NHK、朝日、毎日は、日本国民の敵(7)



        このブログの拡散、転載よろしくお願いいたします。
「朝日の謝罪で考えねばならぬこと。」
「従軍慰安婦」問題いついて、朝日の木村社長は、「歴史的事実は変えることはできない、だから謝るようなものでない」と主張していたが、一転して本人は9月11日に公に謝罪した。しかしこの謝罪というのは、日本特有の文化で論理的思考法がすっ飛んでしまうことです。皆さん、この朝日の従軍慰安婦問題謝罪の最も重要な問題は何でしょうか。朝日は吉田証言に関する記事を16本書いていたのです。そして平成4年4月に秦育彦氏が済州島現地調査に行って吉田の「慰安婦狩り」は全くの作り話であることを実証したのです。さらにその2年後の平成6年5月2日の週刊新潮で吉田自身がでっち上げを認めたのです。
以来巷間22年間朝日は、この吉田証言を取り消すこともなく放置してきたことです。

平成8年クマラスマミ報告書が国連人権委員会に提出されました。その中に証拠として戸塚悦郎弁護士に英文に翻訳された吉田証言が含まれています。もし秦郁彦氏の調査で吉田証言のでたらめ性が平成4年に朝日新聞に掲載されていたら、戸塚悦郎は吉田証言の英文翻訳をしたでしょうか? 河野談話は平成5年8月に発表されています。平成4年の時点で、朝日が書いた吉田の16本の記事を取り消していたら、河野談話は発表されていたでしょうか?
平成7年には慰安婦に一人あたり200万円と首相のお詫びの手紙をだす「アジア女性基金」が設立されています。この女性基金も設立されていたでしょうか?
要するに朝日が良心的な、うそをつかない記事を書いていたら、従軍慰安婦問題は、起こらなかったのです。

平成5年の河野談話、平成7年の「アジア女性基金」の設立、平成8年のクマラスマミ報告書の国連人権委員会提出、朝日の思惑以上に「従軍慰安婦」事件が膨らみ発展した。さらにダメを押すつもりの記事が平成9年3月31日に朝日は、「従軍慰安婦 消せない事実」の大見出しの下に17面全面を「従軍慰安婦」の記事で埋めています。実は平成4年に秦郁彦氏の済州島現地調査の発表以来、朝日は吉田証言の信憑性について22年間語って来なかったと巷間言われていますが、厳密に言うと朝日はこの平成9年3月31日の記事で吉田証言にちょっと触れているのです。こう書いてあります。

「戦時中に山口県労務報告会下関支部にいた吉田清治氏は83年に『軍の命令により朝鮮・済州島で慰安婦狩りを行い、女性205人を無理やり連行した』とする本を出版していた。
慰安婦訴訟をきっかけに再び注目を集め、朝日新聞などいくつかのメディアに登場したが、間もなく、この証言を疑問視する声があがった。
済州島の人たちからも、氏の著実を裏付ける証言はでておらず、真偽は確認できない。」
吉田氏は『自分の体験をそのまま書いた』と話すが、『反論するつもりはない』として、関係者の氏名などデーターの提供を拒んでいる」(下線は筆者がつけたもの)
平成4年には秦郁彦氏によって吉田証言が否定され、吉田自身が平成6年には自分の本はいいかげんだったと語りながら、平成9年の段階では、朝日は「真偽は確認できない」として吉田本の信憑性の延命工作を行っていることです。「真偽が確認できない」なら朝日は自分で真偽を確認すべきでしょう。その確認に17年間かけて平成26年に「記事取消」を要求してきたのです。しかし「真偽の確認」どのようにして確認してきたのか一切記載していないのです。
さらにもう二つ朝日の記事に疑問点がつきます。「『女子挺身隊』の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた」として女子挺身隊の解釈を混同したというような釈明していますが、誰も「女子挺身隊」を普通に解釈して混乱することないのに、朝日は従軍慰安婦になる一つの窓口と解釈し、混乱したとうそをついているのです。
もう一つは朝日の植村隆記者が朝鮮人元従軍慰安婦とされる女性の嘘の経歴を書いていることです。朝日従軍慰安婦事件の記事の悪質さを30年間にわたって平然と嘘を書き続けたことです。嘘を書き続ければすぐばれますが、そのうそ巧妙に真実に思わせたことです。謝罪で一件終わりの単純な問題ではないのです。新聞記者の職業上の規範は、決して「うそを書かない」ことです。それを朝日は特に「従軍慰安婦」事件では嘘を書いてきたことです。とても謝罪ですますわけにはいかないのです。

朝日の謝罪によって、朝日の一般購読者は、朝日が謝罪してくれて本当に良かったと言っている人がいるのです。恐らくこういうレベルの一般購読者や朝日の広告主が多いでしょう。こういう人たちを反朝日に向かわさなければ朝日が潰れることはありません。謝罪したからと言って私たちは朝日への攻撃をゆるめてはなりません。朝日への攻撃の最大の重要点は、我々は絶対に論理的にせめることです。朝日や左翼は、論理的に我々を攻めることはできないのです。彼らのすることは、情緒的また感情的に反論してうまく逃げとうすつもりなのです。だから我々はかれらの情緒的、感情的反論に同じよう我々も情緒的、感情的になって攻めてはいけません。攻める時は、必ず論理的に攻めることです。朝日への攻撃は決して短期的であってはなりません。長期的に戦うことです。長期的に戦うことによって私たちの論理的攻撃が広く一般大衆への理解につながり、朝日崩壊への道となっていくでしょう。朝日の謝罪によって、私たちの攻撃の矛先を鈍らせてはなりません。徹底的に戦いましょう。

このブログの拡散、転載よろしくお願いいたします。

9 comments »

  1. terag3 より:

    えんだんじさん

    このたびのお話を要約すると>平成4年に、秦郁彦氏が済州島現地調査で吉田の「慰安婦狩り」は全くの作り話であることが実証されその後、平成5年に、この報道を基にした河野談話が発表された。そして平成6年5月2日の週刊新潮で初めてこの話が、吉田自身のでっち上げであったことを本人が認めた。

    >それに対して朝日は、訂正も謝罪もせずに口を閉ざしたままであったため、平成7年に「アジア女性基金」が設立され、平成8年のクマラスマミ報告書の国連人権委員会提出、朝日の思惑以上に「従軍慰安婦」事件が膨らみ発展した、そして平成9年の段階では、朝日は「真偽は確認できない」として吉田本の信憑性の延命工作を行っていることです。・・・・

    そして平成26年9月11日になって初めて、朝日は、それまでの吉田証言による誤報を認めて謝罪したが、>以来巷間22年間(つまり平成4年の秦郁彦氏が済州島現地調査で吉田の作り話で有る事が判明してから22年間経過)朝日は、この吉田証言を取り消すこともなく放置してきたことです。・・・と言うことになった訳で、これまでの経緯が良く分かりました。

    さて朝日の大罪は良く分かりましたが、解せないのは自民党政権の対応です。韓国にとって、この誤報問題、そして発信元の朝日の謝罪は想定外で自分たちの主張の根幹を揺るがす大問題でしょうが、それを認める訳にはいかず、あくまでも従軍慰安婦問題として追及の手を緩めることはありません。

    問題は、それに応えるように日本政府は最近何度も「河野談話を見直すつもりは無い」と、公言している事です。朝日新聞が報道した、吉田発言の信憑性が崩れた現在も、いわゆる従軍慰安婦問題は韓国側の主張が正しいと認めるのか、その根拠は何なのか、はっきりと日本国民に示すべきだと思います。

    いずれにせよ、朝日はこれ以上、謝罪したり、改めて世界に向けて真実を説明することなど、一切無いものと思った方が良いでしょう。

    このたびの朝日の謝罪は、社内の赤色に染まっていない若手記者たちの良心の発露による、内部告発では無かったかと思っているのですが、違うでしょうか?最近は特に日本人として、祖国を守ろうとする気概を持った若者たちが多く見られるようになってきています。日本人の若者たちは覚醒してきていると感じていますが、誠に心強い限りです。

    それも森 武蔵の守さんが仰るように、洗脳されても覚醒した者たちが出てくる。一国の文化は、100年、200年経過しても変わることは無いということに繋がっているのでしょうか?

  2. 空花正人 より:

    山口県労務報告会下関支部にいた吉田清治氏ですか、、、。

    私は、そもそもこの肩書き自体を疑っています。

    また、えんだんじさんはアサヒ新聞を買いかぶり過ぎです。

    「このたびの朝日の謝罪は、社内の赤色に染まっていない若手記者たちの良心の発露による、内部告発では無かったかと思っているのですが、違うでしょうか?最近は特に日本人として、祖国を守ろうとする気概を持った若者たちが多く見られるようになってきています。日本人の若者たちは覚醒してきていると感じていますが、誠に心強い限りです。」


    浅学菲才の「浅菲新聞」のことですから。

  3. えんだんじ より:

    terag3さん
    私に記憶によると確か安倍総理がだいぶ前、日本政府は河野談話を検証すると言ったと思っています。そしたらアメリカ政府がストップをかけてきたと思っているのですが、teragさんにはそんな記憶ありませんか。

  4. terag3 より:

    空花正人さん

    はじめまして、terag3です。>社内の赤色に染まっていない若手記者たちの良心の発露に・・・・は、私のコメントですが、買いかぶり過ぎでしょうかね?

    朝日新聞社社員、全員が全て同じ思想の人達では無い筈だと思っているのですが、というのは、社説や天声人語、オピニオン、読者の声は、国家観など全く無く反日、自虐的な偏向しまくった主張や論評一本槍ですが、その他の一般的な記事には、まともなものも見られるからです。

    悪の本丸は、それら若手記者の取材してきた記事に対して、特権を利用して編集し一部捏造して反日自虐史観に染めあげたうえで、本紙に掲載しているのではないかと推察しているのですが違いますかね?

    朝日新聞社の社内の事情など、部外者にはさっぱり分かりませんが、一般的な常識で考えてみれば先にコメントしたように、一部の記者達の良心的な発露か、または、このままでは朝日新聞社は潰れてしまうのではないかという危機感から内部告発的な声が出てきて、主導部も動かざるを得なくなったのではないかと考えたのですが、買いかぶりでしょうか??

  5. えんだんじ より:

    空花さん
    私も吉田清治の肩書あやしいと思っているのですが、正しい肩書がわからずそのままにしておきました。文章中に「ちょっと怪しい」ぐらいいれとけばよかったですね。

  6. terag3 より:

    えんだんじさん

    9月27日(土)の朝日新聞、社会37面の記事ですが、朝日新聞社が「吉田調書」に関する報道で、「命令違反で撤退」という記述と見出しは間違った表現として記事を取り消したことについて、木村伊量(ただかず)社長が関係者の厳正な処分を表明したことを受けて、弁護士9人が朝日新聞社と同社の第三者機関に対して、「命令違反で撤退したかは解釈・評価の問題」「外形的事実においては大枠で一致している」と主張。「不当な処分がなされれば、知る権利や真実の公開のために努力している記者を委縮させ、民主主義を危機にさらす」とし、事実に基づいた検証が行われることを求めた。と書かれていました。

    ・・・・と言うことは、この弁護士たちも、撤退は、解釈・評価の問題としながら、大枠では外形的事実だという事を言っており、つまりは弁護士たちも「命令違反で撤退した」と言う認識だと言うことです。そして知る権利や真実の公開のために努力している記者を委縮させ民主主義を危機にさらすと言いますが、これまでの朝日新聞社の、誤報、捏造記事は真実でないことを公開していたではないか、これこそ民主主義を危機にさらすことであるのに、何と心得ているかと言ってやりたいのです。

  7. 森 武蔵の守 より:

     えんだんじ様、terag3様、既に御存じと思います、『朝日新聞を糺す国民会議』が立ちあがりました。朝日新聞を相手取り、裁判史上最大の「100万人集団訴訟」の会員募集がいよいよ始まりました。
     朝日の慰安婦問題は「誤報」などではなく意図的確信犯であり、左翼勢力が仕組んだ過去から現在につながる、連綿たる国際的謀略であることは、過去の記事を通して、多くの皆様存じよりのことであります。
     河野談話もこの一環として、韓国と組みしたものと私は解釈しております。
     彼らは思想犯としての国家反逆の徒であり、もしそうでないのならば、自らの愚かな判断を、国民に国会の場で釈明致し、万死にあたいする不明を恥じるべきなのです。
     
     10月3日の衆院予算委員会では、稲田政調会長は慰安婦問題を含め、「法務省の訴訟の方向は間違っている、戦後補償裁判にあたり、いわれなき嘘が主張された時は、きちんと事実の反論をするべきだ」と、至極当然の法務省批判をしていますが、外務省も同罪であります。
     彼らの不作為は愛国の念なく、反論もせず、事実関係を調べる前に謝罪し、問題の収束を図るという、歴代日本政府の基本方針の踏襲に問題があります事、今更云うも虚しき官僚精神であります。
     100万人訴訟は最高裁にまであがり、必ずや亡国の裁判官達は「誤報」とみなし、「報道の自由」をたてに、無罪と致すこと明明白白。
     されば「一矢二殺」、訴訟の目的は「裁判官弾劾裁判」に持ち込む事、国民の怒りこそ現安倍政権を援助いたし、「極東軍事裁判」のGHQの意思を、戦後69年間も強制する米国に対する民族の怒りを示し、民間人にこそできる、日本人としての意思を示す好機であります。

     真珠湾攻撃こそ、日本の「パリ不戦条約違反」などとの批判は、ワシントン会議以来の度重なる米英支ソ蘭の日本虐待に、民族としての我慢の限界を超えた、自殺とも言える国家の憤死であったこと、我ら子孫は決して忘れていない。陛下は最後まで和平を御望みであった。

     獅子身中の虫(売国米・支・韓議員)に囲まれた現政権は隠忍自重し、「村山談話」「河野談話」に変えた新たな声明を、「戦後70年記念」の用意と伏せ、兵部省陸海空軍部新設、11宮家の再興、自主憲法制定へと、世界最古の歴史と伝統文化の國日本が、「日本」を取り戻す回天の決起と致さん哉。
     いまだ「安保条約」があろうとも、心中の反米は武士のたしなみ。いずれ解消、自主自存の繁栄の日が、我らの子孫の未来に輝ける日は間違いなく。
     おのれ朝日め、このまま誤報謝罪で済むと思うなら、大間違いぞ!
     

  8. えんだんじ より:

    森 武蔵の守さん
    「いまだ「安保条約」があろうとも、心中の反米は武士のたしなみ。いずれ解消、自主自存の繁栄の日が、我らの子孫の未来に輝ける日は間違いなく。
     おのれ朝日め、このまま誤報謝罪で済むと思うなら、大間違いぞ!」

    一人でも多くの日本人が上記のように思ってくれるとありがたいと思っています。
     

  9. terag3 より:

    森 武蔵の守さん

    >稲田政調会長は慰安婦問題を含め、いわれなき嘘が主張された時は、きちんと事実の反論をするべきだ」・・・という発言をしたそうですが、民主党政権などは論外ですが、現在の自民党政権も一切、反論などすること無く、ただ単に、河野談話を踏襲するというばかりで、この問題に掉さすことを躊躇しています。

    有る人に言わせれば、一般人が「河野談話を見直して破棄しろ」というのは言論の自由だが、それを政府として言うのは問題があるのだと言っていますが、ここまで来て、いまだにそういう態度で臨むのは如何なものでしょうか?

    私は、そういう優柔不断な態度ばかり取り続ける日本政府に嫌気がさしています。安倍総理は一人で懸命に頑張っていますが、取り巻き連中には靖国参拝反対などと公言する奴もいるし、今まで自民党党員でしたが、応援する気が失せて今年になって離党しました。現在は、次世代の党、太陽の党を応援しようかと思っていて検討中です。

Leave a Comment

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)