ケネディー駐日大使への手紙



先月11月2日のブログで、「大東亜戦争は、アメリカが悪い」の英文版「The USA is responsible for the Pacific War」を9月末から日本に駐在する外国の大使館や領事館に郵送し始めたと書きました。現在、アメリカを除いて全部で185ヶ国の大使館、領事館に送りました。アメリカを除いた理由は、ケネディー駐日大使がまだ日本に赴任していなかったからです。その後赴任しましたが、赴任したばかりで送っても非常に忙しいから、少し落ち着いてから送った方がいいだろうと思っていました。赴任を待っている間にA4の紙一枚の手紙を本の表紙の裏に入れて送れば「ゆうメール」、即ち340円で送れるから手紙を書くことに決めました。外国の大使館、公使館合計185ヶ国に送った時には、すべて共通の送り状をつけて送りました。今回この本の送り先の本命は、アメリカなので、新任大使が私の本を読まなくても、せめて私の書いた手紙ぐらいは、読んでもらいたいというのが私の率直な気持ちです。

そこで筆をとりましたが、いざ書こうとすると何を書いてよいやら具体的なアイデアが浮かびません。一枚の紙にまとめて書き上げるのもなかなか大変です。何を書いてよいか悩んでしまいました。ケネディー大使は、私の本を読まないケースが十分にあり得ます。そこで手紙だけなら読んでくれるケースが十分にあり得るので、本を読まない場合を考えて、手紙にはこれだけは訴えたい、その訴えたいものを一枚の紙に書くことにしました。試行錯誤しながらあれや、これらを書き連ね、それを完結にかつ明快にまとめることにしました。書き終えた段階で、他の人はどう思うか気になり友達にみせました。すると彼は、まるで私がケネディー大使にけんかをしかけているようだ、もう少し柔らかく書けないかと言われてしまいました。私は、そう指摘されるのはむりないと思っていました。なにしろいざ書くとなると、私の思っていることをずけずけと書きつらねるのがくせであること、もう一つは私の英作文の作成能力がとぼしいこと。しかし業者に頼んで手紙をかいてもらうことはしませんでした。出版となれば業者にお願いしますが、手紙なら自分の実力で書いて、少し位品性を欠いても自分の実力だからしょうがないと思っていました。色々訂正、追加、書き直しをいれて書きあげたのが以下の英文の手紙です。

Dear Mrs. Ambassador
Welcome to Japan.
I hope you to understand that this letter and my book are not sent you to lead your hostility to us.
This letter concerns the historic view for the Pacific War. You have already your view for the Pacific War. The book enclosed is my view for the same war. A leading survey report in the USA says that the President Roosevelt is very popular among American people. I can not understand American people’s mind.
The President Roosevelt could not understand that Japan was a bulwark for the Communism in China and other Asian countries at that time. On the contrary, he cooperated with the Communism country, the Soviet Union. He went to war with Japan and won the war. He contributed to the Communism’s development. However, the USA lost all business trade in all China. Moreover the USA had to go to war with communist countries, that is, North Korea and North Vietnam assisted by the Soviet Union in order to avoid communism expansion in these countries and other Asian nations.
The USA did not only win these wars but also suffered about 100,000 American soldiers’ casualties.

Although the President Roosevelt died before the Pacific War ends, the above mentioned disastrous loss was due to Roosevelt war policy to Japan. In spite of these historical facts,
why Roosevelt was so popular among American people. The reason which can be thought is America’s historical background, that is, the racial discrimination for colored people.
No matter what may occur, the USA had to destroy Japan. This was their white’s destiny.
That is the reason why USA is not able to explain American people why they were going to war with Japan.
From now on to establish the future good relationship between the USA and Japan, I think the USA might not control Japan under the USA’s historical view for the Pacific War. Neither the USA nor Russia will refer to the Cold War each other.
Your reading my book will be much appreciated.
I hope that you will have a wonderful time while you are staying in Japan.

Very truly yours
T. Suzuki

念のため、この手紙の簡単な和訳をつけておきます。

「私は、日本国民に対して貴女の敵愾心をあおるためにこの手紙と本を送ったものでないことを理解していただきたいと思います。この手紙は、太平洋戦争に関するものです。貴女はすでに太平洋戦争史観を持っておられると思いますが、この同封した書物は、同戦争に対する私の戦争史観です。
アメリカの一流会社の調査結果によりますと、故ルーズベルト大統領に対するアメリカ国民の歴代大統領に対する人気度が非常に高いことがわかります。しかし私には、アメリカ人のこの高い人気度を全然理解できません。彼は、当時の日本がシナやアジア諸国への共産主義伸張の防波堤であったことが全然理解できていません。それどころか彼は、ソ連と協力さえているのです。
彼は日本と戦争し、日本を負かして共産主義の発展に貢献しているのです。
アメリカは、日本に勝利したが、シナにおける全ての商売利権を失い、さらにアジア諸国の共産主義発展を阻止するために、ソ連の支援を受けている北朝鮮と北ヴェトナムと戦争さえしているのです。アメリカはこれらの戦争に勝てなかったばかりか、十数万の味方の兵士の死傷者をも出してさえいるのです。大東亜戦争終了前にルーズベルト大統領は、死にましたが、しかし上記の悲劇的損失の原因は、ルーズベルトの日本への戦争政策によるものであった。これらの歴史的事実にもかかわらず、なぜルーズベルトは、アメリカ国民の間で人気が高いのか。考えられる理由は、アメリカの歴史的背景、即ち有色人種に対する人種差別です。
例えどんなことが起ころうともアメリカは、日本をつぶさねばならなかった。これが白人の宿命なのです。アメリカ政府が、なぜ日本と戦争しなければならなかったのかアメリカ国民に説明できない理由がこれなのです。
これからの良好な日米関係を築くためには、私は、アメリカはアメリカの太平洋戦争史観で日本を管理すべきでないと思っています。アメリカもロシアも冷戦についてはお互い言及しあうことはありません。
もし貴女が私の本を読んでいただけたら、これほどよろこばしいことはありません。貴女が日本に赴任している間、すばらしい時間を過ごされるよう心から望んでおります。」

この手紙は、まだアメリカ大使館に送られてはいません。12月はクリスマスや年末年始の休暇でケネディー大使が日本にいないのではと思ったからです。そこでこの手紙は、来月一月半ばごろ郵送するつもりです。そこで皆さんにお願いがあります。もし読者の中に、自分だったらこういう手紙を書くとか、あるいは私の手紙の中にこういう文章をいれてみたらとか、何かアイデアがありましたらどうぞ遠慮なくお伝えください。もし公開するのを躊躇するようでしたら、私のブログの左側コラムの一番上に「お問い合わせコーナー」があります。そこ利用すると公開されず、私あてへの直接メールになって私のところに届きますので、ぜひご利用ください。


これが今年最後の私のブログです。皆様、今年もありがとうございました。来年も引き続きご愛読されますようお願いいたします。それでは皆様良いお年をお迎えください。





10 comments »

  1. terag3 より:

    えんだんじさん

    このたびの「ケネディ駐日大使への手紙」和約を拝読させて頂きました。相手を責めないように
    柔らかくというのは、言いたいことを簡単明瞭に伝えたい思いと相反して難しいでしょう。

    ところで私は、ジョン・F・ケネディ元大統領を世界の政治家の中で一番尊敬しています。
    あの小泉進次郎も、同じだそうです。

    ケネディ元大統領は私より18歳年上ですが、彼がアメリカ大統領に就任した頃は、なんという
    変な顔をした人物だと思っていました。
    ところが大統領に就任してからの政治家としての手腕は素晴らしいものでした。第一にはあの
    キューバ危機に対する対応、そして第二は、人種差別撤廃の決断力と実行力です。
    そして大統領としての偉大なる演説「国民は国家に何かを求めるのではなく、国家に対して
    何ができるかを問うて欲しい」・・・・この演説に心から痺れました。

    そして衝撃的な事として心に深く刻まれたのが、あの暗殺事件でした。その日、私は28歳で
    市ヶ谷にある某宿泊所に寝泊まりしていて、消灯後の深夜11時ごろだったか、二段ベットの
    上段で毛布を被って、明かりが周囲にもれないようにしてポータブルTVで、ミステリーゾーン
    という番組の、リンカーン大統領の暗殺事件の物語を見ていたのです。

    すると突然、テロップが流れて、ケネディ大統領が暗殺されたと言うニュースが入ってきました。
    なんという偶然でしょうか!びっくりしました。

    その後、彼に対する関心が高まり、いろいろな書物を読みあさりました。彼の海軍時代には
    魚雷艇PT109号の艇長として、日本海軍駆逐艦「天霧」に衝突、沈没して、彼は艇長として
    負傷した部下たちを引き連れて6マイルを泳ぎ抜き部下たちを救いました。
    このエピソードなども有効に活用されて大統領選を戦い、勝ち抜いたのです。

    そのような偉大なる父親を持つ、ケネディ駐日大使は日本人にも広く知られていて彼女なら
    必ず、日本のために理解ある行動で両国の橋渡しになってくれるだろうという期待も大きい
    のでは無いでしょうか。

    したがい、この度のお手紙には、そのへんの日本人のケネディ元大統領への思いも少しは
    お伝えしたほうがよろしいかと思っていますが如何でしょうか?

  2. こーちゃん より:

    英語版の完成、おめでとうございます。
    長年の念願が適い良かったですね。
    今後は、これをいかに生かしてゆくかに掛かっています。

    そうした意味で、ケネディ日本大使に贈呈される事は素晴らしい事と思います。出来れば来日してから親日となったルース前駐日大使や、ケヴィン・メア元在沖縄総領事や、新たに就任した日系のハリー・ハリス太平洋艦隊司令官にも送られたらいかがでしょうか(既に送られてましたら失礼)。

    『ヤルタからヒロシマへ』マイケル・ドブス著 訳・三浦元博 白水社という本を現在読んでいます(視力の衰えでなかなか進みません)。

    この中でルーズベルト・チャーチル・スターリンの姿が活写されています。

    ヤルタ会談時に既にルーズベルトは病身で、この後に亡くなり、トルーマンに対日戦は引き継がれますが・・・既に勝敗が決していた対独戦でのベルリン入場や対日戦でのソ連参戦。ルーズベルトは米兵の被害を少なくする為に、スターリンに酷く譲歩し続け、ポーランドやチェコの戦後支配を許し、その後の東ヨーロッパの国々を単にナチスの支配からスターリンの圧政支配に変えただけでした。

    チャーチルの英国が対独参戦したのは、元々ポーランドなどの解放の為だったにも関わらず、チャーチルの「英国民にどう説明すれば良いのだ」との抗議にも関わらず、ルーズベルトはスターリンの本性を見抜けず、妥協と許容を続け、結局それから50-60年にも及ぶ苦難に、東ヨーロッパの国々を追いやってしまいました。

    オバマはルーズベルトに似ていて(真似ている?)、元来内政に関心があって、あまり外交というか他国(世界)に関心がありません。こうした大統領を戴いた時に世界は不幸に見舞われ、紛争が勃発します。

    これは今ここに有る危機ともいえますし、我々日本人がしっかりと自覚せねばならない現実なのですが、残念ながら歴史に学ぶ事が疎かにされています。

  3. えんだんじ より:

    terag3さん

    期待するケネディー大使、今度の安倍総理靖国神社訪問に対するアメリカ大使館の反応は、まずかったですね。やはり民主党政権だとつい本音の反日が出てしまうのでしょうか。

  4. えんだんじ より:

    こーちゃん

    お久しぶりです。私は、オバマにはっきり言ってやりたい。オバマのように黒人が大統領になれたのは、どこの国のおかげか。日本でしょう。だったら日本の国のことをもっと勉強しろと言いたい。

  5. より:

    私たちの心を代表して(ご著書、お手紙)大使に気持ちを伝えて頂くことに感謝しております。
    米国人は直に意志を伝える習慣があるので大体はえんだんじさんのお手紙通りで良いと思います。

    また、TERAGさんのコメント「、この度のお手紙には、そのへんの日本人のケネディ元大統領への
    思いも少しは お伝えしたほうがよろしいかと思っていますが如何でしょうか」

    の様な、ケネディ大統領に対する日本人の感情も入れたら効果が上がるかとも思います。

    父上ケネディ大統領を大きく持ち上げることは、阿諛追従でなく、娘である大使にとっても名誉なことですから。

    大使にとって、父ケネディ大統領が誉められば誉めるほど、オバマ氏が軽い、危うい大統領に感じられることも
    戦術の一つではないでしょうか。


    *「お問い合わせコーナー」に投稿しましたが、当方パソコン不調の為か、反応なしでした。
    改めてこの欄に投稿いたします。

  6. えんだんじ より:

    偕さん
    「お問い合わせコーナー」から同じものがきています。
    お手数をかけて申し訳ありませんでした。ご提案ありがとうございます。

  7. terag3 より:

    えんだんじさん

    本日、昨年の、えんだんじさんのブログをチェックしていて、偕さんのコメントを読ませて頂き唐突に
    頭に浮かんだ思い(事件に対する警察の対応への不満)を、当該ブログには関係ありませんが、
    番外編としてコメントさせて頂きますので、お許し下さい。

    まずは例の、横浜地検川崎支部から逃走を許した杉本裕太容疑者への無様な対応、危機管理が
    まるでなっていない弛みきった実態は何ですか、言い訳は一切無用で、今後は全部署に対して
    常に想定外を想定させる万全な対応を強く、厳しく求めたいと思っています。

    実は、ケネディ大統領の暗殺事件で唐突に思い出したのですが、あの事件では、暗殺犯狙撃手の
    リー・ハヴェイ・オズワルドがダラス市警察本部に確保され、郡拘置所に移送するため、市警本部
    の地下通路を移動中に、市内ナイトクラブ経営者で、マフィアや、市警本部幹部たちとも関係の
    深かった、ジャック・ルビーに射殺されましたが、この件なども、市警本部幹部からの容疑者移送
    の情報を事前に得てたから地下通路で待ち構えていて射殺することが出来たのでしょう。

    本来なら、移送するためには、警察関係者以外は一切排除して、移送車両に乗せて郡拘置所へ
    安全に護送することが求められているはずです。
    それが守られていなかったというのは最初から犯人である、オズワルド容疑者に真相を話されて
    は困る、ケネディ大統領への暗殺を謀った影の大物の主役が居たことは明らかです。

    日本の警察も色々と大変なことは分かりますが、このような不手際は金輪際、やってもらっては
    困ります。
    もうひとつ気に入らないのは交通違反への取り締まりです。一時停止違反や、スピード違反の
    いわゆる、ネズミ捕りと言うやつ、あれなどは正に警察官のノルマで、一人でも違反者を捕まえ
    れば担当者の成績が上がる仕組みになっているようです。
    もっと大事な、やるべきことがあるだろう、警察は何をやっているのだと強く言いたいです。

    それよりも厳しく取り締まって欲しいのは、暴走族たちです。騒音をまき散らしてわがもの顔に
    走り回る、暴走族に対しては、取り締まりが甘すぎます。
    そのくせ、一般庶民というか大人しい成人たちには、物陰に隠れて違反者を捕まえて罰金刑を
    言い渡すなどあまりにも不平等と言うものです。
    警察は、これらの不平等と見られる取り締まりに対して、良く考えなおして欲しいものです。
    以上、番外編としてコメントさせて頂きました。

  8. 森 武蔵の守 より:

     本年も宜しくお願い致します。えんだんじ様のブログ、毎回楽しみに読ませて頂いております。
     私はこのブログで思いを等しくし、怒りを感じているのは自分だけではないのだと、共感の意を強くしておりますが、今回の英文と和訳文、読ませていただきました。この文面で判る者は充分判ると思います。
     今次大東亜戦争で亡くなった将兵の無念・疑問の思いも、この文面に含まれていると思います、何のために彼らは死ななければならなかったのか?!ルーズベルト自身の愚者としての資質のみならず、彼を裏で操っていた、スターリン差し回しのコミュニスト達、誠に共産主義思想ほど、地球人類に大きな厄災を招いた思想は、人類史における宗教戦争同様に、極めて罪深いものと感じております。
     日本を敗北に追い込んだ、真の戦犯達。取り分け帝国海軍の戦争指導は理解に苦しむ戦略であり、何故の対米真珠湾攻撃なのか、何故に西方攻略を放棄し、絶対国防圏を無視し、米豪分断のごとき敗北の道を選んだのか?
     統制経済・国家総動員を企てた、ソ連かぶれの官僚や帝国陸軍軍人たち。かれらエリートの血を引く、受験秀才達は、今日も同様の構図で日本の政治中枢に位置を占めております。
     世界はスターリン亡きあとも、彼ら共産主義者の企画通りに操作されていると判断せざるを得ないのです。
     マスメディアで発言する識者・学者に対するリトマス試験紙は、たとえば対支21ケ条の実情、シベリア出兵の意味、ワシントン会議での執拗なアメリカの反日発言と不可解なシナ援護などが、好例と思っています。
     これらを日本の立場に立って解説する者の皆無を見ても、また今回の靖国参拝の扱いも、既に戦犯などは、国内的にも国外的にも法的に解決済みである事実を、きちんと述べる者の絶無な実情からも、今日に続く世論操作が推し量れます。
     陰謀史観として日本では冷笑に付されてしまいますが、ケネディ暗殺はドル札の発行権を国家に取り戻そうとしたことも一因であり、その巨大権力こそ、ルーズベルトを操っていた、アメリカの影の政府であったことは、米欧の一部知識人の、口外せぬ暗黙の歴史了解との推察が、最近の日本の知識人達にも取られるようになってきた傾向は、否定できません。
     ケネディ大使が、父君の無念の死をどこまで理解しているかは判りませんが、せめて心中、「嵌められた」日本の立場に、秘かに思いを致してくだされば、一日本国民としても限りなくうれしいことです。
     えんだんじ様が『逆境に生きた日本人』で示されたごとく、この国は過去・現在・未来ともに、多くの売国奴によって利用され、またされるであろうことを、有権者たちは歴史の記憶が意図的に消される前に、未来の日本の主体性ある国家の生きざまを保持するために、日々勉強し、子子孫孫に伝えて行く責務を感じております。
     このたびの試み、心より応援させていただきます。有難うございました。
     

  9. えんだんじ より:

    森 武蔵の守さん
    本日のブログに書きましたように、軽脳梗塞で入院してしまい失礼をしてしまいました。もう大丈夫です。ケネディー大使の他に日本には五つの米領事館ありますので
    全部に送りました。北海道から送り返されてしまいました。

  10. 森 武蔵の守 より:

     えんだんじさん、退院され安心いたしました。軽度でほんとに良かったです。
     北海道の領事館からは、送り返されてきましたか。無礼千万な白人どもですね。
     彼らは「唯一絶対の善」と「唯一絶対の悪」を前提にした、世界と歴史を歪曲・捏造せんとする邪悪な意思に取りつかれていますから、自らを顧みることはないのでしょう。
     我らは「心の争奪戦」を、戦い抜くのみであります!これは負けるわけには行きませんね。

Leave a Comment

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)