ケネディー駐日大使、こりゃダメだ。



皆さんご存知のように、安倍総理が12月26日に靖国神社を参拝した直後に、駐日アメリカ大使館は、「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国は失望して」いる」という声明を発表した。この声明でシナ、韓国は勢いづき、日本の反日メディアや評論家は、日米関係を悪化させたと安倍政権を批判しているのだ。安倍総理が靖国に参拝しようが、参拝しなかろうが黙っていればいいものを、なぜアメリカ政府は「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させる」などと発表したのか。アメリカのこのような声明は、今回が初めてではありません。これまでにもアメリカは、思い出したように韓国やシナの主張に同調し、日本を批判することがあります。皆さんは、なぜだと思いますか。
その理由は、アメリカ政府、とくに民主党政権では、大東亜戦争は、日本は悪、アメリカは正義という信念で凝り固まっています。それを主張したいがために、時々シナや韓国に同調するのです。アメリカ政府だけではありません、アメリカのメデイアも、特にニューヨークタイムズなどが、アメリカが絶対に正義という信念を思いだしたように発表します。だから私がケネディー駐日大使に、「大東亜戦争は、アメリカが悪い」の英文版「The USA is responsible for the Pacific War」を送った時、これからの日米関係をよりよい関係を作るためには、お互いの歴史観、アメリカの太平洋戦争史観、日本の大東亜戦争史観の主張は止めようと言う手紙を書きました。米ロ両政府は、冷戦時代のお互いを語り合うことはありません。これまでアメリカは、太平洋戦争史観の主張が強すぎ、日本は黙っているだけだったと言っていい。アメリカ政府よ、よく聞いてもらいたい。人類史上最大の虐殺行為、広島、長崎への原爆投下を、韓国、シナみたいに、毎年のように被爆者へ謝罪しろ、医療援助しろなどと日本がアメリカに主張しつづけたらどう思いますか。それを一言も主張しないのが、日本国民の奥ゆかしさなのです。ところが現在のオバマ政権の外交を見ていると、日本国民は、日本が尖閣諸島でシナと軍事衝突があったら、アメリカは、日本を助けに来ないではと心配しています。アメリカ政府よ、よく聞いてもらいたい。アメリカが日本を助けたくなければ、助けなくても構いません。その代わり日本が負ければ、日本の軍事基地は,全部シナのものになり、アメリカ軍人は皆、日本列島から追放されます。日本軍は、シナの指導のもとアメリカ軍と戦うことになります。それでも良いのですか。アメリカが好むと好まざらずともアメリカは、日本を守らなければならないのです。日本を守らなければ、アメリカは世界から嘲りを受けることになります。日本の評論家の中にこのくらいのこと言ってもいいのではないか。日本政府の人間がこれを公表することはできませんが、日米政府間の話し合いの中ではこのくらいのこと言える日本の政治家はいるのでしょうか。ケネディー大使に忠告したい。いつまでも太平洋戦争史観をふりまいていては、より良い日米関係は、生まれません。

1月18日キャロライン・ケネディー大使は、ツイッターで「米国政府はイルカの追い込み漁に反対します。イルカが殺される追い込み魚の非人道性について深く懸念します」と呟いたのです。イルカの追い込み漁とは、和歌山県太地町で行われている伝統的な漁法です。菅官房長官は、20日の記者会見で、キャロライン・ケネディー駐日米大使が短文投稿サイトのツイッターに「米政府はイルカの追い込み漁に反対」と書き込んだことについて「イルカを含む鯨類は重要な資源だ。科学的根拠に基づき、持続的に利用すべきだ」と指摘。「イルカ漁はわが国の伝統的な漁業で法令に基づき適切に実施されている」と述べています。
2014年2月4日発売のニューズウィーク誌の21頁には、『「論功行賞」大使がかいた無知の赤っ恥』の見出し記事の下にケネディー駐日大使の写真が載っていた。記事そのものは、駐ノルウェー大使に指名されたジョージ・ツニスが、ノルウェーの無知ぶりを暴露して、ノルウェー誌をあきれさせたことを報道していた。ツニス氏は、典型的な「論功行賞」大使で、チャートウエルホテルのCEOで2010年の中間選挙で27万8531ドル、12年の大統領選で26万7244ドルを民主党に献金。個人献金の上位者の一人だというのです。アメリカ外交官職員協会によれば、オバマ政権の大使の36.6%が、大統領の裁量で民間人を起用する「政治任用」。ブッシュ前政権の30.02%、クリントン元政権お27.87%より多いと記載しています。

しかし「論功行賞」大使は、今に始ったことではありません。ケネディー大使の祖父、パトリック・J.・ケネディー氏は、禁酒法時代、密造酒を売りさばいたりして大儲けをし、多額の選挙資金を寄付し、自分がなりたがっていた駐英大使に任じられています。キャロライン・ケネディー氏も同じ事をして、自分の希望する駐日大使を手にいれたのです。しかし彼女は、ある外国の大使に任命されたら、その国の文化を否定してはならないという外交官としての常識を破ったのです。我々日本人は、キャロライン・ケネディー氏が駐日大使に任命されると大歓迎していましたが、アメリカ国内ではけっこう反対が強かったのです。クリントン政権で東アジア・太平洋問題担当の国務次官補を務めたウィンストン・コード氏は、この駐日大使の人事は最低だ。特に日米関係が重要でデリケートな時期にオバマ大統領がケネディー女史を日本に大使として送ることは日本への侮辱となると酷評していたし、オバマ政権は日本を軽視しているのだと主張しています。(週刊新潮)ケネディー駐日大使は、日本国民に安心感を与えるより、日本国民が彼女を不安視する度合が強くなりそうな気がします。


軽脳梗塞で2週間入院のため、ブログ記事更新が乱れてしまいました。この記事後は、いままでどおり2週間ごとに更新してまいります。よろしくお願いいたします。

6 comments »

  1. terag3 より:

    えんだんじさん

    米大使館、報道担当官が、NHK経営委員の百田尚樹氏が田母神さんの応援街頭演説で
    南京大虐殺は無かった、更に原爆投下と、東京大空襲こそ大虐殺だと発言、そして東京
    裁判は、これを誤魔化すための裁判だったと主張したことに対して「責任ある立場の人物
    は地域の緊張をさらに悪化させるような発言は控えるよう望む」とコメントし自制を促したと
    いう新聞記事を読みました。

    これなどは中韓が日本を大虐殺だ、慰安婦だなどと、毎日のように悪しざまに国際社会へ
    宣伝している現状を何と心得ているのか日本には日本の立場があり、歴史認識に基づき
    発言していることに対して控えろとは何事か、言論の自由を認めないのか」と、激しい怒り
    を感じました。

    ことほど左様に、キャロライン・ケネディ駐日大使にも、当初はあの高名なケネディ大統領
    の娘さんと言うことから、日本を良く理解してくれるものと、期待していたのですが、まったく
    駄目でしたね。

    >イルカが殺される追い込み魚の非人道性について深く懸念します・・・とは何事ですか!

    イルカもクジラも、日本の伝統的食文化であり、乱獲を防止する規定を守りながら実施して
    いるものであり、他国の価値観などを押し付けられる謂われはまったく有りませんよ!

    やっぱり人間は、うわべだけ見て信じてはいけないと、いうことが良く分かった事例である
    と痛感した次第です。

    キャロライン・ケネディ駐日大使に対して、日本のことをより良く理解してくれるよう勉強して
    貰うことはできないのでしょか?
    日本政府として、日本外務省なども、もっと積極的に根気よく説明するなど努力が必要だと
    思いますが如何なものでしょうか?所詮、それは不可能と言うことなのでしょうか??

  2. えんだんじ より:

    terag3さん
    日本の捕鯨を邪魔し、乱暴狼藉をするシーシェパードへの資金提供者の一人がケネディーの息子だといわれているくらいですから、ケネディーはもうダメでしょう。

  3. 森 武蔵の守 より:

     やはりケネディ氏は、予想したように単なるおかざり大使でしたね。もうこれ以上在任中に、余計なことはしない言わないで、好印象を持っている多くの日本人のイメージを、悪化させないよう希望しています。
     彼女の歴史認識は一般的なアメリカ人インテリの域を出ず、例の『ベノナ文書』など読んだこともないのでしょう。それでも期待するのは、当時の真実を幾分かでも日本の立場にたって理解して下されば、心優しい日本人には充分なのです。氏は生まれてもいなかったのですから。
     本来外務省が、戦後発信すべきことを、こうして民間のえんだんじさんが、なさって下さっているのです。 
     
     それに引き換え許し難きは、売国奴村山富一!うぬは、元帝国陸軍大尉と聞く。ならば、当時の慰安婦がいかなるものか、年齢及び軍歴から察しても当然に知っていよう。
     当時、朝鮮人も日本人も同じ日本国臣民である。それほどに朝鮮女性の尊厳に言をなすなら、何故に日本人慰安婦に言及せぬか?いや、それ以上に、構成員の8割以上が、市井の一般人であった帝国陸軍兵士は気の毒ではないのか?彼らは水浸く屍、草むす屍となり、帰ってきていないのである。貴殿は、事の軽重すら判らぬほどに、耄碌したようじゃな。かの国に政治利用されておりながら、何故喜ぶのか?貴殿のごときを、偽善者と言う。
     
     ここに硫黄島出征に際しての栗林中将の会話がある。牧師の息子である、若き予備学生出身の副官・藤田中尉との対話である。中尉は懇願して、硫黄島に同行している。
     長いのですが、以下に一部引用させていただきます。
     
    「ー閣下は陸軍随一のアメリカ通だそうですが、アメリカ人は一体、日本人をどう思っているのでしょうか?」
    「ー宗教的に云えば平等な神の子ということになるのだが、残念ながらそれは口先だけだ」
    「-と云われると、彼らの人道主義はニセモノだというのですか」
    「-ニセモノとも違う。かれらの人道主義は白色人種同志の間には確かに存在する。しかし、日本人は白色人種で  はないということだ」
    「-すると有色人種である日本人は?」
    「ーハッキリ云ってるじゃないか、ジャップは猿だと」
    「-では、アメリカ国籍の黒人たちは?」
    「-家畜だよ。家畜以下でもなければ以上でもない。そうした人種的な偏見、白人優越の倫理感情の欠陥が今度の  戦いの一番深く大きな原因をなしている。したがって有色人種の先頭に立って戦端を開いてしまった日本人の
      立場は、この偏見是正に役立つように戦わなければ意味はないのだ」
     そして、栗林中将は語気を強めていい添えた。
    「―我々は彼らより強く、彼らより正しく、彼らより美しくなければならない。その三点で断じて勝たねば、死ん  だ兵の霊魂は救われんぞ!」
     中曽根、村山、宮沢、河野、細川、鳩山、管、小沢。貴殿らはあの世にて、維新以来の何百万英霊に、その政治姿勢の動機を問い詰められるのだぞ。貴殿らの霊魂は、強く、正しく、美しいか?
     
     百歩譲って、日本の外交官が「平和を愛する諸国」に媚びへつらうのも、憲法前文を遵守しているからであり、さらに憲法9条によって武力の後押しを欠いているのだから、理の当然といたそうか。
     されども、このような売国政治家を国会に送り込んだその責めは、我ら国民にある。
     我が祖国を受け継ぐ若者の7割は、武器とりて外国の侵略に立ち向かう気はないという。
     戦後の因果を放置してきた日本国民は、自らの血で諸国のあなどりを、あがなうの日が来るやもしれず。
     ここまで、国民をミスリードしてきたマスメディアは、万死に値する。
     この無念、いかに晴らしてくれようか!
     

     

  4. えんだんじ より:

    森 武蔵の守さん
    最後の文章、「この無念、いかに晴らしてくれようか!」は、いつも私の頭の中にあります。だから私は、なにが何でも生き抜いてやる。簡単に死んでたまるかという気持ち
    でいっぱいです。

  5. terag3 より:

    森 武蔵の守さん

    同感、同感、全く同感です!
    国賊、売国奴、村山富市は、テレビでしゃべっているのをちらっと見ましたが、村山談話を
    否定する奴は許さんぞというような言葉を吐いて恫喝もどきの傲慢なる態度でした。

    このたびの森 武蔵の守さんのコメントで、ウィキペディアで調べてみましたら、村山富市は
    1943年に、旧制明治大学政治経済科に入学し、翌年44年に成人して徴兵検査に合格し
    学徒出陣、2等兵で入隊、翌45年8月15日、幹部候補生として軍曹の階級で終戦を迎え
    46年に明大を卒業したと書いてありました。

    つまり2等兵で入隊して、わずか1年そこそこで、幹部候補生として軍曹の階級を貰った訳
    ですから、軍人精神など殆ど何も吸収していない、へなちょこ軍歴だったのです。

    したがって、あのような日本人にあるまじき言動が、いけしゃ~しゃぁ~と出来た訳です。
    話しに聞くと、このたびの言動は一部の韓国人からも批判されていたようです。
    まさに老害を曝すとはこのことですな! 良く考えてみれば哀れなやつと言うべきか?

  6. 森 武蔵の守 より:

    terag3様、そうですか、あの男は一般幹候出の軍曹で終戦ですか。
     このような男が、帝国陸軍の大尉であったりしては、「皇軍」の面汚しであります。
     何故このような思想の男が幹候を志したのか、内心を問うてみたい気が致します。
     かの橘中佐は、『兵休まざれば休むべからず、兵食わざれば食うべからず、兵と難苦を同じうし、兵と労逸を等しうするときは、兵も死を致すものなり…』の言の通りの人と聞きますが、かっての陸軍の理想とした第一線の指揮官の性格を、襟に座金の村山富一軍曹は、体現していたのかどうか?元軍人であるならば、せめて男子の生き様くらい学んでこなかったのか!?と云いたくなる、このたびの韓国での醜悪振りでございました。
     このような男が元総理大臣であり、子々孫々の大迷惑も顧みず、愚かな「談話」を独断専行し、マハティール氏に直接たしなめられたにもかかわらず、この傲慢。やはり性懲りのない許しがたき人物です。同感、同感!です。

Leave a Comment

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)