真正保守とは?



最近保守の間で顕著になってきたなと思うのは、保守が完全に二つに分かれてきたなという思いが強くなったことです。特に鮮明になったのは対アメリカ政策です。対アメリカ政策で二つに分かれてきたということは、何かというと、シナの軍事力の強大化とアメリカの軍事力を含めたアメリカ国家全体の弱体化に対して、日本は一日も早く憲法改正、ないしは憲法破棄と新憲法制定し、従軍慰安婦事件では河野の国会で証人喚問したりして国で徹底的に調査して疑いをはらす。南京事件も徹底調査して疑いを晴らして日本国としての結論を出す、同時に日本の軍事力の一大強化、こうしてこれまで日本がアメリカの保護国のような状態から脱して、真の独立国家として日本が対米関係を対等にして軍事協定を結ぶのです。これこそが真正保守の目的なのです。安陪総理は、最初の頃は真正保守派の希望の星のようでした。ところが現在の阿部総理は、すっかりトーンダウンしてこと対米政策に関しては、これまでの自民党総理たちとほとんど変わらなくなりつつあります。

一方アメリカ側にたって考えれば、日本が自主憲法を持ち、軍事力を強化し、完全に一人前の自主独立国家に衣替えするのを100パーセント歓迎するわけにいきません。これまでのようにアメリカの保護国の状態の方が扱いやすいからです。阿部総理がおそらく最初の頃考えたような強力な自主独立国家日本の誕生は、シナも韓国もきらうどころかアメリカさえも単純に同調できない面があるのです。現在ではアメリカ本国からも安陪総理へのブレーキがかけられているのではないでしょうか。それが安陪総理のトーンダウンの理由ではないでしょうか。我々保守が気を付けねばならないのは、キャロライン・ケネディー大使の日本赴任です。彼女は、本当にオバマ大統領選への貢献だけで駐日大使に指名されたのでしょうか。指名目的が他にあるのではないかと勘繰られます。彼女には、ケネディー人気に支えられて、日本の一般庶民に歓迎される超有名人なみの人気がある。彼女の発言もそのため発信力が強い。その人気度をもって彼女は、日本の巨大な自主独立国家誕生にブレーキをかけないだろうか、従軍慰安婦や南京事件などにたいしてアメリカの太平洋戦争史観を堂々と持ち出すか、あるいは適当にぼやかして日本側意見には同調しないのではないかと私は、見ています。皆さんはどう思われているのでしょうか。

我々真正保守は、安倍総理が期待に応えられない首相とわかったら誰を首相にしていいのかわからない状態です。代わりがいないだけにシナ、韓国は、強烈な反阿部政権になり、また米国も反阿部になり、日本をアメリカの保護国のまま抑え込もうとするでしょう。こういうご時世で存在感を増すのが真正保守勢力です。ところが真正保守勢力が少ないときています。圧倒的に多いのが疑似保守勢力です。疑似保守勢力とは、保守を装いながら、実体は保守ではなく、情勢によってどうにでも変わる連中のことです。平成23年度、中学校の教科書採択戦の時、日本には疑似保守勢力が沢山存在することをまざまざとみせつけてくれました。歴史教科書を出版した育鵬社の歴史教科書執筆者が、公然と南京事件はあったことと公言したからです。少なくとも保守陣営では、南京事件はなかったというのが常識になっているのに、わざわざ「南京事件は、あった」と公言しているのです。これに対して育鵬社の歴史教科書を支持した保守知識人は、なに一つ反対することもなく受けいれたのです。日本の保守言われる人たちが南京事件を公認したので、シナ側はさぞかし喜んだでしょう。南京事件否定派の渡部昇一氏は、同じ育鵬社の歴史教科書の監修者の一人になっているのです。櫻井よしこ氏も南京事件否定派だが、育鵬社の歴史教科書の支持者になっているのです。誰ひとりとして、育鵬社の南京事件肯定を激しく批判した知識人はいないのです。さらに驚いたことには、歴史教科書の採択戦が終わり、実際の歴史教科書が多くの人々に手にわたった時には、育鵬社の歴史教科書の中で「つくる会」の歴史教科書の47カ所を盗作していた実態が判明しました。すぐに「つくる会」の執行部は、育鵬社に連絡し、どのようにして解決していくか話し合い解決を要求しました。しかし育鵬社側は、「盗作はしていません」の一点ばりで話し合い解決を拒否しました。

一方、平成23年度の教科書採択戦では、育鵬社は、「つくる会」が作成した歴史教科書の年表が東京書籍の年表を盗作していると公表し、朝日新聞はそれを記事にし、市民団体「子どもと教科書全国ネット21」は、横浜市で記者会見を開き「つくる会」の年表を盗作と発表した。要するに故意か偶然か、育鵬社、朝日新聞、「子どもと教科書ネット21」が三者一体になって「年表流用問題」をとりあげて「つくる会」を非難し、教科書採択戦でネガティブキャンペーンに利用した。その結果採択戦では、「つくる会」壊滅的な打撃をうけました。ところが育鵬社の「つくる会」歴史教科書、47カ所についての盗作には育鵬社、育鵬社支持者の知識人、朝日新聞、「子どもと教科書全国ネット21」は、なに一つ反応しませんでした。そこで「つくる会」執行部は、「つくる会」の総会で育鵬社盗作の実態を世間に公表することに決定したのです。それが平成24年10月25日に自由者から出版された「歴史教科書盗作事件の真実」です。この本は、メディアででもあの朝日新聞でさへベタ記事扱いで、ほとんどとりあげず、育鵬社教科書支持派の保守知識人からは全く相手にされませんでした。

それでは、疑似保守知識人は、育鵬社の南京事件公認の公言や盗作事件をなぜ批判、非難ができなかったのでしょうか。育鵬社はフジテレビの子会社。フジテレビは、フジサンケイグループの統率者です。フジサンケイグループは、産経新聞、月刊誌、保守系の出版社など日本最大の大保守グループです。保守知識人たちは、育鵬社の教科書に反論したら、自分の得には一つもならないことを瞬間にさとっているからです。私はその疑似保守知識人がまだ40、50歳代であれば非難するつもりは全くありません。彼らもこれからもっと稼がねばならないからです。私が強く非難したい疑似保守知識人は、もう功なりとげた年配者の知識人です。こういう時にこそ堂々と非難するのが保守知識人の長老たちの務めではないでしょうか。ここに日本の保守知識人たちの欠陥があります。くわしくは、私が今年の6月15日に総和社から出版した『保守知識人を断罪す。「つくる会」苦闘の歴史』を参照してください。

安倍総理が最初に政権に就いた時、安倍氏は、強力な日本自主独立国家形成を目指しましたと思います。その時の阿部総理のファイブ・ブレーンは、八木秀次氏、岡崎久彦氏、中西輝政氏、屋山太郎氏です。彼らは育鵬社歴史教科書生みの親のようなものです。育鵬社支持者の保守知識人は、ほとんど全員が疑似保守です。彼らは、日本が強力な軍事力を持つ完全な自主独立国家になるより、いままでと同じようにアメリカの保護国となってその中での日米の軍事同盟を続けることを望んでいるのです。アメリカ政府とほとんど同じ感覚なのです。二回目の安倍政権が誕生した時、安倍氏のフアィブ・ブレーンなど話題にならなかったので、彼らとの縁が切れたと私は思っていましたが、八木秀次氏が「教育再生実行委員会」のメンバーの一人に選ばれていますから、安倍氏のまわりには相変わらず疑似保守勢力が多いのでしょう。安倍氏の政策のトーンダウンをとがめても、逆に安倍氏がわから見れば、いくら安倍氏がやる気満々でもまわりに疑似保守勢力ばかりでは、やる気がトーンダウンするのも当然でしょう。いずれにしても日本の本格的自主独立国家再現は、ほとんど望がないのではと思っています。疑似保守陣営の間で珍現象が起きています。南京事件は、なかったのが保守の間での常識です。ところが育鵬社が「南京事件はあった」と公言し、その歴史教科書を支持している疑似保守の人たちは、シナの人たちを喜ばせといて安倍氏が靖国神社を訪問しないのに文句をつけています。自分の言動に何一つ疑問を感じない、あるいは感じていないふりをしている、まさに疑似保守なのです。

9 comments »

  1. terag3 より:

    えんだんじさん

    安倍総理の誕生に、これまでの総理として見れば現状で、外に総理適任者は見当
    たらず期待したのですが、従来の自民党総理と対して変わらなくなりましたね。

    これまでの総理の中では、やっぱりダントツで、小泉純一郎元総理でしょう。
    なにしろ彼は、靖国参拝を毅然として実行しましたからね!

    安倍総理は、周囲のブレーンたちから何やかやと注文を付けられているのでしょう。
    信念の強さが見られず、腰が引けた感じ、いわゆる「ヘタレ」を感じています。

    一方、キャロライン・ケネディ大使ですが、彼女には余り期待しない方が良いだろうと
    思っています。
    父親の、元ケネディ大統領は、私の最も尊敬する政治家であり、小泉進次郎も同じだ
    そうですが、彼の海軍時代、魚雷艇PT-109号の艇長時代に、日本軍の駆逐艦と
    衝突沈没した際に、部下全員をリーダーとして救ったこと、そして大統領就任時の
    あの名演説「国民は国家に対して何かを求めるのではなく、国家のために何が出来る
    かを問うてほしい」・・・・この言葉には心底痺れました。

    そしてキューバ危機への決然たる対応、人種差別撤廃への取り組みなどなど・・・・
    そういう父親を持った、キャロライン大使ですから、恐らく日米同盟を弱体化させる
    ようなことはしないでしょうが、多くのことは期待しない方が良いと思っています。

    また話に出た八木秀次氏のことですが、日本会議の月刊誌「日本の息吹」12月号
    で非嫡出子相続に関する最高裁「決定」に対して物申すと言って、>法律婚の軽視
    婚姻共同体の危機であり、法務省の家族解体を目指す確信犯たちは婚姻共同体の
    弱体化の一環として、民法改正を画策し、それを一里塚として夫婦別姓の導入も考え
    ているのだろう・・・と正論を吐いています。

    一方彼は、中共の要人たちと面談して、南京大虐殺を認めるような、いい子ぶった
    発言をして中共に阿るという、内面と外面が違う二重人格者のようなことを仕出かし
    ています。
    正に、えんだんじさんが嫌う、似非保守そのものだと断じて良いと思っています。

    いずれにしても現状日本の国内を見回しても、一人として立派な政治家が見当たら
    ないという全く情けない日本になり下がっている訳です。

    優秀なる若手政治家の台頭が待ち望まれる今日この頃です。

  2. えんだんじ より:

    terag3さん

    全く同意同感。さびしいかぎりです。

  3. より:

    >「つくる会」の総会で育鵬社盗作の実態を世間に公表することに決定したのです。
    それが平成24年10月25日に自由者から出版された「歴史教科書盗作事件の真実」です。

    従来の教科書に対抗して出てくるものなら、何でもいいと思っていましたが、ここ、
    えんだんじさんのブログを見なければずっと知らないままに過ぎていったことでしょう。

    八木氏は以前、産経新聞に定期的に書いていたし、正論にも、例えば12月号に安倍氏の
    靖国参拝をしないことについて擁護していました。
    これだけ見ると大きな尻尾は出していませんが、育鵬社教科書のいきさつを読むと大変胡
    散臭い人間だ、と思います。

    偽物は何かの際に正体をあらわすもので、注意深く監視を続ける事が必要ですね。

    何時も目を覚ましてくださるブログ有難うございます。

  4. えんだんじ より:

    偕さん

    そのとおりです。八木氏は、要注意人物です。シナのスパイなどと呼ばれたりしていますが、彼自身、自分の
    スパイ否定を裏付けていません。

  5. ご連絡 より:

    以前、投稿した者ですがHNを失念してしまいました。
    駐日大使の件ですが、皇室存続のために利用させていただくべきと考えております。
    http://nihonnococoro.at.webry.info/201304/article_7.html
    竹田恒泰率いる竹田研究会にとっては好都合ではないかと思うのですが。

  6. 森 武蔵の守 より:

     誠に情けない限りの日本国の現状で、保守と思われていた人達も、国政の中心に、あるいはマスメディアの脚光を浴び始めると、疑似保守になり下がり、ああ、この人もか!とがっかりすることが、戦後繰り返されてきたように思います。
     原爆2発を落とされ、戦争に負けた以上は、勝った側の言う事をきかねばならぬと思いこみ、だらしのない事だけはピカイチの国柄に落ちぶれてしまいました。
     唯々諾々と東京裁判史観を受け入れたまま、先人の、あるいは英霊の思いを冒涜したまま、「誤りは二度とくり返しません…」の原爆碑、「諸国民の公正と信義を信頼し…」の憲法前文、国家としての自然権まで否定した「9条の順守」「陸海軍の廃止」、明らかに近代の断種たる「十一宮家の廃絶」、教育の破壊たる「学制の改悪」、それらは戦後の自主独立をはたした日本が、人としての誇りを失わなければ、とっくに自ら変えられた事と思います。
     その覚悟もなく、近隣諸国に「靖国神社の参拝」に言いががりをつけられ、内政干渉と突き放すこともせず、「慰安婦問題」「南京虐殺」「教科書問題」と、次々に歴史捏造のプロパガンダを浴びせ来る近隣諸国に、対抗すらせぬ我が政府。
     度重なる弱き外交姿勢に怒りもせず、自らの政府を援護しようともせず、政権の足ばかりすくう野党とマスメディア。
     
    「石油に始まり石油に終わった」大東亜戦争のエネルギー問題も、「日本は資源小国」との大前提のまま、石油メジャー
    の世界体制から脱却せんとする強い国家意思もなく、今や日本商船隊の約70%はフィリピン人であり、日本人船員は僅か5%にしか過ぎないのです。いくら海上自衛隊がシーレーンを守っても、フィリピン人船員以下外国人船員に頼る日本海運の根本的な脆弱性は、改善に程遠いままです。
     大東亜戦争の敗因を、全て軍部に押しつけ、国家総力戦の敗北の因すら実証せず、マル経史観のまま嘘の伝承を教える歴史学者達々。彼らは疑似保守に身をやつし、コメンテーターとして、半分真実半分嘘を教えているが、それを真に受ける自信満々の、各界に存する不勉強の受験秀才達。
     与野党共に巣くう、近隣諸国からの間接侵略を秘かに受けた、国会で怒号する売国政治家達。
     復興予算の分取りに、国家を憂う心なき、省益にむらがる官僚達。
     この政権で、総理大臣自らが靖国参拝ができなければ、政権に対する真正保守の失望は極めて大きいと思われます。
     日露戦争勝利以来の米国の日本敵視は、いまだ地下水脈に人種偏見としてどす黒く流れ、近隣諸国の百年続く日本に対する嫉妬暗黒の反日思念は、異常な高ぶりの戦争エネルギーを、今日まで蓄えてまいりました。
     このような国際情勢で、ケネディ氏に日本は期待をしてはなりませぬ。
     戦後68年、全ては日本国民が負うべき自らの責任であり、動かしようのない地政学的日本の、極東における立ち位置は、いやでも我が善男善女達を、正気つけてくれることでしょう。
     国家民族を挙げて「スエーデン症候群(ハイジャック犯より救助の機動隊を憎んでしまう、裏切りの倒錯精神)」に落ち入った日本には、それにふさわしい運命が待っているのであり、我らの子孫は、いやでも戦う以外なきものと思う、今日この頃でございます。
     日露戦争が、米欧の代理戦争の面があったごとく、次の極東の戦は、日本がシナとの代理戦争を戦わされる可能性も考えられます。この戦いに、我らの子孫は、大陸に大洋に、ただただ善戦するのみであります。

  7. えんだんじ より:

    森 武蔵の守さん

    私は、米シナ戦争の代理戦争として日本とシナが戦争するのではないかと予想しています。

  8. 森 武蔵の守 より:

     えんだんじ様も、そのように予想されますか。私も同様に思っております。
     アメリカは世界最大の債務国(250兆円)、それに対して日本は世界最大の債権国(310兆円)、2番目は中国(190兆円)と聞いております。日本とシナを戦わせ、両者倒れれば、アメリカの借金はチャラ!これは笑いが止まりませぬ。
     少なくとも、日本に核を超高価格で貸付け、片やこっそりと、電子戦以下、劣勢な通常兵器しか持たぬシナ海・空軍にハイテク武器を輸出し、これでは援蒋ルートの再来であります。
     「分割して統治せよ」は彼ら白人の得意技でありますから、「尖閣は安保の第5条の範囲内」を強調し、シナのADIZ(防空識別圏)内にB52爆撃機を飛ばしたパフォーマンスは、日本に対する「貸し」を作ったに過ぎません。
     尖閣でシナは第二の盧溝橋を仕掛けてくるでありましょう。日支共倒れの暁には、米国長年のフロンティア政策が、マニフェストデステニー(明白なる天命)の基に成就致し、泉下のハリマンも、海軍戦略のマハンも、黄色人種憎悪のFDルーズベルトも、さぞかしお喜びでありましょう。
     疲弊したシナは3~4小国に分割され、そこには国際金融財閥念願の、「世界政府」の首都も建設されることでありましょう。
     我が「ヤマト」には、断固戦うしか道がありませんが、この戦いに民族として生き残れば、米英欧の「一神教」の教義が、いかに世界平和に程遠い邪悪な思念であったかを、世界に覚醒してやることができる、の日がやってまいりましょう。
     日の本に人種差別はありませぬ。八紘一宇の理念を、高く掲げられるのは日本のみと思っております。
     

  9. えんだんじ より:

    森 武蔵の守さん

    例え代理戦争でも日本は、勝たなきゃどうにもなりませんから、軍備増強は避けられません。
    しっかりしてもらいたいものです。

Leave a Comment

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)