幸運!軽脳梗塞入院記



1月18日(金)朝起きた時、右足にどことなく違和感をおぼえた。夜中に右足にこむら返り二度あり、それを防ぐため右足を二度ほど思いっきり伸ばした。そのためだろうと思い両足のひざを屈伸運動をした。なんとなく正常に戻ったような気がした。朝食の時、牛乳カップを電子レンジで沸かした。そのカップを右手で取り上げようとしたとき、いつもと違って随分重たいのでびっくりして、右手に力を入れて持った。左手で持ってみるとすこしも重たくない。再び右手で持つと最初より軽く感じたがやはり重たく感じる。それを繰り返していくと右手も左手も同じような重さになったのでそれほど気にせずに過ごした。お昼に昼食をとりに外出した。歩いて見ると、どうもなんとなく右足がぎこちない。午後から整形外科医に行くことにした。その整形外科医は、久しぶりだったので受付でちょっと書いてくださいと言われ問診票を渡された。この時はびっくりした。まず自分の名前「鈴木敏明」を書こうとしたら、全く自分の名前が書けないのだ。幼児が書くような字さえ書けないのだ。無理に書いても読めそうにもない。医者が言うには、右足に違和感があり、右手の指に多少の麻痺というと腰からきているとは絶対に考えられません。首か頭かどちらかだ。首はここで調べられるから調べましょう。首に異常はなく、これは頭が原因です。この病院から500メートル先に個人の脳神経外科病院がある、そこでMRIをとってもらった方がいいというので、その病院でMRIをとった。

先生は、これは「脳梗塞です。病院を紹介するから、すぐ入院してください。」そんなに急に入院しなければダメですか」と言うと、先生は、「脳梗塞とわかったらすぐ入院は、世界の常識ですよ。あなたが入院したくないと主張するのであれば無理に入院は進めません。しかし明日は土曜日です。月曜日まで何もしなかったら、症状が進むかもしれないし、あるいは症状が進まないかもしれません。はっきり言えない現状です。私の紹介する病院に入院するかどうかは、あなたしだいです。私は入院を勧めますよ。」
私は、先生の勧めに従って入院することにした。紹介状と診断書をもらいタクシーで千円代でゆける横浜新都心脳神経外科病院に行った。病室で診断を受け、点滴を受けながら入院室に案内されたとき、それまでびっこをひいていなかったのに、その時には、右ひざの下から足をすこし無意識に引きずっていた。それにしてもよく我が家の近くの個人の脳神経外科病院があったものだ。私も前からその個人病院の存在を知っていましたが、まさか自分がかかるとは思ってもいませんでした。実を言うと私の母は。がんを四つ患いすべて手術しましたが、最後はがんの痛みに苦しみぬいて71歳で死んだ。私も二人の妹も我が家は、がん家計と信じた。以来私は毎年年に一回人間ドックにはいり検査した。「早くみつけて、早く叩く」という方法をとったのだ。生命保険のきらいな私は、がん保険にだけはいまも入っています。現在までに三年連続で大腸のポリーブをとっています。この時は入院していません。食道のポリープをとった時は一日入院でした。ポリープは、すべてがんではありませんでした。毎年、血圧、血糖値、体重が高いと言われたことがありません。コレステロールが高いと言われたことはあるが、それほど高いと言われることもなく、脳梗塞になることなどなく、私が病に倒れるのは内臓だとばかり考えていました。それが脳梗塞といわれてびっくり仰天。幸いなことに軽くてすみ、現在は階段を降りるのが怖く、怖いと言っても杖をつくでもなく、一段一段両足をついて下りるわけではありません。「よーし、下りの階段だぞ」と自分で意識しながら注意して歩かなくてはなりません。これだけならリハビリすればいずれは駆け足ができるのではと思っております。

私はこれまでにいくつもの逆教を克服してまいりました。こんどの病気でも入院中、このまま終わってたまるかという心底からわきでる闘争心を抱え込んでおります。二、三月中は、リハビリにはげみ4,5月頃には駆け足ができるようになるでしょう。・私のブログファンの方々には、今回ブログが更新できず大変失礼いたしました。男、えんだんじ、まだまだ元気いっぱい、これからもいままで以上にがんばりますので、これまで同様応援のほどよろしくお願いいたします。それにしても田母神氏の選挙応援何もできずに終わるのが残念無念です。実につらい思いです。

14 comments »

  1. 奥様 より:

    >えんだんじさん
    軽いもので本当に良かったですね。

    気分は若くてもいろいろ体は正直です。
    私も健康には気を付けようと思います。
    (狭心症っぽい発作が三度ありました)

  2. 古山 より:

    えんだんじさん

    だいじに至らなくて、本当によかったです。
    リハビリは大変でしょうが、がんばってください。
    勿論、これからもえんだんじさんの縦横無尽なご活躍に
    大いに期待しております。

  3. 奥中 正之 より:

    脳梗塞とお聞きし、びっくりしています。しかし病状の進行が緩慢でなによりでした。脳梗塞を起こすと、血栓を溶かす薬を3時間以内に投与しなしと、重篤な後遺症が残ると言われています。しかしご病状をお聞きすると、リハビリで健康体に復帰出来るようですね。一日も早いご本復を祈ります。奥中

  4. 蝶々ーsan より:

    驚きました。軽症で何よりですが、暫くは無理をなさらず、お大事に為さって下さい。
    納豆は血栓を溶かす作用が強いらしいですよ。あと水分を多めに摂って下さい。

  5. 百合子 より:

    初コメントです(^^)
    いつもmixiよりこちらにお邪魔して拝見しています(^^)
    大事に至らなくて良かったです。
    いち早い回復を心より望んでいます。
    病院での検査で発覚なんて、本当に幸運ですね(^^)
    とにかく無事で良かったです!

  6. terag3 より:

    えんだんじさん

    大変だったですね。それにしても、えんだんじさんは、良く、それだけの軽症で済んだとは
    やっぱり強運に恵まれているようです。

    私の1歳年長の先輩は、友人と街を歩いているときに突然倒れて救急車で病院へ運ばれ
    ましたが後遺症で、歩行が少々困難になり、ろれつが回らなくなっていいるので、会話が
    困難の状態です。

    しかしながら、歩行は困難ながら、スクーターの運転は可能なので、街へ用事があるときは
    スクーターを頼りにしています。

    ところで小生、実は7~8年前に、海上自衛隊OBの友人から「脳卒中で絶対倒れない法」と
    いう資料を貰って我が家で、家族や知人友人を集めて、ホームパーティ形式で、その方法を
    実行しました。

    その資料は、海上自衛隊の衛生監理官から、定年間際のいわゆる中高年幹部自衛官宛て
    に配布されたもので、鹿児島県国分市の養護老人ホームで実施されて、大変な評判になり
    数千人が試されて悉く健在であるという実験済みの方法と言うことでした。

    以下にその方法を書いておきますので、今年の6月ごろ、梅と「ふき」が入手可能な時期に
    試してみては如何でしょうか?

    1 飲み物のの作り方(一人分)

      厳重注意事項:製法順は、必ず次の番号順に入れること。
                出来るだけ一品入れるごとによくかき混ぜること。

     (1) 鶏卵(白身だけ)                 1個

     (2) ふきの葉の汁             小さじ  3杯

         3~4枚 刻んですり潰した上、これを濾した汁(ツワブキは不可)
         布巾で濾すと真っ黒な汁が出てきます。

     (3) 清酒                   小さじ  3杯(焼酎は不可)

     (4) 梅漬け                        1個

    塩漬けにして柔らかくなったものを、すり潰す(土用干し梅干しは不可)

    2 その他、本法の特徴は何度飲んでも良いが、一生に一度飲むだけで良い
      とのことである。
      この資料は、福岡市の小学校校長会で配布されたものを改訂したものである。

    以上ですので、ご家族とご一緒に、このレシピを忠実に守って試してみて下さい。
    なお、一人分の分量は、コップに7分目位で、そんなに飲み難いものでありません。
    黒い汁で見た目は悪いのですが、一気にグイッと飲めば大丈夫です。
    ちなみに小生宅で、友人たちと3回ぐらいやりました。




      

  7. 佐々木 悠太 より:

    えんだんじ先生

    軽くすんでよかったです。
    御安静にして下さい。

    またお目にかかれることを楽しみにしております。

  8. 渡辺望 より:

    25日の坦々塾新年会で西尾先生から、えんだんじさんの病気のことが報告され、会員の誰もが非常に心配しました。しかし日記を読む限りでは軽度の段階で抑制され、早くに復帰されることが可能なようで、とても安心いたしました。えんだんじさんは今の日本の言論界になくてはならない方です。鉄人の如きそのご意志をもって、御執筆の闘いの世界に戻られてください。

     民間療法のレベルで脳梗塞に一番効果をあらわす成分はナットーキナーゼだそうです。いうまでもなく納豆の主成分ですが、納豆一パックのナットウキナーゼで、脳梗塞予防の注射一本の力があるそうです。よよかったらご参考にされてください。

  9. 森 武蔵の守 より:

     えんだんじさん、御帰りなさい!いやあ軽度で良かったです!
     まだまだこの国はえんだんじさんを必要としています。英霊は言葉は発せませんが、見えざる力で、えんだんじさんの筆の力を通して、我らの父祖がそうであったごとく「正直で、元気よく、一生懸命に働きなさい」、「尚武の心を忘れず、清く、直く、明るくあれ」との思念を、日々送ってくれています。
     昔日の軍医は、退院したらあれをしよう、これをしようと、明るく先の事を考えているガッツある兵隊は傷の治りも早いと言っておりました。えんだんじさんの前向きな闘魂は、回復力そのものです。
     terag3さんの、お勧めの漢方?も効きそうですね、私もトライしてみます。
     かくも多くの人々が、えんだんじさんの復帰を喜んでおります。一日も早い本復を一同願っております。健筆再来、有難うございます。 早々
     
     
     

  10. 森 武蔵の守 より:

     ネット上では、田母上さんが得票一位との情報がありますが、若き体育系男子は、田母上さんの決断力とリーダーシップに敬意を表しております。彼らが大嫌いなのが、「殿」とその一味であり、あの者達の「偽善」を直感的に見抜いております。
     国家の生存に対する脅威を直視せず、隣国の威圧には、いとも簡単に屈しながらも、「力」の裏付けのない「かりそめの平和」に安住し続けようとする政治家や、官僚や、マスメディアは、完全に穢れきっていると察している若い男たちは多いのです。「殿」には女性票が行くのでありましょうが、意地でも田母上氏を応援し、日本男児の意気を示してくれようず!と我々の周りは燃えておりますから、御安心ください。

  11. 森 武蔵の守 より:

     失礼しました。「田母上」ではなく「田母神」でした。
    選挙当日は、掲示版にてしっかりと御名を確かめ記入いたします。 早々

  12. より:

    軽くて良かった。いつまでも1月ばかり見ていて、気が付いて2月を見たら突然の御病気でした。
    本当に軽くてよかったと思います。脳梗塞に関しては、溶血栓剤の優れものが現れた事と、早急
    に注入する様になってから、回復の程度が飛躍的に良くなりました。

    もしかすると、ケネディ大使に送る手紙などの面倒なお仕事でお疲れになったのかなと思いました。

    薬は病院を信じていれば安心ですが、やはり一般に言われるように、タバコや睡眠時間にお気をつ
    けて回復を図って下さい。
    (お吸いになっていなければ吸っている方に)タバコは血管を瞬間に縮めます。睡眠時間の長短は
    成長ホルモンの分泌に関係し、大人になってからの成長ホルモンは、老化のスピードを遅くすると
    いう事が判ってきました。最低8時間は睡眠をとってください。
    大勢の読者が心を送っているので、回復は早いと思います、また、それを願っています。

    私も、蕗、卵白身、梅療法は経験があり(清酒は使わないやり方でした)、納豆は週2,3回食べて
    います。

  13. terag3 より:

    えんだんじさん

    このたびのコメント欄で、蝶々ーsanさん、渡辺望さん、偕さんの、お三方が、納豆が脳梗塞予防に良いと
    言うお話でした。

    私のところも、納豆は週に3~4回食しています。ただし、家族は朝食事ですが、私の場合は夕食時の晩酌
    で一杯やる際の、おつまみとして、ワンパックに和辛子を小さじ半分くらいたっぷりと利かせて、刻みネギと
    合わせて、それを肴に、ホッピー2杯、赤ワイン2杯、締めは日本酒1合やっていますが、酒の肴はその他に
    肉や青魚の煮物、焼き物、野菜はセロリ、パセリ、ブロッコリー、ニンジン牛蒡の煮物など、結構毎日の食事
    には気を使って健康管理をしているつもりですが、健康管理士の方から見れば、私の場合、酒量が多いと
    思われるかも知れません。

    その点に関しては10年以上も前から、肝臓が丈夫ならば体内に入ってくる毒素はすべて此処でやっつけて
    くれるのだからという理由で、ウコンの三種混合(春、秋、紫)を毎日、飲み続けていますので、2か月ごとの
    血液検査、尿検査も、ただの一項目も、引っかかることは有りませんでした。

    そして偕さんも、仰っていますが、睡眠は本当に大事だと思います。多くの企業戦士は睡眠を十分に取らずに
    頑張っているので、色々な健康障害が発生してきます。
    私も、土日が仕事ですが、平日は休みなので21:00に就寝、07:00に起床と言う具合で、10時間は十分
    寝ています。えんだんじさん、とにもかくにも健康第一でお過ごし下さい、ご自愛のほど祈ります。

  14. えんだんじ より:

    皆様
    今回の私の病気にたいして、多くの方々から励ましのお言葉をいただきありがとうございました。お一人、お一人にお礼の言葉さしあげたいと思いましたが、それをすると投稿欄のスペースがなくなってしまいますので、まとめて皆様あてのお礼の言葉をさしあげるとにしました。
    皆様、今回は誠にありがとうございました。幸い順調に回復しておりもうすぐ全快となるでしょう。どうもありがとうございました。

Leave a Comment

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)