして現在の状況は実に進歩的で、まず驚くのが彼らには職業の貴賎という意識がありません。たとえば日本では清掃業務に従事している作業員とホワイトカラーと呼ばれる会社員とでは見る目が違いますが、彼らは全然無頓着で人種差別もなく誰とでも「ともだち」関係で、基地内で働くすべての人たちに、にこやかに「ハロー」「おはようございます」などと声を掛けきて、重いものを運んでいれば手を貸してくれたり、事務所に入っていけばアイスクリームやケーキを出してくれたりと積極的に友人関係を作ろうとしているようです。

    基地内で働く白人、黒人、フィリピン系など米軍関係者、お偉いさん含めたすべての人々がそのような雰囲気なのでこれも日米友好の絆が太くなってきた証拠かと基地で働いている家内の話を聞いて思ったものです。
    ちなみに3児の母親である娘も基地内の印刷会社で技術営業をやっており我が家では女二人が米海軍基地でお世話になっております。

    えんだんじさんの「ゴッド」から「古事記」に出てくる日本の神様の話・・・労働観・・・奴隷制度などのお話から以上のような思いが頭をよぎりましたのでコメントさせていただきました。

  8. えんだんじ より:

    terag3さん

    50年前私が外資系に初めて勤め出した時、1ドル360円。白人が日本にくると豪勢な生活ができたものです。帝国ホテルなどの一流ホテルのロビーは白人ばかり、まるで外国にいるような感じでした。白人どもはえばっていましたよ。勿論紳士的な白人も多くいましたけど。日本の経済発展とこの50年の歳月は大きいですね。白人が日本語を話す人が多くなったこと。

    異民族同士仲良くやっている間は問題ないが、なにか問題があった時には必ず人種間の摩擦がありますね。だから在日外国人の参政権はとんでもない話です。

  9. terag3 より:

    えんだんじさん

    仰るとおりです。同じ地域、土地に住む異国人同士その国に帰化して同じ国の人間になったとしても中々自分たちが生まれ育った祖国のことは忘れ難いものです。
    その結果、何か問題が発生したときに必ず自分たちの文化や価値観などの相違が正面に出てきて大きなトラブルになることもある訳ですね。

    その点、真の日本人たちは偉かったです。あの「442日系人部隊」の話にしても、自分たちの祖国の人間と戦うことになった日系人たちの心情を思うと如何ばかりかと切なくなる思いですが、一方、当時の東条英機首相はその日系人部隊に対して「君たちはアメリカと言う祖国のために戦え」と言ったというのですから立派です。

    昨日、奇跡のムラと言われる山形県鶴岡市月山のふもとの黒川で室町時代から続く黒川能の話をまとめたNHKBSプレミアムの再放送を見ましたが、これぞ日本の原点であると感動しました。
    「三代友達~大地の祈り~黒川能の絆」というやつですが、これもえんだんじさんが仰る村全体が家族の一員のようにそこで暮らすための仕事、農業に自分の人生の意義が込められているという・・・またその人々の顔が皆いい顔をしていて輝いて見えました。まさに東北の底力を感じました。

    ともすれば進歩派の人々は、なんでも新しいものを求めてガツガツと行動していますが何でも新しければよいというものでもありません。日本の古き良きものも大事にしていかねばならないと痛感した次第です。

  10. 奥様 より:

    えんだんじさま

    いつも精力的にブログの記事をお書きになり、感心しています。

    日本人であることを本当に誇りに思います。

  11. えんだんじ より:

    奥様さん

    ありがとうございます。これからもできるだけ長くつづけたいと思っております。これからもご愛読のほどよろしく御願いいたします。

  12. 枚岡 より:

    それにしても日立金属さんの自己潤滑性工具鋼、SLD-MAGICのトライボロジー特性は評判が高い。ここは戦時中、国産初のジェット戦闘機のエンジン、ネ-20を海軍航空技術廠が開発しようとして、かじり(凝着、焼付き)に苦しんでいた時にここの安来工場が新合金を開発して、なんとか実用化に成功したとのこと。この技術を復活させたのが今回の高性能工具鋼なのかもしれませんね。

  13. えんだんじ より:

    枚岡さん
    ブログへのコメントありがとうございます。
    私は技術屋ではないので高性能工具鋼のことはわかりません。
    日本の高度の技術力と解釈し、感心しています。

  14. 中野ハガネ より:

    先日、その高性能工具鋼の自己潤滑性とかいう話を日本トライボロジー学会で聞いたが、モリブデンとかカーボン、それにDLCコーティングなどの怪しげな論説とも整合し、油中添加剤の極圧効果にも拡張できる話は面白かった。そのメカニズムをひらたくいえば世界初の本格的ナノマシンであるボールベアリング状の分子性結晶が表面に自己組織化されて、滑りが良くなるということらしい。

  15. えんだんじ より:

    中野さん

    ブログへのコメントありがとうございます。
    私はまるっきり機械音痴なので理解できませんが、いずれにしてもわざわざコメントいただき有難うございました。

  16. 名古屋特殊鋼関係 より:

     最近、トライボロジー分野で久保田邦親博士が炭素結晶の競合モデルという鋼と油の相互作用を論じた画期的な摩擦理論を提案された。これによると、境界潤滑下で発生するダメージは油が変質したダイヤモンドであり、極圧添加剤はそうならずに結晶の層状潤滑性の高いグラファイト層間化合物というボールベアリング状の結晶体を作るからだという。この専門の人間ならストライベック線図を思い浮かべていただきたいが、そこには流体潤滑(固体同士の非接触)と境界潤滑(固体同士の接触)というもの中間に両者中韓状態を設定し潤滑ー摩擦の全体像を示そうとしてきた。しかし流体潤滑理論の方ばかり精密化が進行して、境界潤滑は理論と呼べるものもなく、いわば航空機で例えると双発機の片側のみで滑空しているような状態だった。両側がちゃんと使えるようになると、もっと変幻自在にこの分野が発達する可能性を感じた。
     以前より、軽量化と境界潤滑は機械の進化のボトルネックと考えていたのでいろんな分野で新たなブレークスルーが行われているのを感じている。

  17. 元某独立行政法人系の研究者 より:

     いずれにしても、炭素結晶の競合(CCSC)モデルは境界潤滑分野におけるもっとも美しすぎる理論と巷では言われています。それにくらべて硬質皮膜で威張っている技術者、なんでそんなにデータばらつくのか分かっていないんだなとおもいます。

  18. トライボシステム展望 より:

     やっぱり産業機械の国の競争優位性は境界潤滑をどう制御するかにかかっていて
    ドイツ車のダウンサイジングの嵐も、結局ピストンピンにDLCだった。しかしこれは違う。潤滑システムを見直せと言っている。自分の担当の部品だけに固執して表面硬度
    をガンガン上げて、相手材を破壊したり、循環システム全体にナノダイヤをまき散らすのは良くないといっているのだ。つまりドイツ方式の部分最適化ではなく全体でドイツを上回るエンジンを作れる展望を示しているのだと思う。

  19. 企業経営関係 より:

    日立金属が発表した炭素結晶の競合モデル(CCSCモデル)というものは破壊的にイノベーションの一つと思われる。
     なぜなら、いままでボールベアリングを人類はせっせと作っていたが、それがナノ結晶レベルの自己組織化能力により、等価の機能を有するGIC(グラファイト層間化合物)結晶を生成させる特殊鋼からだ。
     これは明日の機械産業の在り方を変えてしまうかもしれない革命と思う。この理論、ダイヤモンド理論ともいうがそれ以上のものだと思う。

Leave a Comment

 

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)