小説「戦後昭和の女性たち」(4)



保守言論界で活躍されている村田春樹さんより読後コメントをいただきましたので、全文を公開させていただきます。
引用開始
錦秋の候、ますますご清祥の事とお慶び申し上げます。
過日はご著書「戦後昭和の女性たち」をご恵贈くださり、洵にありがとうございました。
落手同時に一気呵成に読了しました。すぐに感想を書き送りたかったのですが超多忙を極めており、遅くなってしまい失礼いたしました。
本書はエンタメ本としてとにかく面白いです。鈴木さまの文章力には感心いたします。週刊新潮の黒い履歴書などより遥かに素晴らしい文章です。しかし何よりも驚いたのは、自らのご経験を小説という形で世に問う、というアイデアです。
男は(女も)自分の恋愛体験を語りたくてしかたがないのですが、何かと支障があり、語れぬままに終わってしまうのが常だと思います。しかし小説というかたちで残す!この手があったか!小膝を叩きました。しかし考えてみれば、古今の小説家は皆そうやって自らの経験を小説にして来たわけであり、珍しくもないわけです。しかし、今回は、謦咳に接し、私淑する鈴木様がこの手を使われたことに驚きました。とても羨ましいです。
鈴木様は、女性を幸せにする本当の遊び人であり、だれにも後ろ指さされず、別れ際がきれいで、まさに尊敬すべき粋なプレイボーイです。いずれにせよ、モテてモテてモテまくった鈴木様の人生。そして何よりも鈴木様が女性を幸せしてこられ、決して泣かせていないところが、素晴らしいと感心いたします。男ならかくあるべし。このご本は友人に勧めています。そのためいつも持って歩いています。
私も鈴木様に遥かに及びませんが、女性経験はいささかあります。しかし鈴木様と私とは決定的な違いがあります。私の場合はすべて相手は素人なのです。私は酒は飲めないし、キャバレーもバーもスナックも行ったことは殆どありません。素人に手をつけたことを小説にしても、陰惨なものになってしまいます 。
第一、素人との関係は別れるときに相手を傷つけます。私のような素人専門は、昔ならば色魔として後ろ指さされたことでしょう。(今でもそうかも)
個別の感想です。
綾子  ペニスのおならには笑ってしまいました。
幸子  比較的最近の話題ですね。ひょっとすると鈴木さまの彼女ではないのかも、想像上の人物としたらよくできている。家族観女性観等考えさせられる。
お松  まさに鈴木様の体験談、川端康成の「雪国」を彷彿とする。
青木は鈴木様の分身、興味深い。
みみたぶを噛む、うらやましいです。
栄子の時代描写が良いですね。
佳代子  良い想い出ですね。ハリウッド映画を観るようです。羨ましい限りです。
天国での女性体験  これは読み直しました。実に奇想天外、この手があったか!
私は二年前に『三島由紀夫が生きた時代』を上梓しましたが、執筆時に当時の自分の日記を克明に読み返しました。そしてその頃の彼女達に再会したいと思いました。しかし既に老婆になっているはず。天国で会うしかありませんね。
というわけで、本書は実に面白く、羨ましく、きれいに遊んだ数々の女性を幸せにしてこられた鈴木様ならではの佳品だと思います。遅くなりましたが、あらためてお礼申し上げます。ますますのご活躍ご健筆をお祈り申し上げます。
引用終了


前週のブログへの御注意:
前週は「すばらしい専業主婦、佐藤亮子さん」を書きましたが、私が賞賛するのは、自分の四人の子供に高等教育を授けるために専業主婦を選んで邁進する佐藤亮子さんを褒めあげていることで、何も東大という大学を称賛しているわけではありません

Leave a Comment

 

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)