私の小説を出版します。



        このブログの転載、拡散よろしくお願いいたします。
「大東亜戦争は、アメリカが悪い」の英文版「The USA is responsible for the Pacific War」が一昨年8月に300部出版した。日本滞在の外国の大使館、領事館合わせて185ヶ国に贈呈した。著者の私としては、外国の図書館や外国のメディヤにも贈りたい。印刷会社に1万部と10万部の印刷料聞くと、およそ3百76万円、と3千100万円になると言う。これでは資金的に手も足も出ない。ベストセラーの小説でも書いて印税かせがなきゃとても無理。とても無理でも兎に角書いてみようと思ったのだ。私が若い頃、「野望に燃える男」というアメリカ映画があった。当時のイケメン俳優、トニーカーティスが、映画では普段さえないホテルのウェイターだが隆とした背広を着こみ青年実業家を装い大富豪に接近し、大富豪の子供の姉妹に近づき、彼女たちをたらしこみ、大富豪を乗っ取ろうとする映画です。今でも「野望に燃える男」という題名を覚えているので、いつ頃の映画だったか調べてみた。ウイキペディアでトニーカーティスと「野望に燃える男」を一緒にして検索してみるとくわしい説明書きが出てくるのにはびっくりした。この映画1957年の制作です。私はその時19歳。横浜の三流ホテルでボーイをしていた頃だ。小さなホテルだからボーイの他にもウェイター、ベッドメイキング、バーテンダーの手伝い、バーの掃除などいろいろやらされた。バーの掃除の時は、いつもレコードをかけながら、とくに好きだった「カナディアンサンセット」は何回もかけながら掃除をしていた。そんな頃私はこの映画を見たのだ。私はこれまでほとんど公言してこなかったが、私の人生は波乱万丈、仕事も波瀾万丈なら異性も波瀾万丈なのだ。若い頃社会的底辺の仕事をしていたが、少しも暗い影はなかった。私は若い頃はイケメンでものすごく女性に持てたからだ。「野望に燃える男」の映画を見て思わず「俺もいざとなったらこの手が使えるな」と考えたものだ。そのため「野望に燃える男」というタイトルが私の心から消えることもなくいまになっても覚えているのだ。そんなことで苦労話や興味のある体験談なら事欠きません。面白い小説を書いてやろうと書き出していた。しかし、あまりにも面白くしてやろうとそればかりを意識しすぎたせいか、書き終わってみるとあまりにも長すぎて焦点のぼけた小説なってしまった。今度は余計なものはけずりにけずってやっと仕上げた。しかし書き込むのはいいが、けずるという作業はむずかしいものだ。何かとてもいい話をけずるような気がしてならなかった。それでもけずったお蔭でまともな原稿が、ことしの前半にできあがった。360頁ほどの小説です。

本来ならここで私は数々の出版社まわりをし、出版のお願いをして原稿を置いてくるのでしょうが、知名度なにもなしの私が初めて書いた小説です。その上今月喜寿を迎える77歳の老人、私の人生の賞味期限もおよそあと10年、出版社まわりをしていつ出版してくれるかを待つ悠長な時間はない。私は自費出版を決断した。自費出版では、ベストセラーがさらに生まれにくくなることは確かです。私が「大東亜戦争は、アメリカが悪い」を自費出版した時は、今から11年前、その時とは自費出版業界は、様変わりに変わっています。今ではどこの出版社でも自費出版しているのだ。そのため数はあまり多くないが自費出版でもベストセラーが出ているのです。私はこれまでに宝くじなど買ったことはありません。今度はベストセラーという一等賞を取るために自費出版という宝くじを買ったのです。宝くじの一等賞をとるのは非常にむずかしい。しかしベステセラーという一等賞がとれなくても、それなりに売れなければ、私の筆力不足、能力不足としてあきらめることにした。

まず四社、中央公論社、新潮社、幻冬舎、文芸社から合い見積もりをとった。私の原稿に対四社の書評は、良かった、しかしけなしたら出版社も商売にならないから、その分書評も割り引いて考えねばならないでしょう。一般的に自費出版の場合は、初版千部での見積りになります。初版千部の見積りの他に重要な物が四つあります。
1.初版千部は、いつまで売ってくれるのか?出版期間はいつまでか?
大東亜戦争は、アメリカが悪い」の場合は、一年の出版期間だった。一年で千部以上売れなければ、それで出版契約は、終わり。ところが一年で三千部も出版したのだ。出版社は、こんな本売れないだろうと予測し、本の大きさ、厚さを考えると1500円では安すぎるのに定価にしてしまったのだ。売れても損をすることないが、儲けがほとんどないことになる。倒産したから良かったが、倒産してなければあわてて定価を変えねばならなかっただろう。

2.印税の詳細、初版も二版もそれ以降も同じか、自費出版初めての人、私のように何回か出版の経験もあり、ブログを長期間書いている人、当然印税に違いが出る。

3.チラシ広告、100部、500部など出版費用に含まれているかどうか?売るためにはチラシ広告は、絶対に必要ですし、またどういうチラシにするか著者の意見も必要です。
自費出版でチラシなどいらないということは、自分で売り込みはしないということです。自分の書いた本を自分で売り込まなければ、誰が売り込んでくれますか。

4.支払条件
小さな自費出版社なら、分割払いを進めます。倒産の場合の被害を少なくするためです。

これらの四つの出版社の見積りの総合評価の結果、私は文芸社と自費出版契約を結んだ。今から11年前私が初めて自費出版した時、文芸社も自費出版社として存在していた。以来自費出版社として成長し、今では自費出版社だけの出版社としては最大で、草思社(出版社)を100パーセント子会社化しています。自費出版だけで食べているだけに、他の三社、中央公論社、新潮社、幻冬舎よりも自費出版には、一日の長があることがわかった。文芸社は、今二つのベストセラーを抱えています。
1.「それからの三国志」
サラリーマンが定年後に自費出版をした歴史小説です。現在20万部売れているそうです。
2.「本能寺の変、431年目の真実」
明智光秀の子孫が、このかたサラリーマンであったかどうか知りませんが、自費出版した。歴史事件の捜査ドキュメントです。これも今30万部売れているそうです。

この本の二つのタイトルを見ると、ベストセラーになる小説は、本のタイトルからしてベストセラーになる雰囲気があるような気がします。それに引きかえ私の本のタイトルではベストセラーになる雰囲気はないし、タイトルを今更変えることもできないし、変えるにしてもアイデアは浮かばないし、このままのタイトルでベストセラーになる夢を見ることにしよう。本が売れれば「大東亜戦争は、アメリカが悪い」の英文版は海外にも行き、日本語版の再出版も可能になるのだ。本は8月末に本屋から売り出されます。皆さん、ぜひ買って読んでみてください。本のタイトルは、「えんだんじ、戦後昭和の一匹狼」、定価は1600円プラス税です。

        このブログの転載、拡散よろしくお願いいたします。

6 comments »

  1. 奥様 より:

    おお~~~~

    やり遂げましたね。
    自費出版のこの本はアマゾンで予約できますか?
    楽しみです。
    今でもえんだんじさんは「カッコイイ」ですが、
    若いころ、本当にハンサムだったことでしょう。
    若いころの写真、ブログで見せてもらえませんか?

  2. えんだんじ より:

    奥様さん
    「てんで 」の方々には贈呈しますので来週中に奥様さんの方に着きます。

  3. terag3 より:

    えんだんじさん

    「えんだんじ戦後昭和の一匹狼」出版おめでとうございます。ところで、このたびの出版紹介記事の中で、自費出版に際して出版社の見積もりのほかに、4項目の重要な確認事項と言うのを興味深く読ませて頂きました。自費出版など素人には縁のない話ですが、更に細かいところではそのような確認事項が有ることを知って常識として、覚えておきたいと思いました。

    それにしても、「大東亜戦争はアメリカが悪い」という大作を。定価:1500円で販売するとは、とんでもない話だと思っています。前ににも言いましたが、中古本市場で一時、1万円を超えていたことが有り、現在でも3,500円から4,788円で販売されています。

    その出版社は、倒産したそうですが、そのような先見の明の無い会社は、倒産するのが当然のことだと思っています。そういう意味では、その当時の出版社の選択が間違っていたのかもしれませんが、当時としては、その出版社以外の選択肢が無かったのでしょうか?

    まあいずれにしても、自費出版は色々と大変なことなのですね。このたび上梓された小説がベストセラーになり「大東亜戦争はアメリカが悪い」の英訳本を世界中の図書館や外国のメディアに配布できるようになることを心から願っております。このたびの小説が販売されたら、まとめ買いして親戚知人たちに贈呈するように考えております。

  4. えんだんじ より:

    terag3さん

    まとめ買いを考えておられるようで有難く思っております。よろしくお願いいたします。

  5. terag3 より:

    えんだんじさん

    謹呈版を読ませて頂きました。実に面白かったです。当時の浦郷町、追浜の様子が良く分かりました。それにしても外資系会社のサラリーマン生活は日本企業とは全然違うことに驚きました。そういう過酷なサラリーマン時代を、正に一匹狼で生き抜いてきた努力に心から敬意を表します。

    本日アマゾンで検索したら予約注文で販売していましたので、我が家の息子夫婦、娘夫婦2家族、合計3家族に、孫への教育資料として読ませるためとあと、親友の二人宛てに合計5冊を注文しました。生存競争の激しい過酷な外資系会社の実態など、余り知れ渡っていないでしょうから、中学、高校生の子供たちへ親としてどのような指導をしていけば良いかを考える上で重要な資料になると思っています。

    願わくば、ベストセラーになることを願っております。

  6. えんだんじ より:

    terag3さん

    この時期にはや5冊の注文とはうれしいかぎりです。どうもありがとうございました。

Leave a Comment

 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)