都知事選、選挙結果



私は下記のような文章を書き、1月25日に自分のブログを更新しようとしていた。
引用開始
「田母神氏が勝利するために」
今度、田母神氏が東京都知事選に立候補するが、当選するためには保守陣営の総力をあげる支持が必要です。これまでの選挙でどんなにネットで人気を博しても、いざ選挙となると票が集まらず、惨敗するケースがほとんどです。ここはどうしても田母神氏を当選させるためには、全保守陣営のバックアップが絶対必要です。渡部昇一氏、小林正氏、伊藤哲夫氏、中西輝政氏、この四人は、私が昨年書いた本、『保守知識人を断罪す。「つくる会」苦闘の歴史』の中で批判された人たちです。しかし彼らは、田母神支持を公言しています。さすがだと私は思っています。「国家基本問題研究所」を主催している理事長、櫻井よしこ氏、彼女も私の本の中で批判されましたが、まだ田母神氏支持を打ち出していません。会員の中にも田母神氏支持者は多いはずです。彼女が「国家基本問題研究所」の組織として田母神支持をうちだすかどうか注目されるところです。

「つくる会」を私物化しようとして八木秀次氏と一緒に「つくる会」から出ていった「日本会議」、この日本会議は、田母神支持を打ち出すだろうか。私は個人的に日本会議の会員を沢山知っていますし、田母神支持を表明する会員もけっこうおります。しかし日本会議は、組織として田母神支持を打ち出すのはむりではないかと思っています。上層部は、あまりにも自民党と深いからです。保守を自称する八木秀次氏や屋山太郎氏を代表とする日本教育再生機構、育鵬社など田母神支持を打ち出せるのだろうか。このように教科書関連だけさぐっても、保守同士の協力は無理なような気がしてなりません。勿論、これからの情勢次第ですが、このままでは田母神氏の当選、善戦はきびしいのではないでしょうか。」
引用終了
しかしこの記事は、選挙期間中にもそのまま私のブログに載せられますので、選挙違反にならないかどうか「つくる会」の「メイリングリスト」に配布して問い合わせた方がいいなと思っていました。ところが1月17日の夕方、突然脳梗塞で2週間入院することになりこの文章は、私のブログには載ることになりませんでした。
入院期間中、櫻井よしこ氏、「国家基本問題研究所」が産経新聞に大きな広告をだしました。確か「原発廃止だけで、都知事がきめられますか」というような広告文だったと思います。これだと舛添氏と田母神氏両方の応援になるという、彼女らしい広告の出し方だなと思いながら読んだことを思いだします。

退院一週間後、選挙結果が出て舛添の当選です。田母神氏が獲得したのが61万票。宇都宮98万、細川95万。二位、三位に30万から40万票差をつけられてしまった。組織票も
なく、ネットだけの知名度で61万票獲得は、上出来ではなかったかと思われますが、宇都宮や細川には、差をつけられすぎたとも思われます。しかし田母神氏にとっては、今度の選挙で初めて全国的に知られるようになったので、今後のことを考えると非常に大きいのではないでしょうか。今度の選挙で保守は、完全に二つに割れたと思います。どんなにアメリカが落ち目になっても、アメリカの対日政策に不安を感じながらも、いままでどおりアメリカのポチとして徹底した親米政策と続ける保守と、経済的に軍事的にも落ち目になっているアメリカに、いままでのようにアメリカのポチになっていては、日本も危ない。ここは軍事力強化、憲法廃棄あるいは憲法改正して独立独歩の日本、そのうえで日米同盟を推進、発展させていくという保守に別れてしまったとも言えます。自民党は長く公明党と組んでいるから、いくら数が多くても中身が公明党化してきているのがわからないのだ。安倍政権後の阿部総理の後継者がいません。ここは「保守党」とも呼んでもよい新政党が必要なのではないでしょうか。野党とマスコミは、日本よりもシナや韓国のことばかり考え、自民党はアメリカを第一に考え、アメリカの属国であることに満足しているのだ。真の日本人なら、まず日本を中心に考える党が必要ではないでしょうか。

最後に、「つくる会」会員で東京在住の方々、東京近辺在住の方々が田母神氏の選挙活動に参加し多大な貢献をしてこられました。皆様ご苦労様でした。ありがとうございました。







7 comments »

  1. tano より:

    こんにちは。こちらではご無沙汰しております。
    ご病気心配しておりました。
    順調にご回復されていますでしょうか。
    どうぞご自愛下さい。

    田母神氏の事務所ボランティアの仕事中、ポスティング用チラシを日本会議各支部に数千〜一万枚ずつ梱包して発送しました。表立って支持を表明したかは分かりませんが組織的に動いてはいたようです。

    今回保守側の人間には、田母神氏は支持するが選対が気に入らないので協力はしないという姿勢を多く目にしました。日本が大事なのか自分のメンツが大事なのか分かりません。小異を捨てて大同につけるかが試された選挙でもあったと思います。

  2. terag3 より:

    えんだんじさん

    このたびの都知事選前に、ブログに乗せようとされていた内容について私も同じ思いでいました。
    私は毎日、えんだんじのブログと、ねずさんのひとりごとブログをチェックさせて頂いています。

    そのねずさんのコメント欄にも書いたことですが、産経新聞2月11日付「正論」に、えんだんじさん
    が疑問視されている、屋山太郎氏が次のように述べていました。

    >田母神氏はネット上の人気では8割を占めていたという。元航空幕僚長ながら、慰安婦やら
    「南京虐殺」やらの虚構を暴いて更迭された。戦後派には抵抗を持つ人が多いが、若い世代は
    何の偏見も持たない。戦後約70年で2世代が更新されて、3代目の純粋日本人が誕生してきた
    という思いだ。ー引用終わりー

    そしてまた、私の知人の先輩から頂いたメールには、>アーノルド・トインビーが日本の経済の
    復興は20年を要しないだろうが、立国以来敗戦の歴史を持たない日本の国家再建には100年
    を要するだろう。・・・・と昭和20年10月焼け野が原の銀座に立って予言した言葉の重さを実感
    しています。・・・・と書かれていました。

    現在、日本の現状を見ますと、今、まさに戦後教育で赤い教授に洗脳された世代がこの世の中
    の中枢を占めており憲法9条、護憲派のノーテンキな平和主義者、反日日本人たちに席捲され
    誠に惨めな状態に陥っていますが、屋山太郎氏や、トインビーの予言のように、もう少しで何の
    偏見も持たない若い世代が社会の中枢を占めるようになり、国家再建に力を尽くしてくれること
    だろうと、心から期待して待ち望んでいるところです。

    それはまさに、あの大東亜戦争開戦前に、軍令部総長、永野修身海軍大将が言われた言葉で
    >戦って死中に活を見出し、護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも、護国に徹した
    日本精神さえ残せば、我らの子孫は必ずや、再起、三起するであろう。

    ・・・・という、そのうちで再起は経済の復興で果たしていますので、国家再建と言う最後の希望で
    ある三起を大いに期待して待ちたいと思っています。

  3. えんだんじ より:

    terag3さん

    私もそう思います。

  4. えんだんじ より:

    tanoさん
    おひさしぶりです。元気に大活躍されているようでなによりです。以前尖閣諸島に行っておりましたね。ご苦労様です。私の脳梗塞は、軽い方でなによりでした。右足を少しびっこをひいておりますが、いずれ走れるのではと思い、現在リハビリして2週間です。
    日本会議に対するtanoさんの発言、初めて聞きました。色々な発言を聞きますので組織
    としての一貫性がないような感じがいたします。

  5. りんごあめ より:

    おひさしぶりです。
    お体大丈夫でしょうか?ご自愛ください。

    田母神氏は第一歩として大変善戦されたと私は思います。
    というのも、お歳を召した方々にはあまり知られておらず、むしろ、
    何か悪いことをしてやめさせられたと勘違いしている方が多いことを知りました。
    説明申し上げると、まったく知らなかったと驚かれるのです。

    支持者の年齢分布をみると、ちょっと残念なのは、やはり高齢の方々は
    今の自分の生活というものだけに焦点を当てていらっしゃる方が多い・・・
    十分、経済発展やバブルを経験し豊かさも味わったのですから
    少し、将来世代のことを考えてくださるとうれしいのですが・・・

    保守派が団結して日本を守りたい。こころからそう思います。
    敵は内外に大勢いますので・・・

  6. 森 武蔵の守 より:

     りんごあめさん、私も高齢者のうちの、特に「団塊の世代」と言われる男女の一部に対し、同様に感じます。
     彼らは、中学生の頃に「安保反対・岸を倒せ!」をわけもわからず連呼し、学校は教師不在で臨時休校。
     大学時代は、セクトに所属する学生が学内を闊歩し、企業に入れば、戦地帰りで焼け跡に立ち、日本復興を成し遂げた大正男達が切り拓いた企業組織に入り込みながら、賃上げ労働運動を成すかたわら、仕事を教わり、技術を取得し、人がましくさせてもらいながら、先輩達の艱難辛苦=日本受難の理を知ろうともせず、軟な国家観・歴史観のまま、我こそ中道と信じ、老後をエンジョイしております。
     都知事に「俺が青島だーっ」を選び、府知事に「パンパカパーン!」の横山ノックを選び、「山が動いた」のお高さんに感激し、福祉?の蓮舫に投じ、何の疑問もなく韓流に浸り、また今回の都知事選です。
     うれしきは新都知事殿、早速本性を出し『北京の空気汚染を都が援助することにより、冷え切った日中関係を修復したい』と言い出し、団塊世代の愚かさをまた露出し始めました。
     日本の戦後の経済復興は中国無しで成し遂げたのです。支那不要不要!(プ―ヨッ、プ―ヨッ)ですな。
     
     

  7. えんだんじ より:

    りんごあめさん

    ありがとうございます。順調に回復しております。右足を少しびっこをひいておりますが、駅の階段,上り下りができます。走ることができて完全回復をめざしておりますが、いったん脳梗塞にかかると、いくら軽くても完全にもとにもどすのは難しいと言われております。
    同じ年寄でも、政治的な知識になると格差が激しいようです。政治的な関心、国えの関心などなくすと、早くぼけるのではと思っております。

Leave a Comment

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)